商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

オペナーシング2019年春季増刊
オペナースの?(はてな)をいますぐ解決!
POWER UP! 手術室の薬剤118
いつ・何に注意する?準備時&投与前・中・後の実践ポイントが一目瞭然!

立ち読みお気に入り追加
定価 : 4,320円(本体4,000円+税)
発行 : 2019年03月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 248頁
ISBN-10 : 4-8404-6636-X
ISBN-13 : 978-4-8404-6636-3
商品コード : 130031950

薬剤の特徴・使い分けの理由がわかる!

オペナースが知りたい薬剤を網羅し、注意&対応のポイントを麻酔科医が徹底解説!新人ナースが押さえておきたい必須の基礎知識から、麻酔科医の使い分けの理由、投与にまつわる実践ポイントまで、オペナースの「いま知りたい」を即解消できる保存版!

慶應義塾大学名誉教授・東京医療保健大学学事顧問 武田 純三 監修

目次を表示

・監修のことば
・執筆者一覧
・薬剤索引
・本書の使い方



【はじめに】
〔A〕手術麻酔はどのように行われる?
〔B〕手術室の薬剤、いつ何のために使う?
〔C〕苦手を克服! 薬剤投与のエッセンス(希釈する薬剤のエッセンス/TC(I target-controlled infusion)のエッセンス/手術室で使用する薬剤の誤認・誤投与防止のエッセンス)



【第1章 全身麻酔に使用する薬剤】
〔A〕静脈麻酔薬
〔B〕鎮痛薬
 〔B-1〕麻薬性鎮痛薬
 〔B-2〕非麻薬性鎮痛薬
〔C〕筋弛緩薬
〔D〕吸入麻酔薬
〔E〕リバース薬



【第2章 局所麻酔に使用する薬剤】
〔A〕脊髄くも膜下麻酔に使用する薬剤
〔B〕硬膜外麻酔、伝達・浸潤・表面麻酔に使用する薬剤



【第3章 術中の循環管理に使用する薬剤】
〔A〕昇圧薬
〔B〕降圧薬、血管・冠血管拡張薬
 〔B-1〕カルシウム拮抗薬
 〔B-2〕硝酸薬
 〔B-3〕PDEIII阻害薬
 〔B-4〕プロスタグランジンE1
 〔B-5〕α1遮断薬
〔C〕抗不整脈薬
〔D〕β遮断薬
〔E〕副交感神経遮断薬



【第4章 そのほかの術中管理に使用する薬剤】
〔A〕抗凝固薬・拮抗薬
〔B〕止血効果のある凝固因子製剤
〔C〕抗線溶薬
〔D〕局所止血薬
〔E〕抗糖尿病薬
〔F〕抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)
〔G〕気管支拡張薬
〔H〕利尿薬
〔I〕制吐薬



【第5章 手術に関連して使用する薬剤】
〔A〕色素
〔B〕造影剤
〔C〕消毒薬



【第6章 輸液・血液製剤】
〔A〕輸液製剤(細胞外液補充液・維持輸液製剤・人工膠質液)
〔B〕血液製剤
〔C〕アシドーシス治療薬



【第7章 心肺蘇生で使用する薬剤一覧・注意ポイント】
◆心肺蘇生で使用する薬剤一覧・注意ポイント
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません