商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

CandY Link Books
“中堅どころ”が知っておきたい 医療現場のお金の話
イラストでわかる 病院経営・医療制度のしくみ
次世代リーダー・マネジャーの正しい知識が病院経営を左右する!

立ち読みお気に入り追加
定価 : 3,080円(本体2,800円+税)
発行 : 2019年07月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 192頁
ISBN-10 : 4-8404-6894-X
ISBN-13 : 978-4-8404-6894-7
商品コード : 301050430

病院経営のリアルを知る!実務につなげる!

今やほとんどの病院が経営難に直面している。医療現場のどの職員にも病院経営や医療制度の知識は欠かせず、特にマネジメントが求められるリーダー・マネジャーには必須。失敗例・改善例の実データや、実務につながる知識を豊富なビジュアルで紹介する。消費税増に伴う最新情報も網羅。まず基本から知ってみよう!

奈良県立医科大学 公衆衛生学講座/同大学 法人企画部 財務企画課 中西 康裕 著

奈良県立医科大学 公衆衛生学講座 教授 今村 知明 著

目次を表示

・推薦のことば
・はじめに
・本書の説明



【1章 医療経営のリアル】
◆1 医療機関の経営悪化が止まらない! 医療機関の経営難
◆2 やりかたを間違って「倒産への努力」をしていませんか? 経営改善の5つの方策
◆3 人手不足…なのに人件費増? 病院人件費のしくみ
◆4 平均在院日数を皆の努力で短くしたのに…逆に不利? 在院日数短縮の影響
◆5 7対1を導入したら、黒字になるはずが赤字になっちゃった 「急性期一般入院料1」導入の収支
◆6 夜勤の負担が少しは減ったけど…経営は悪化! 72時間夜勤導入の経営的影響



【2章 診療報酬のしくみ】
◆1 病院はどこから収入を得ている? 診療報酬のしくみ
◆2 初・再診料は医療機関の経営に重要! 外来の診療報酬
◆3 看護師がリストラになる? 時流をよんで生き抜くべし 入院基本料(1)概要と展望、看護配置
◆4 看護師の存在と経営管理は密接に関係する 入院基本料(2)施設基準
◆5 職員の働きを正当に評価するために DPC制度
◆6 「監査」を受けるときはすでに病院存続の危機! 行政・第三者機関との関わり



【3章 病院収支のしくみ】
◆1 消費税が上がり病院は損をした! 消費税増の影響
◆2 院「内」処方にするほうが、もう少し経営状態がよかった? 薬剤利益のしくみ
◆3 収支でみると儲かっているのに倒産寸前? 財務諸表
◆4 経済学の知見も活用しよう! 経済・経営の基礎用語



【4章 将来人口・超高齢社会のゆくえ】
◆1 高齢者が増えて若者が減って、これからの医療費どうなるの? 社会保障費の増大
◆2 育児に介護…職員のかかえる問題は日本の問題だ 将来人口推計と深刻な課題



・索引
・おわりに
・著者略歴
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

公立病院勤務の新人看護師長です。当院でも経営悪化について深刻な状況であり、現場の一人一人が経営を意識するよう言われています。でも漠然としていて何が何だかさっぱり・・・。そんな中、偶然この本を目にする機会があり、何気なくパラパラ見てビックリ。私が知りたいことがとてもわかりやすく書いてあるじゃないですか。管理する上でとても大切な知識だと思いますし、非常に分かりやすいです。買って良かった一冊だと思いました。(看護 その他)

退院支援ナースとして、病棟ナースとは違った働き方となるため、改めて制度などのことや、その他の金銭的な知識を深めたいと思い購入しました。ポイントをおさえつつ、図や表も多いため、難しい話も理解しやすくて大変ありがたいです。若手に色々と聞かれる立場となって、特にお金にまつわる話というのは中々自分でも理解できていないところが多かったため、よく学習して理解を深めたいと思います。(看護 リハビリ)

中堅職員の研修に参加する機会が増え、病院の経営という視点で考えなければいけないことが増えてきましたが、病院の収支等基本的な知識がなく、この本を購入しました。イラストも説明も非常にわかりやすく記載されており、ためになりました。今まで年に1度程度、「監査がある」と言われていましたが、「適時調査」だということも理解しました。(看護 新生児・小児)

病院経営・医療制度のしくみがわかりやすく書かれていて、自分自身が理解しやすいことはもちろん、スタッフに指導する時にも活用することができます。医療経営の理解を深めると共に、日々の看護実践時にもコストに対して意識を高めることができるようになる本だと思います。(看護 がん看護)

DPC制度について知りたくて購入しました。興味のあるところだけ読めるので読みやすかったです。(医療スタッフ その他)

医療現場でお金の話を聞く機会がなかったので、大変ためになりました。特に、看護体制と人件費との関連が良かったと思います。(医療スタッフ 検査)

研修医です。公衆衛生や医療経済などにも興味があり、買いました。病院の経営の話や日本の現状など、消費税増税などの時事的なものも取り上げられていました。(医学 その他)

経営的視点が、イラストを交えつつも、公式など考え方も記載されているため、お金の流れをイメージしやすく、理解しやすく、読みやすかった。(医療スタッフ 栄養)

難しい病院経営や医療再度の仕組みが、マンガやイラストつきで分かりやすく解説されていた。図や表の色使いがよく、見やすい。ところどころにある「プラスアルファ」で理解が深まった。(看護 臨床看護一般)

わかりやすく、他のスタッフへ紹介しやすい。病院経営に普段直接かかわらない人でもわかりやすいので、薦めやすい。(看護 看護管理)

師長となり、理解しておかなければならないことが分かりやすく書かれていました。(看護 臨床看護一般)

病院で働き始めたばかりですが、まずは基本的に病院がどのように利益を生み出しているのか学んでみようと思い、購入しました。図や絵が多いのでとりかかりやすいです。(医療スタッフ 薬学)

病院が倒産する時代なので興味を持って本を購入した。何となくしか分かっていなかった診療報酬や収支の仕組みを知り、問題意識を持って仕事を行っていかなければと思った。(看護 循環器)