商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

認知症患者さんの病態別食支援
安全に最期まで食べるための道標
キュア(訓練)からケア(支援)へ /食からみた四大認知症の特徴を詳しく解説/特徴に合わせた食支援をしましょう/「食べる」は最期まで残るコミュニケーションです

立ち読みお気に入り追加
定価 : 2,808円(本体2,600円+税)
発行 : 2018年07月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 152頁
ISBN-10 : 4-8404-6549-5
ISBN-13 : 978-4-8404-6549-6
商品コード : 302270790

認知症別の食支援で介助ストレスも減少

認知症をひとくくりにせず、4大認知症(アルツハイマー型、レビー小体型、血管性、前頭側頭型)の違いを理解することは本書で可能である。その特徴・ポイントがわかると、無理のない=認知症患者さんにとっても安全で美味しく、介護者にとっても楽でストレスがない食支援ができる。

大阪大学大学院歯学研究科 准教授 野原 幹司 著

目次を表示

・序にかえて



【第1部 はじめに 施設や在宅の食の現状】
◆1 高齢者のケアの現場から
◆2 摂食嚥下リハビリテーション
◆3 在宅や施設の高齢者の嚥下の特徴
◆4 食からみた認知症
◆5 認知症を理解する



【第2部 認知症別食支援】
<第1章>アルツハイマー型認知症 ●「食べない」認知症
◆1 アルツハイマー型認知症の中核症状
◆2 アルツハイマー型認知症の周辺症状
◆3 アルツハイマー型認知症の食支援
◆4 アルツハイマー型認知症の経口摂取機能の推移

<第2章>レビー小体型認知症 ●「誤嚥する」認知症
◆1 レビー小体型認知症の中核的特徴
◆2 レビー小体型認知症の支持的特徴
◆3 レビー小体型認知症の食支援
◆4 レビー小体型認知症の経口摂取機能の推移

<第3章>血管性認知症 ●「多彩な症状を示す」認知症
◆1 血管性認知症の特徴
◆2 血管性認知症の分類
◆3 どのタイプの血管性認知症?~ケアのポイント

<第4章>前頭側頭型認知症 ●「ケアが難しい」認知症
◆1 前頭側頭型認知症の中核的特徴
◆2 前頭側頭型認知症の支持的特徴
◆3 前頭側頭型認知症の障害と食支援
◆4 前頭側頭型認知症の経口摂取機能の推移



【第3部 誤嚥と誤嚥性肺炎】
◆1 誤嚥と誤嚥性肺炎~正しく理解してケアに生かす
◆2 誤嚥性肺炎の予防~侵襲を減らすアプローチ
◆3 誤嚥性肺炎の予防~抵抗をあげるアプローチ



【第4部 食に関わる薬剤 ムセる,食べないのは薬のせい?】
◆1 嚥下機能に影響を与える薬剤
◆2 食行動や食欲に影響を与える薬剤



【第5部 終末期の対応】
◆1 認知症の終末期
◆2 終末期の食支援
◆3 認知症終末期における経口摂取の重要性
◆4 認知症終末期の誤嚥の考え方~ケアの視点から
◆5 さいごに~終末期の食支援



・索 引
・著者紹介
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません