編集委員のご紹介

山口大学大学院教授/山口大学附属病院薬剤部長 古川裕之

趣味は、“日光浴”と1988年から続けている“ブラジル音楽のバンド”。雪国(福井県大野市)の生まれ育ちなのに、なぜか“ラテン系”。
金沢大学薬学部、同大学院修士課程修了後、金沢大学病院で“かなり長~い期間”薬剤師として勤務。この間、同博士課程の社会人学生として薬学博士を取得し、2003年4月より臨床試験管理センターに異動。医薬品開発から市販後までの一連の安全性確保と薬剤師の職域拡大をテーマに、医療現場で発生する問題解決に向けた実用的な研究(practical research)に取り組んでいます。
ブログ:ふるかわ先生の『撮り鉄日記』

山口大学大学院教授/山口大学附属病院薬剤部長 古川裕之

新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室准教授 朝倉俊成

1984年3月   新潟薬科大学卒業
         4月   山之内製薬株式会社
1989年3月   太田綜合病院薬剤部
1996年4月   太田西ノ内病院薬剤部
1999年1月   日本医療薬学会認定指導薬剤師
2000年9月   薬学博士
2001年3月   日本糖尿病療養指導士
2006年4月   新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室准教授
2006年4月   新津医療センター病院薬剤部長(兼務:2007年6月まで)

新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室准教授 朝倉俊成

(株)仙台調剤教育研修部部長/主任研究員  川村和美

1997年 3月   名城大学大学院薬学研究科修士課程修了
1997年 4月   (医)桔梗ヶ原病院薬局
1999年10月   (医)朝岡病院薬局長
2001年 6月   薬学博士
2003年11月   (株)スギ薬局薬事部薬事教育課
2006年 6月   (株)スギ薬局人材開発部薬事研修センター主任研究員
2012年11月より現職。他に名城大学、昭和薬科大学、北里大学、慶應義塾大学、静岡県立大学非常勤講師など兼任。

(株)仙台調剤教育研修部部長/主任研究員  川村和美

国立病院機構東京医療センター薬剤科長 鈴木義彦

1979年 1月   国立国府台病院薬剤科非常勤薬剤師
1980年 8月   国立病院医療センター薬剤科採用
1989年 7月   国立病院医療センター薬剤科医薬品情報管理主任
1993年10月   国立国際医療センター薬剤部医薬品情報管理主任
1996年 7月   国立療養所中信松本病院副薬剤科長
1999年10月   国立横須賀病院副薬剤科長
2002年 7月   国立療養所東京病院副薬剤科長
2004年 4月   国立国際医療センター副薬剤部長
2007年 4月   国立病院機構宇都宮病院薬剤科長
2008年 4月   国立病院機構関東信越ブロック事務所統括部医療課薬事専門職併任
2009年 4月   国立病院機構東京医療センター薬剤科長

国立病院機構東京医療センター薬剤科長 鈴木義彦