商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

看護師特定行為区分別科目研修テキスト
栄養および水分管理に係る薬剤投与関連

立ち読みお気に入り追加
定価 : 3,996円(本体3,700円+税)
発行 : 2018年10月
在庫 : 在庫僅少のためお問い合わせ下さい。
サイズ : B5判 248頁
ISBN-10 : 4-8404-6558-4
ISBN-13 : 978-4-8404-6558-8
商品コード : 301020480

看護師特定行為研修、区分別科目の教科書

一定の診療の補助(特定行為)を実施できる看護師養成を目的に、平成27年からスタートした「看護師の特定行為研修制度」の区分別科目のテキスト。
本巻は循環動態・脱水や低栄養状態に関する主要徴候、輸液療法の目的と種類、そして持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整、脱水症状に対する輸液による補正などを学ぶ。

一般社団法人地域医療機能推進学会(JCHS) 制作

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 監修

目次を表示

・巻頭言
・編者・執筆者一覧



【1 章 共通して学ぶべき事項】
[1]循環動態に関する局所解剖
◆心臓
 〔1〕解剖
 〔2〕心臓の収縮・拡張
 〔3〕心音
◆血管:体循環系の血管の解剖
◆腎臓

[2]循環動態に関する主要症候
◆循環動態に関係する身体の変化
 〔1〕循環動態:in-out バランスの評価
  (1)In
  (2)Out
  (3)third space への貯留
◆血圧の調節
 〔1〕血圧を調整するメカニズム
  (1)交感神経による血圧調節
  (2)ホルモンによる血圧調節
  (3)心房性ナトリウム利尿ペプチド(atrial natriuretic peptide:ANP)
◆呼吸困難
◆浮腫
 〔1〕全身性の浮腫
 〔2〕限局性の浮腫
◆体液過剰
◆ショック

[3]脱水や低栄養状態に関する主要症候
◆脱水
 〔1〕脱水の原因による分類
 〔2〕かくれ脱水、冬脱水
 〔3〕高張性脱水(血漿浸透圧295mOsm/L 以上)
 〔4〕低張性脱水(血漿浸透圧280mOsm/L 以下)
 〔5〕等張性脱水(血漿浸透圧280 ~ 295mOsm/L)
 〔6〕小児の脱水
 〔7〕dehydration とvolume depletion
◆低栄養状態
 〔1〕栄養不良の分類
 〔2〕飢餓

[4]輸液療法の目的と種類
◆輸液療法の目的
 〔1〕水・電解質輸液
  (1)維持輸液
  (2)欠乏量輸液
 〔2〕栄養補給
  (1)末梢静脈栄養(peripheral parenteral nutrition:PPN)
  (2)中心静脈栄養(total parenteral nutrition:TPN)
◆輸液製剤の種類
 〔1〕糖質液
 〔2〕細胞外液補充液
  (1)生理食塩水
  (2)乳酸・酢酸・重炭酸リンゲル液
 〔3〕総合電解質輸液
 〔4〕高濃度糖加維持液 (PPN 用)
 〔5〕低濃度糖加アミノ酸輸液 (PPN 用)
 〔6〕ビタミン配合・低濃度糖加アミノ酸輸液 (PPN 用)
 〔7〕高濃度アミノ酸輸液
  (1)腎不全用アミノ酸液
  (2)肝不全用アミノ酸液
  (3)小児用アミノ酸液
 〔8〕高カロリー基本液:糖・電解質液 (TPN 用)
 〔9〕高カロリー輸液用:アミノ酸・糖・電解質液 (TPN 用)
 〔10〕高カロリー輸液用:糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液 (TPN 用)
 〔11〕高カロリー輸液用:糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン・微量元素液 (TPN 用)
 〔12〕高カロリー輸液用:アミノ酸・糖・脂肪・電解質液 (TPN 用)
 〔13〕脂肪乳剤
 〔14〕血漿増量剤
 〔15〕総合ビタミン剤
 〔16〕高カロリー輸液用微量元素製剤
 〔17〕補正用電解質液

