商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

医療と介護 Next 別冊②
図解でスッキリ!/2018ダブル改定
介護事業者が知らないと損をする 公的医療保険と診療報酬
“医療の介護化”時代がやってくる

立ち読みお気に入り追加
定価 : 2,160円(本体2,000円+税)
発行 : 2018年05月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 120頁
ISBN-10 : 4-8404-6521-5
ISBN-13 : 978-4-8404-6521-2
商品コード : 501020780

医療介護連携の実践ポイントが即わかる!

介護と医療の連携・統合が図られつつある今、介護事業者は介護保険だけに精通していればいい時代ではない。スムーズな医療・介護連携のために介護事業者が知っておくべき公的医療保険と診療報酬の仕組みを分かりやすく図解した他にはない1冊!介護保険に関わるすべての人も必読。

株式会社ウエルビー 代表取締役 青木 正人 著

目次を表示

【1章 2018年度ダブル改定で医療と介護はこう一体化する】
(1)「惑星直列」から生まれる2025年の医療と介護
(2)介護保険サービスに欠かせない「医師の関与」
(3)診療報酬改定のポイントはケアマネ・看取り・リハビリ



【2章 世界が注目する! 日本の医療制度のしくみ】
(1)保険制度と提供体制から成る日本の医療制度
(コラム)社会保険方式と税方式
(2)日本の医療保険制度のしくみ
(3)医療保険と介護保険、給付の類似点と相違点
(4)医療費の自己負担割合
(5)医療費の自己負担限度額
◆1 高額療養費制度と高額介護サービス費制度
◆2 高額医療・高額介護合算療養費制度



【3章 介護報酬とこんなに違う! 診療報酬のしくみ】
(1)診療報酬とはなにか
(コラム)短冊
(2)診療報酬改定のプロセス
(コラム)中央社会保険医療協議会
(3)診療報酬点数表読み解きのコツ



【4章 医療・介護連携のツボ】
(1)医療・介護の改革と社会保障制度改革国民会議
(2)国が進める医療計画とは
(3)地域医療構想による新規在宅需要は30万人
(4)かかりつけ医の重要性と連携のポイント
(5)地域包括診療料・地域包括診療加算
(6)かかりつけ医機能の評価の拡充
(7)医療と介護にまたがる訪問看護のしくみ
(8)在宅医療の定義
(9)在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院
◆1 在支診の施設基準
◆2 在支病の施設基準
(10)機能強化型在宅療養支援診療所・機能強化型在宅療養支援病院
(11)訪問診療と往診の違い
(12)人生の最終段階における医療とケアのガイドライン



【5章 連携必須の在宅診療とリハビリテーション】
(1)2018年度改定における在宅診療見直しの注目点
(2)「1訪問診療・1医療機関」の原則の見直し
(3)在支診以外の診療所の在宅医療への参入促進
(4)患者の状態に応じたきめ細かな訪問診療
(コラム)集合住宅でのサービス提供
(5)訪問診療の主治医とケアマネジャーの連携強化
(6)リハビリテーションの3つのステージと診療報酬
(7)維持期・生活期リハの介護保険への移行
(8)医療機関でのリハが介護報酬で実施可能に



【6章 2018年ダブル改定を経営に活かす】
(1)退院調整から退院支援、そして入退院支援へ
(2)入院時支援加算
(3)入退院支援と診療報酬・介護報酬の連動
(4)医療保険と介護保険の給付調整
(5)特養における医療的サービス
(6)入院医療の新しい報酬体系
(7)急性期医療
(8)急性期医療から長期療養へ
◆1 地域包括ケア病棟入院料
◆2 回復期リハビリテーション病棟入院料
(9)長期療養者の在宅復帰の取り扱い
(10)「生活の場」になる介護医療院
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません