商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ブレインナーシング2011年春季増刊
振り返りクイズ!付き
今さら聞けない脳神経外科看護の疑問 Q&A

立ち読みお気に入り追加
定価 : 4,320円(本体4,000円+税)
発行 : 2011年02月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 260頁
ISBN-10 : 4-8404-3387-9
ISBN-13 : 978-4-8404-3387-7
商品コード : 130021150

基礎から現場で使える知識までの内容が満載

新卒ナースを迎える前に脳神経疾患看護において、今さら聞くことが恥ずかしいと思われる看護の基本を網羅し、必ず知っておかなければならない知識・技術を、根拠(エビデンス)に基づきながらQ&A形式で解説。各項目には振り返りクイズが付いているので、より理解が深まる。

社会医療法人厚生会木沢記念病院・中部療護センター看護部長 石山 光枝 監修

目次を表示

・監修のことば
・執筆者一覧


[今さら聞けない 基礎知識編]
■第1章 意識・神経観察の疑問
●1 意識レベル
・意識レベルとは何ですか?
・なぜ意識レベルを見る必要があるのですか?
・意識障害スケールはどのように用いますか?
・なぜ,意識障害を観察するのですか?
・振り返りクイズ!

●2 瞳孔
・なぜ,瞳孔を観察するのですか?
・対光反射とは何ですか?
・瞳孔不同とは何ですか?
・急激に生じる瞳孔不同は何を示しますか?
・瞳孔不同への対処はどのようにしたらいいですか?
・振り返りクイズ!

●3 麻痺
・麻痺とはどのような状態ですか?
・麻痺の評価や観察方法には,どのようなものがありますか?
・なぜ麻痺のある患者は,特徴的な肢位をとるようになるのですか?
・どのようなことを麻痺側に行ってはいけませんか?
・麻痺に対するリハビリテーションは,早くから行うほうがいいのはなぜですか?
・振り返りクイズ!

●4 感覚障害
・感覚障害とは何ですか?
・感覚障害はなぜ起こるのですか?
・特殊な感覚障害はありますか?
・視床痛とは何ですか?どうして起こるのですか?
・なぜ下垂体腺腫で両耳側半盲が起きるのですか?
・半側空間無視の患者で注意しなければいけないことは,何ですか?
・振り返りクイズ!


■第2章 バイタルサイン観察の疑問
●1 血圧
・血圧とは何ですか?
・血圧の測定方法には,どのような種類がありますか?
・血圧調節の中枢はどこにあり,どのように行われているのですか?
・血圧の調節にはどのようなものがありますか?
・自律神経と血圧の関係を教えてください.
・血圧と脳血流との関連はどのようになっていますか?
・脳神経疾患の患者の血圧管理はどのように行えばいいですか?
・急性期に血圧を上昇させないようにするためにはどのようにすればいいのですか?
・振り返りクイズ!

●2 脈拍
・心拍数と脈拍数は,どのように違うのですか?
・脈拍の触知は,どこで行えばいいのですか?
・脈の異常にはどのようなものがありますか?
・脳に関連する脈拍異常には,何がありますか?
・不整脈とは, どのようなものですか?
・不整脈には,どのような種類があるのですか?
・とくに注意が必要な不整脈には,どのような種類があるのですか?
・とくに脳神経疾患に関連する不整脈には,どのようなものがありますか?
・振り返りクイズ!

●3 呼吸
・呼吸のメカニズムを教えてください.
・呼吸状態の観察のポイントは何ですか?
・なぜ脳神経疾患においては,呼吸にも注目する必要があるのですか?
・見逃してはいけない呼吸パターンは何ですか?
・脳神経疾患患者に肺炎が多いのはなぜですか?
・気道閉塞の原因は何ですか?
・気道閉塞を予防するためには,どのようにしたらいいですか?
・気道閉塞時には,どのように対処したらいいですか?
・なぜ,くも膜下出血時に神経原性肺水腫が起こるのですか?
・神経原性肺水腫の症状について,詳しく教えてください.
・神経原性肺水腫の治療について,教えてください.
・振り返りクイズ!

●4 体温
・体温調節の中枢はどこにあり,どのようなメカニズムで行われるのですか?

・体温測定はどのように行いますか?
・体温上昇が脳に与える影響は何ですか?
・脳神経外科において考えられる体温上昇の原因は何ですか?
・発熱時には,どのように対処したらよいですか?
・そのほかに,発熱時に配慮することは何ですか?
・振り返りクイズ!