[5]病態に応じた輸液療法の適応と禁忌
◆体液分布の原理
◆浸透圧変化と体液分布の変化
◆輸液の種類と体内の分布
 〔1〕輸液の決め方
◆輸液が必要な病態の理解
 〔1〕脱水
  (1)高張性脱水
  (2)等張性脱水
  (3)低張性脱水
 〔2〕電解質異常
 〔3〕低ナトリウム血症
  (1)治療
 〔4〕高ナトリウム血症
  (1)治療
 〔5〕低カリウム血症
  (1)治療
 〔6〕高カリウム血症
  (1)治療
◆輸液の禁忌と注意する点
 〔1〕浸透圧異常を伴う患者
 〔2〕乳酸アシドーシスが存在する場合、疑われる場合
 〔3〕高カリウム血症
 〔4〕塩分制限をしないといけない患者

[6]輸液時に必要な検査
◆体液量の評価
 〔1〕理学所見
 〔2〕検査所見
 〔3〕評価
◆輸液に関する全身状態の把握
◆電解質の評価

[7]輸液療法の計画
◆評価
 〔1〕細胞外液量の評価
 〔2〕細胞内液量の評価
 〔3〕電解質の評価
 〔4〕合併症の評価
  (1)心不全
  (2)腎不全
  (3)肝硬変
  (4)ネフローゼ症候群
  (5)敗血症、アナフィラキシーショック
◆輸液製剤の特徴
 〔1〕浸透圧
 〔2〕生理食塩水
 〔3〕5 %ブドウ糖液
 〔4〕乳酸リンゲル液
 〔5〕酢酸リンゲル液
 〔6〕重炭酸リンゲル液
 〔7〕1 号輸液
 〔8〕3 号輸液
◆輸液計画の実際

■演習事例…輸液療法の計画



【2 章 共通して学ぶべき事項 持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整】
[1]低栄養状態に関する局所解剖
◆消化管の構成
◆消化管の血管支配
◆各消化管の解剖と構造
 〔1〕口腔・咽頭・喉頭
 〔2〕食道
 〔3〕胃
 〔4〕十二指腸
 〔5〕小腸
 〔6〕大腸
 〔7〕直腸
◆低栄養状態でみられる身体所見
 〔1〕皮膚症状
 〔2〕浮腫
 〔3〕体重
 〔4〕上腕周囲長
 〔5〕上腕三頭筋皮下脂肪厚
 〔6〕握力
◆身体所見と栄養素の関係

[2]低栄養状態の原因と病態生理
◆低栄養とは
 〔1〕栄養素機能的分類
 〔2〕燃料源が不足するとどうなるか
 〔3〕体組織成分が不足するとどうなるか
 〔4〕調整成分が不足するとどうなるか
 〔5〕栄養不良の分類
◆低栄養の症状
◆低栄養の原因
 〔1〕摂取量の不足
  (1)摂食・嚥下障害―摂食・嚥下のメカニズム
 〔2〕吸収障害
 〔3〕代謝障害
 〔4〕排泄過多
 〔5〕消費量の増加

[3]低栄養状態に関するフィジカルアセスメント
◆食欲不振について
 〔1〕食欲のメカニズム
◆低栄養のフィジカルアセスメント
 〔1〕問診
 〔2〕視診
 〔3〕触診
 〔4〕打聴診
◆栄養スクリーニング(nutritional screening)
◆栄養アセスメント(nutritional assessment)

[4]低栄養状態に関する検査
◆身体計測
 〔1〕体重
 〔2〕上腕周囲計測
 〔3〕筋力
◆血液・尿検査
 〔1〕血清蛋白質
 〔2〕血清酵素
 〔3〕尿検査
 〔4〕糖質
 〔5〕脂質
 〔6〕ビタミン、ミネラル(微量元素)
◆免疫能検査
 〔1〕総リンパ球数(total lymphocyte count:TLC)
 〔2〕皮膚遅延型過敏反応
◆予後推定栄養指数(prognostic nutritional index:PNI)

