商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

プロフェッショナル がんナーシング2014年1号

立ち読みお気に入り追加
定価 : 2,200円(本体2,000円+税)
発行 : 2014年02月
在庫 : 在庫なし(申込不可)
ISBN-10 : 4-8404-4871-X
ISBN-13 : 978-4-8404-4871-0
商品コード : 130271401
今月の特集
がんの手術以外の侵襲的処置・治療 内視鏡的治療&IVR

目次を表示

【治療に伴う看護特集】がんの手術以外の侵襲的処置・治療 内視鏡的治療&IVR
野口 純子 全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院
森田 荘二郎 高知医療センター

◆はじめに がんに対する手術以外の侵襲的処置・治療における看護の役割
野口 純子 全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院

<1章 がんにおける診断期のIVR>
◆超音波・CTガイド下経皮的針生検
松枝 清 がん研有明病院

<2章 消化管系>
◆治療期 内視鏡的粘膜切除術(EMR)・内視鏡的粘膜下層・離術(ESD)
逢坂 由昭 全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院 ほか

◆緩和期①食道・大腸ステント
山本 圭 東京医科大学 ほか

◆緩和期②腹腔-静脈シャント
竹内 義人 京都府立医科大学附属北部医療センター

<column:療養を支援するIVR①>
◆経皮的胃瘻造設術(PG)・経皮経食道胃管挿入術(PTEG)
新槇 剛 静岡県立静岡がんセンター

<3章 胆膵系>
◆緩和期①内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)・内視鏡的胆道ドレナージ(EBD)
梅田 純子 東京医科大学

◆緩和期②経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD)・経皮経肝胆・ドレナージ(PTGBD)
辻 修二郎 東京医科大学 ほか

◆緩和期③胆管ステント(金属ステント)・膵管ステント
梅田 純子 東京医科大学

<4章 肝臓系>
◆治療期①肝動脈化学塞栓療法(TACE)・肝動注化学療法(TAI)・肝動脈塞栓療法(TAE)
大下 宗亮 高知医療センター

◆治療期②肝腫瘍に対するエタノール注入療法(PEIT)・ラジオ波熱凝固療法(RFA)
山門 亨一郎 三重大学医学部附属病院

<column:手術を支援するIVR>
◆経皮経肝的門脈塞栓術(PTPE)・腫瘍血管塞栓術
佐藤 洋造 愛知県がんセンター中央病院 ほか

<column:門脈圧亢進症のIVR>
◆①内視鏡的硬化療法(EIS)・内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)
宮田 祐樹 東京医科大学 ほか

◆②経皮経肝静脈瘤塞栓術(PTO)・バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)・経頸静脈経肝的門脈静脈シャント造設術(TIPS)
中村 健治 医療法人藤井会大東中央病院

<column:療養を支援するIVR②>
◆埋没型中心静脈(CV)リザーバー
森田 荘二郎 高知医療センター

<5章 呼吸器系>
◆治療期 肺ラジオ波熱凝固療法(RFA)
金澤 右 岡山大学病院

◆緩和期①気管・気管支ステント
神武 裕 帝京大学 ほか

◆緩和期②上大静脈ステント
神武 裕 帝京大学 ほか

<6章 泌尿器系>
◆治療期 腎がんの凍結療法・ラジオ波熱凝固療法(RFA)
山門 亨一郎 三重大学医学部附属病院

◆緩和期 経皮的腎瘻造設術(PNS)
森田 荘二郎 高知医療センター

<column:肺塞栓予防のIVR>
◆下大静脈フィルター
竹内 義人 京都府立医科大学附属北部医療センター

<7章 緩和的IVR>
◆①骨セメント
西尾 美佐子 聖マリアンナ医科大学病院

◆②腹腔神経(内臓神経)ブロック
秦 康博 高知医療センター

◆まとめ がんに対する手術以外の侵襲的処置・治療に対する看護のまとめ
野口 純子 全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院




【視野を広げる特集】?から看護がわかる 骨転移まるごとQ&A
小林 直子 独立行政法人国立がん研究センター東病院

<病態と症状のQ&A>
◆Q1.骨転移しやすいがんは? 骨転移の多い部位はどこ?
小林 直子 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q2.骨転移のある患者の症状は?
小林 直子 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q3.脊髄圧迫で気を付けることは?
荒平 聡子 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q4.高カルシウム血症が起こるのはなぜ?
吉田 達哉 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆コラム1:日本臨床腫瘍学会作成中の「骨転移に対する治療ガイドライン」での指針
吉田 達哉 独立行政法人国立がん研究センター東病院

<治療と対処のQ&A>
◆Q1. 骨転移にはどんな治療がある?
吉田 達哉 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q2.鎮痛薬はどのように使う?
小林 直子 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q3.病的骨折予防のためには、どのように指導する?
上野 順也 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q4.外科的治療はどのようなものがある?
白井 寿治 京都府立医科大学

◆Q5.薬物療法はどんな治療?
吉田 達哉 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q6.放射線外照射はどんな治療?
荒平 聡子 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆Q7.ストロンチウムはどんな治療?
荒平 聡子 独立行政法人国立がん研究センター東病院

◆コラム2:「ビスホスホネート製剤」と「デノスマブ」の使い分けのポイント
吉田 達哉 独立行政法人国立がん研究センター東病院



【緩和ケア特集】ねころんで読める がんの痛み治療とケア まるわかり講座
岡本 禎晃 市立芦屋病院

◆1.トータルペインという考えかた
・その人を理解するために必要な考えかた

◆2.疼痛緩和の原則
・患者さんの気持ちに沿った痛み止め

◆3.痛みの種類
・ジンジン、ピリピリ、など痛みの性状はさまざま

◆4.痛みのアセスメント
・何を、いつ、どう見る?

◆5.痛みの薬物療法
・患者さんの麻薬への不安や誤解に対応できますか?

◆6.痛みのメカニズムと痛み止めの薬理作用
・ちょっとひと休み

◆7.タイトレーション、ローテーション、レスキュードーズ
・最近の考えかた

◆8.オピオイドによる副作用
・痛みがなくなる代わりに患者さんを苦しめる吐き気、便秘、眠気

◆9.オピオイドで取れない痛み
・疼痛管理の見直しポイントあれこれ



【others】
・バックナンバーのご案内
・第11回日本臨床腫瘍学会学術集会
・プロフェッショナルサロン
・学会・研究会information
・次号予告
以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う

年間購読のお申し込みはこちらから

2020年2号を含む年間購読お申し込みでオリジナルクリアファイルプレゼント!
プロフェッショナル がんナーシング

年間購読のご案内

  • 年間購読1
  • 年間購読2
  • 年間購読3
プラン1
年間購読のお申し込みはこちらから