[今さら聞けない 看護技術の実践編]
■第1章 術式別 合併症予防の疑問
●1 開頭術
・術後3日目までに気を付けなければいけないことは何ですか?
・術後3日目から気を付けなければいけないことは何ですか?

●2 穿頭術
・術後の感染は何日後から気を付けなければいけないのですか?

●3 経蝶形骨洞手術
・術後出血はどこに注目すればいいのですか?

●4 神経内視鏡手術
・術後の発熱や嘔吐はどのくらい経過して起こりますか?

●5 血管内治療
・コイル塞栓術でなぜ弾性ストッキングを着用するのですか?

●6 定位脳手術
・脳病変組織生検術の合併症は何がありますか?

●7 脊椎・脊髄手術
・腰椎椎間板ヘルニア摘出術後の急激な血圧の変動は,どのような合併症が原因と考えられますか?

●8 放射線治療
・放射線治療中の副作用で最も気を付けなければいけないのは何ですか?

●9 化学療法
・テモゾロミド投与患者に考えられる副作用には,どのようなものがありますか?
・振り返りクイズ!


■第2章 ドレーン管理の疑問
●ドレーン管理
・脳神経外科領域でのドレーンとは,どのような目的で挿入されるのですか?
・脳外科手術後に挿入されるドレーンには,どのような種類がありますか?
・脳槽ドレーンと脳室ドレーンの違いについて教えてください.
・脳室ドレナージと脳槽ドレナージは,どのような仕組みで排液されるのですか?
・VP シャント,VA シャントとは,どのような疾患に対して行われるのですか?
・ドレーン刺入部の管理のポイントは何ですか?
・なぜクランプするのですか?
・血液や浮遊物が多いとき,ミルキングをしてもいいですか?
・もしドレーンが閉塞してしまったら,どのようにすればいいですか?
・ドレーンが自己抜去,自然抜去されたときの対処法を教えてください.
・振り返りクイズ!


■第3章 術後処置の疑問
●術後処置
・術後のドレッシング材の交換は,必要ですか?
・なぜ術後48 時間でドレッシング材を外しても大丈夫なのですか?
・なぜ,褥瘡は発生するのですか?
・褥瘡を起こさないためには,どのようなアセスメントが必要ですか?
・褥瘡予防のためにベッド上での外力を軽減するためには,どのようにしたらいいですか?
・リハビリ期になったら,褥瘡予防は不要になりますか?
・褥瘡の起こりやすさと栄養は関係あるのですか?
・振り返りクイズ!


■第4章 急変時対応の疑問
●1 意識の観察
・患者が急に意識をなくし,声を掛けても返事がありません.どうしますか?
・患者の意識状態が低下しました.どのような手段で意識レベルを把握しますか?

●2 呼吸の観察
・意識がなく,呼吸状態が悪い患者の対応はどのようにすればいいですか?

●3 神経学的所見
・開頭術後の患者に,瞳孔不同があります.何が起こっているのでしょうか?

●4 麻痺の観察
・開頭腫瘍切除術の患者に左上肢麻痺を認めます.対応はどのようにすればいいですか?
・けいれん,てんかん時にはどのように対応すればいいですか?
・振り返りクイズ!


■第5章 検査の疑問
●1 検査の種類
・脳神経疾患患者に行われる一番ベーシックな検査は何ですか?
・CT とMRI の違いは何ですか?
・MRI にはいろいろな画像がありますが,どのような種類があるのですか?
・SPECT とPET の特徴は何ですか?
・CT とMRI,SPECT とPET 以外にどのような検査がありますか?

●2 検査の使い分け
・意識がない患者が搬送されたとき,どのような検査が行われますか?
・頭部外傷では,どのような検査が行われますか?
・脳腫瘍の場合でもCT で診断できますか?
・脳波検査はどのようなときに行うのですか?

●3 造影検査の注意点
・造影剤を使用する検査には,どのような検査がありますか?
・造影剤を使用するときの事前準備では,どのような点に注意が必要ですか?
・脳血管造影を行っているときは,どのような点に注意が必要ですか?
・脳血管造影を行った後は,どのような点に注意が必要ですか?
・振り返りクイズ!


■第6章 リハビリテーションの疑問
●リハビリテーションとは何か
・なぜ,リハビリテーションが必要なのですか?
・リハビリは,理学療法士や作業療法士,言語聴覚士のみで行うものですか?
・リハビリスタッフと看護師が行うリハビリはどこが違うのですか?

●2 リハビリテーションの目的と方法
・患者は,寝たきりになるとどのようになるのですか?
・関節拘縮を防ぐためにはどのようにしたらいいのですか?
・関節拘縮が強い患者が入院してきたら,どのようにしたらいいのですか?
・早期リハビリテーションは,いつから行えばいいのですか?
・リハビリを行うときはどのようなことに注意したらいいのですか?

●3 看護師の役割
・リハビリテーションは,リハビリ室に患者を連れて行くだけでいいのですか?
・食事を食べるためのリハビリは,どのようにしたらいいのですか?
・肺炎の改善・予防のためのリハビリはありますか?
・急性期病棟で毎日が戦場のような慌ただしさです.繁忙な状況でのリハビリはとても無理です!
・自宅に退院される患者のリハビリは,どのようにしたらいいですか?
・振り返りクイズ!


■第7章 日常生活支援の疑問
●1 肢位・姿勢/ 移動・移乗
・患側を下にする側臥位をとっても大丈夫ですか?
・麻痺患者の体位変換で気をつけないといけないことは何ですか?
・早期座位時の観察ポイントは何ですか?
・なぜ,車いすへの移乗時に患者のズボンを持ってはいけないのですか?
・麻痺がある患者をベッドから車いすに移乗させるときは,どこに車いすを置きますか?
・麻痺があり座位バランスが悪い患者の,車いすへの乗車中の注意点は何ですか?
・歩行が不安定な場合の介助方法はどのように行いますか?
・振り返りクイズ!

●2 食事
・むせなかったら口から食べさせても問題はないですか?
・改訂水飲みテストで何がわかるのですか?
・摂食・嚥下リハビリテーションを行う前に必要なことは何ですか?
・経口摂取ができない期間は義歯を外すのですか?
・経口摂取が困難と判断された症例に対しては,末梢点滴で栄養補給したほうがいいですか?
・誤嚥を防ぐ姿勢とは,どのような姿勢ですか?
・嚥下障害のある患者に適した食事形態は,どのようなものですか?
・直接訓練時に注意することは何ですか?
・誤嚥時はどう対処したらよいですか?
・流涎ぜんにはどのように対処したらよいですか?
・なぜ,左半側空間無視の患者に右側から声を掛けるのですか?
・振り返りクイズ!

●3 排泄
・脳血管障害後に排尿障害が起こるのはなぜですか?
・尿道カテーテルを抜去する目安は何ですか?
・尿閉や残尿が多い場合は,どのように排尿を支援し行いますか?
・麻痺がある人でも,トイレでの排尿を促すのはなぜですか?
・脳血管障害後に排便コントロールを行うのはなぜですか?
・尿失禁によるスキントラブルに対しては,どのような支援が必要ですか?
・おむつは排尿・排便後すぐに交換しなくてはいけないのですか?
・排便は何日なければ,下剤を使用しますか?
・振り返りクイズ!

●4 言語コミュニケーション
・構音障害と失語症は,どのように違うのですか?
・失語症の患者は,こちらの言っていることをどのくらい理解できているのですか?
・運動性構音障害患者へ,筆談や文字盤(50 音表)は有用ですか?
・失語症患者へ,筆談や50 音表は有用ですか?
・振り返りクイズ!


■第8章 栄養管理の疑問
●栄養管理
・なぜ栄養管理が必要なのですか?
・栄養状態を確認するポイントは何ですか?
・患者に適した栄養管理をするためには何が必要ですか?
・栄養管理の方法にはどのようなものがありますか?
・栄養管理の基本的な考え方とは何ですか?
・脳神経疾患に対する栄養療法で大切なことは何ですか?
・褥瘡のある患者に栄養が必要なのはなぜですか?
・経腸栄養剤にはどのようなものがありますか?
・栄養剤の選択方法はどのように行いますか?
・経腸栄養剤の“ 薬品扱い” と“ 食品扱い” の違いは何ですか?
・NST とは何ですか?
・経腸栄養ではどうして下痢が起こりやすいのですか?
・経口摂取に切り替えるタイミングはいつですか?
・振り返りクイズ!


■第9章 薬剤の疑問
・薬剤
・脳梗塞急性期に用いられる薬剤には何がありますか?
・脳出血急性期で重要な薬物療法は何ですか?
・Ca 拮抗薬の服用中は,なぜグレープフルーツジュースを飲んではいけないのですか?
・抗てんかん薬はなぜ,ずっと飲み続けるのですか?
・振り返りクイズ!

・索引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません