新生児・小児領域の学会情報

2017年06月07日

第13回医師のための母乳育児支援セミナーin名古屋

【主催】

NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会(JALC)

【日時】
2017年11月4日、5日(土、日)

【場所】
人事労務会館(東京都)

【テーマ】
健診の場での母乳育児支援

【内容】
・11月4日(土)

「健診における母乳育児支援の意義」水野克己、
「産前教育(母乳育児の解剖生理、早期接触と母子同室)」加藤育子、
「HTLV-1のガイドラインの解説」水野克己、
「産後2週間健診(補足・黄疸・乳房トラブルへの対処など)」瀬尾智子、
「1カ月健診(お母さん編)、産後うつ、乳腺炎など」涌谷桐子、
「3~4カ月健診(発育不全など)」張尚美、
「NICUを退院する子どもの健診と母乳育児」奥起久子、
「グループディスカッション(症例提示とワーク)」大矢公江、滝元宏
※懇親会がある。


・11月5日(日)

「母乳育児雑考」(歴史と文化の視点から)瀬川雅史、
「1カ月健診(赤ちゃん編)、母乳不足感、補足など」長田郁夫、
「6~7カ月健診と9~10カ月健診(補完食や鉄、ビタミンDなど)」大山牧子、
「1歳健診(卒乳、職場復帰など)」野田昌代、
「産後の母親の健康(薬、食事、不妊治療など)」田中奈美


【参加費】
※サイトで確認すること。
※研修医、医学部学生、歯学部学生は割引料金になっている。

【参加申し込み】
詳細および事前参加申込は、JALC公式サイト(http://jalc-net.jp)より、7月初旬頃から案内する。
※子ども連れの方以外は当日参加可能。

※授乳中の子ども同伴での参加を応援している。授乳中の子どもと講義を聴講しながら過ごすスペースや、
保護者と無理なく離れられる子どもの託児を予定している。詳しくはサイトで確認すること。

※Academy of Breastfeeding Medicine フェロー資格申請単位として認定される。
ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位や、
日本小児科学会研修単位、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会の研修を申請予定。

※日本周産期・新生児医学会周産期専門医研修認定2単位が認定されている。