商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

院内医療事故調査の指針 第2版
事故発生時の適切な対応が時系列でわかる
いつ、どこで、誰が、何をすべきか?

立ち読みお気に入り追加
定価 : 2,700円(本体2,500円+税)
発行 : 2015年08月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 120頁
ISBN-10 : 4-8404-5445-0
ISBN-13 : 978-4-8404-5445-2
商品コード : 403010160

事故調査制度に即した事故対応がわかる

医療事故調査制度が2015年10月から施行されるにもかかわらず、医療機関の対応は極めて不十分である。第2版では、厚生労働省の関連報告書、省令・通知を反映した事故対応の方法、時系列で、誰が何をどう分析すれば良いかを解説。最新資料を追加している。

公益社団法人全日本病院協会 常任理事/公益財団法人東京都医療保健協会 理事長/医療の質向上研究所 所長/練馬総合病院 院長 飯田 修平 編著

「医療事故発生後の院内調査の在り方と方法に関する研究」グループ 著

目次を表示

・第2版 はじめに 飯田修平
・はじめに 飯田修平
・編著者・著者一覧



【第1章 医療事故調査に関する検討(飯田修平)】
◆1.医療事故とは
◆2.医療事故調査と医療事故対応
◆3.安全管理(セイフティマネジメント)と危険管理(リスクマネジメント)
◆4.医療事故調査に関する検討の経緯
◆5.事故調査の目的
◆6.事故調査の種類



【第2章 本指針の対象(長谷川友紀・飯田修平)】
◆1.本指針の利用者は誰か?
◆2.院内事故調査の対象はどのような事例か?
◆3.医療事故調査制度の対象はどのような事例か?



【第3章 用語の定義(飯田修平・小谷野圭子)】
◆1.医療事故
◆2.医療に起因する
◆3.予期しない
◆4.医療過誤
◆5.ヒヤリ・ハット事例
◆6.インシデント報告
◆7.アクシデント報告
◆8.エラー・過誤
◆9.リスク
◆10.安全
◆11.ヒューマンエラー
◆12.ヒューマンファクター
◆13.ヒューマンファクターズ
◆14.信頼性
◆15.合併症
◆16.併発症



【第4章 医療事故調査・支援センターへの報告はどうするか?(飯田修平)】



【第5章 事故調査の概要(藤田 茂)】
◆1.事故発生直後
◆2.事故発生後24時間以内
◆3.医療事故調査制度に該当する事案と判断した場合
◆4.1週間以内
◆5.2週間以内
◆6.1ヶ月以内
◆7.45日以内
◆8.6ヶ月以内
◆9.医療事故調査制度による医療事故調査の終了後
◆10.1年後



【第6章 事故発生直後および24時間以内の対応(藤田 茂)】
◆1.主治医、執刀医、現場の看護師等のすべきことは?
◆2.医療安全管理者のすべきことは?
◆3.病院長のすべきことは?
◆4.緊急対策会議で検討することは?
◆5.警察署への届出の必要性の判断は?
◆6.医療事故調査・支援センターに報告すべき事案は何か?
◆7.病理解剖の要否の判断は?
◆8.どこに(誰に)報告するか?
◆9.警察署に報告する前にすべきことは?
◆10.患者・家族(遺族)へどのように話すか?
◆11.解剖を勧めるべきか?
◆12.死亡診断書はどのように書くか?



【第7章 院内事故調査委員会の設置(藤田 茂)】
◆1.設置の是非をどのように判断するか?
◆2.いつ開催するか?
◆3.誰が参加するか?
◆4.外部の専門家に求められる要件は?
◆5.外部の専門家を招へいするにあたってあらかじめ決めておくべきことは?
◆6.何をするか? 何をしてはいけないか?
◆7.事務局に必要な機能は?



【第8章 事情聴取(永井庸次・藤田 茂)】
◆1.何のために事情聴取するか?
◆2.誰が事情聴取するか?
◆3.誰に事情聴取するか?
◆4.いつ事情聴取するか?
◆5.どこで事情聴取するか?
◆6.何を事情聴取するか?
◆7.どのように事情聴取するか?
◆8.患者・家族(遺族)に対してどのように事情聴取するか?
◆9.発言や記録時間の食い違いをどうするか?
◆10.事情聴取における問題点は何か?
◆11.事情聴取の回数は?
◆12.診療記録で何を確認するか?



【第9章 原因分析(永井庸次・飯田修平)】
◆1.どの分析手法を使うか?
◆2.原因分析の問題点は?
◆3.原因究明と責任追及は同じか?



【第10章 対策立案、改善、評価(永井庸次・飯田修平)】
◆1.どのような改善策があるか?
◆2.どのような方法で改善策を立案するか?
◆3.対策分析表(メリット・デメリット分析表)をどう使うか?
◆4.改善策をどのように評価するか?
◆5.どのような改善策が不適切か?
◆6.手順の不遵守はどうして起きるか?
◆7.手順の不遵守をどう抑えるか?
◆8.どのように検証・評価するか?



【第11章 診療記録の整備(永井庸次)】
◆1.診療記録に何を記載すべきか?
◆2.問題とされる記載・未記載は?
◆3.診療記録の追記・修正時の注意点は?
◆4.診療記録の内容に整合がない場合どうするか?
◆5.医療事故発生時、診療記録開示請求時の診療記録の点検点とは?



【第12章 事故報告書の作成(藤田民夫)】
◆1.誰が書くか?
◆2.誰宛に書くか?
◆3.書式は?
◆4.記載時の注意点は?
◆5.報告書の公表の範囲は?
◆6.患者・家族が報告書を閲覧する際に気を付けることは?
◆7.マスコミやホームページでの公表の際に気を付けることは?



【第13章 患者・家族(遺族)への対応(藤田民夫)】
◆1.誰が対応するか?
◆2.説明・謝罪の方法は?
◆3.どのような継続支援が必要か?



【第14章 当事者の職員への対応(藤田民夫)】
◆1.どのような継続支援が必要か?



【第15章 警察署への対応(森山 洋)】
◆1.警察署への届出の判断は?
◆2.警察署へ届け出る前にすべきことは?
◆3.警察署への対応の組織としての注意点は?
◆4.取り調べを受ける際の当事者の注意点は?
◆5.司法解剖になった時の注意点は?



【第16章 マスコミへの対応(森山 洋)】
◆1.マスコミへの公表の基準は?
◆2.マスコミから取材申込があった場合どうするか?
◆3.職員に対して何をすべきか?



【第17章 その他(森山 洋)】
◆1.どのような弁護士の協力を得るべきか?
◆2.弁護士の役割は?
◆3.事故調査で困った場合はどうするか?
◆4.事案解決後に必要な対応は?
◆5.賠償保険で気を付けるべき点は?
◆6.消費者庁からの問い合わせにどう対応するか?



【第18章 医療事故調査の前提となる、安全に関する考え方の提言(飯田修平・長谷川友紀)】
◆1.医療は安全か?
◆2.重大な医療事故にどう対応すべきか?
◆3.なぜ医療事故調査が円滑にいかないのか?
◆4.どうしたら医療事故を見過ごさないか?
◆5.医療事故調査の意義は何か?



【資料】
◆資料1 WHOの医療安全に関する重要概念の定義(2009)(飯田修平・小谷野圭子)
◆資料2 安全に関する信頼性用語 JIS Z 8051:2004(ISO/IEC Guide 51:1999)(飯田修平・小谷野圭子)
◆資料3 事故報告書の書式(藤田 茂)
◆資料4 公益社団法人全日本病院協会「医療事故調査委員会・懲罰委員会に関する提言」(平成24年)
◆資料5 医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会報告「医療事故に係る調査の仕組み等に関する基本的なあり方」について
◆資料6 医療事故調査に関する検討の経緯(飯田修平)
◆資料7 一般社団法人日本品質管理学会・医療経営の総合的「質」研究会「医療事故調査制度に関する声明」
◆資料8 医療事故に関連する法令(飯田修平)
・資料8-1.医療法施行規則(特定機能病院に関する事項)
・資料8-2.医療法(特定機能病院に関する事項)
・資料8-3.医師法第21条
・資料8-4.医師法施行規則第20条
・資料8-5.改正後の医療法(抄)(医療事故調査に関する事項)(平成26年6月)
・資料8-6.医療法施行細則(安全確保に関する事項)

◆資料9 医療事故調査制度の施行に係る検討会(飯田修平)
・資料9-1.名簿
・資料9-2.議論の経緯
・資料9-3.医療事故調査制度の施行に係る検討について(平成27年3月20日)で提示された省令通知案(院内事故調査に関する事項)(飯田修平)
・資料9-4.「医療に起因する(疑いを含む)」死亡又は死産の考え方

◆資料10  西澤班研究報告書(飯田修平) 平成26年度厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」
・資料10-1.名簿
・資料10-2.会議開催の経緯
・資料10-3.「医療に起因する死亡又は死産」を判断する時の参考事例

◆資料11 医療事故調査制度省令・通知(別添)(飯田修平)



<参考文献>
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

医療事故調査制度に関する内容が一番わかりやすく、資料を作る際にとても参考になりました。(看護 その他)