[5]高カロリー輸液の種類と臨床薬理
◆高カロリー輸液の基本液
◆アミノ酸製剤の選択
◆高カロリー輸液用キット製剤
◆脂肪乳剤
◆ビタミン
◆微量元素
◆配合による問題点
 〔1〕メイラード反応
 〔2〕亜硫酸塩との反応
 〔3〕リン酸塩、炭酸水素ナトリウム
 〔4〕ビタミン製剤
 〔5〕薬剤の変化

[6]高カロリー輸液の適応と使用方法
◆ASPEN(米国静脈経腸栄養学会)ガイドライン
◆静脈栄養の適応
◆高カロリー輸液の適応
◆高カロリー輸液の方法
 〔1〕CV アクセス
  (1)CV 挿入
  (2)CVC の選択
 〔2〕CVC 先端位置の確認
 〔3〕輸液ライン
 〔4〕インラインフィルター
 〔5〕輸液ポンプ

[7]高カロリー輸液の副作用と評価
◆中心静脈路確保のための機械的合併症
◆血糖管理
◆水分バランス・電解質
◆酸・塩基平衡
◆肝障害
◆脂質
◆腎機能(蛋白質・アミノ酸)
◆refeeding syndrome
◆カテーテル関連感染症

[8]高カロリー輸液の判断基準
◆重症病態(ショック、外傷、熱傷、重症感染症、多臓器不全)
◆周術期
◆がん治療施行時
◆がん緩和医療
◆腎不全
◆心不全
◆脳血管障害
◆慢性呼吸不全(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)
◆肝疾患
◆炎症性腸疾患
 〔1〕クローン病
 〔2〕潰瘍性大腸炎
◆短腸症候群(short bowel syndrome:SBS)

[9]低栄養状態の判断と高カロリー輸液のリスク(有害事象とその対策など)
◆低栄養状態の判断
◆高カロリー輸液のリスク(有害事象とその対策)
 〔1〕CRBSI 予防の基本
 〔2〕中心静脈カテーテル挿入時の注意点
 〔3〕中心静脈カテーテルの抜去、入れ換え
 〔4〕中心静脈カテーテル挿入時の高度バリアプレコーションの必要性
 〔5〕中心静脈カテーテル挿入時の皮膚消毒
 〔6〕輸液ラインの管理
 〔7〕ドレッシング管理
 〔8〕輸液・薬剤の管理
 〔9〕輸液内容に関する注意点
 〔10〕在宅栄養療法の注意点

[10]高カロリー輸液に関する栄養学
◆高カロリー輸液の歴史
◆高カロリー輸液の用語
 〔1〕エネルギー投与量
 〔2〕水分投与量
 〔3〕蛋白質投与量
 〔4〕炭水化物投与量
 〔5〕脂質投与量
 〔6〕ビタミン投与量
 〔7〕微量元素投与量
  (1)Fe
  (2)Cu、Mn
  (3)Se

■演習事例… 高カロリー輸液を必要とする患者のアセスメントと輸液の調整・高カロリー輸液の判断基準



【3 章 共通して学ぶべき事項 脱水症状に対する輸液による補正】
[1]脱水症状に関する局所解剖
◆体液の分布
◆浸透圧と体液量の調節機構
 〔1〕体液の分布割合と浸透圧物質
 〔2〕体液バランス
 〔3〕細胞浮腫
◆浸透圧の変化と生体反応
◆ネフロンの各部位の水・電解質バランス調整のための働き
 〔1〕尿の産生
 〔2〕尿の濃縮と希釈
 〔3〕水の再吸収
 〔4〕水の再吸収と薬剤の関係
 〔5〕最終調整

[2]脱水症状の原因と病態生理
◆体液の割合
◆体液の組成
 〔1〕細胞外液に多い電解質
 〔2〕細胞内液に多い電解質
◆体液量の調節
◆脱水の病態生理
 〔1〕高張性脱水
 〔2〕等張性脱水
 〔3〕低張性脱水
◆脱水の病態ごとの原因
 〔1〕高張性脱水の原因
 〔2〕等張性脱水の原因
 〔3〕低張性脱水の原因

[3]脱水症状に関するフィジカルアセスメント
◆脱水の重症度
◆脱水のフィジカルアセスメント
 〔1〕問診
 〔2〕視診
 〔3〕触診
  (1)ツルゴールテスト
  (2)皮膚温
  (3)ティルト試験(tilt test)
  (4)毛細血管再充満時間(capillary refill time:CRT)
 〔4〕尿所見

[4]脱水症状に関する検査
◆脱水の診断の進め方
◆血液検査
 〔1〕血清電解質
 〔2〕血中尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cre)
 〔3〕血液濃縮
 〔4〕動脈血ガス分析
 〔5〕抗利尿ホルモン(antidiuretic hormone:ADH)
◆尿検査
◆画像検査
 〔1〕胸部X 線写真
 〔2〕超音波検査
◆カテーテル検査
 〔1〕中心静脈圧(central venous pressure:CVP)
 〔2〕肺動脈カテーテル(Swan-Ganz カテーテル)検査

[5]脱水症状に用いる輸液の種類と臨床薬理
◆細胞外液補充液
 〔1〕生理食塩水
 〔2〕乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液、重炭酸リンゲル液
 〔3〕細胞外液補充液を用いるべき脱水症例
◆開始液(1 号液)
 〔1〕開始液の使用範囲
◆脱水補給液(2 号液)
◆維持液(3 号液)
◆術後回復液(4 号液)
 〔1〕糖液

[6]脱水症状に対する輸液による補正の適応と使用方法
◆体液の欠乏量の推定
 〔1〕臨床症状からの推定方法
 〔2〕検査所見からの推定方法
  (1)水欠乏量(L)の推定
  (2)ナトリウム欠乏量(mEq)の推定
◆脱水に対する水欠乏量と輸液の補充量
◆輸液メニューの組み立て方
◆輸液の投与速度
◆重症度別の脱水に対する輸液の使用方法
 〔1〕緊急性の高い脱水
 〔2〕軽度の脱水
 〔3〕成因不明な脱水
 〔4〕成因の明らかな脱水
◆緊急対応の必要な脱水症
 〔1〕熱中症
  (1)熱失神
  (2)熱痙攣
  (3)熱疲労
  (4)熱射病
 〔2〕糖尿病性ケトアシドーシス
 〔3〕高血糖高浸透圧症候群

[7]脱水症状に対する輸液による補正の副作用
◆神経損傷
◆感染症
◆末梢静脈炎
◆配合変化
◆浸透圧

[8]脱水症状に対する輸液による補正の判断基準
◆輸液補正におけるモニタリング
◆輸液療法の管理と効果判定
 〔1〕効果判定項目
  (1)臨床症状
  (2)体重
  (3)血圧
  (4)心拍数
  (5)尿量
  (6)尿比重
  (7)中心静脈圧と肺動脈楔入圧
  (8)電解質
  (9)胸部X 線

[9]脱水症状の程度の判断と輸液による補正のリスク(有害事象とその対策など)
◆ナトリウム血症を伴う脱水の治療
 〔1〕軽症の場合:水欠乏量が体重の2%以下
 〔2〕中等症の場合:水欠乏量が体重の6%
 〔3〕重症の場合:水欠乏量が体重の7 ~ 14%
◆低ナトリウム血症の補正と浸透圧性脱髄症候群
◆医原性の低ナトリウム血症
◆高ナトリウム血症を伴う脱水の治療方法
◆高ナトリウム血症の補正と糖尿病
◆医原性の高ナトリウム血症

■演習項目… 脱水症状にある患者のアセスメントと輸液の調整・脱水症状に対する輸液による補正の判断基準



・資料編 特定行為に係る看護師の研修制度の概要
以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません