セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【人工呼吸】
略語/モードの違い/観察ポイント・・・「3大わからない」をスッキリ解説!
人工呼吸器 換気モード超入門

「機種別よく使う換気モード用語のまとめ」付き

  • 「機種別よく使う換気モード用語のまとめ」付き

● 毎回ご質問いただく「SIMVとアシストの違い」を、より詳しく取り上げます。今まで“チンプンカンプンの人”も納得です!
● いまや必須知識になったグラフィックモニタ。動画教材を使って波形を解説します。

●○●磨田先生からのメッセージ●○●
 人工呼吸管理は本来ならICUなどで実施すべきものです。しかし、実際には病院の診療体制などにより一般病棟で実施されることも少なくありません。
 そのため病棟で働く新人ナースや、人工呼吸管理に慣れない若手ナースの皆さんが、実際に患者さんの担当になることもあるでしょう。そのようなとき「人工呼吸管理はちょっと苦手」「よくわからない」などと感じることも少なからずあると思います。とくに、換気モードはいろいろな略語が使われ、モードの違いなどを正確に理解するのはなかなか難しいものです。
 このセミナーでは、そういった方を対象とし、「換気モードをしっかり理解すること」を目標にしています。すなわち、各種の換気モードの違い、観察のポイントなどを理解し、「換気モードが苦手」ということをなくすことです。そうすることが患者さんへのよりよいケア、安全確保へとつながるものと確信します。

プランナー・講師
磨田 裕
(横須賀共済病院集中治療科部長)
医師歴40年、呼吸ケアに携わって30年の“呼吸マスター”。看護師教育にも熱心で、わかりやすい解説と聴きやすい声で多くの受講者を魅了。著書に『人工呼吸器換気モード超入門』(メディカ出版)、『ここから始める! 人工呼吸ケア』(照林社)がある。

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2017.11.18 大阪会場) -*-*-
期待以上 17%  期待どおり 69%  普通 5%  少し期待外れ 7%  期待外れ 0%  無回答 2%

換気モードを実際にテスト肺を用いた動画で示していただいたのがわかりやすい!(受講者の感想より)
●いろいろな換気モードがわかっているつもりでわかっていなかったようです。今回のセミナーですっきり整理することができました。(脳外、11年2ヵ月)
●カルテや申し送りなどで呼吸器に関する医療用語が飛びかうなか何を言ってるのか意味が理解できていなかったが、基礎から教えていただいてとてもわかりやすかったです。(ICUCCU、2年目)
●SIMVとアシストの違いがわからずセミナーに参加しました。受講してから違いがわかりました。丁寧な説明ありがとうございます。(病棟、1年7ヶ月)
●Pinspの設定とアバブPEEPのところがわかりやすくてよかったです。エビタからベラにかえるときにPinspの設定で吸気圧をかけて、圧をかけすぎたシンシデントがおこった事があるので、今回の解説が聞けてよかったです。(HCU、1年7ヶ月)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
備考 ★参考図書★
人気書籍がセミナーに!
本には載っていない、すこしアドバンスな内容も解説!

Smart nurse Books 11『早わかり人工呼吸器換気モード超入門』磨田裕編著(本体 2,800円+税)
*メディカ出版刊・全国の書店で好評発売中。 本セミナー会場でも購入できます。
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2017年12月16日(土) 日本薬学会 長井記念館 地下2階 長井記念ホール 地図 申し込み 開催直前

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 10: 40 人工呼吸管理の基礎知識

患者さんにとって「よい人工呼吸」とは? 最低限押さえておきたい呼吸生理のこと
・自発呼吸と人工呼吸の違い
・人工呼吸の目的と副作用
・人工呼吸器の換気設定はなにを基準にするの?
・1回換気量、呼吸数、分時換気量
・血液ガス―換気量、酸素濃度を変えると、血液ガスはこう変化する
・起こりやすい! 人工呼吸開始時の低血圧とその対応

10: 50 ~ 11: 55 基本の換気モード(前編)

1回換気量=フロー×吸気時間 フロー(流量)がイメージできると、格段に実力UPできます!
・まぎらわしい! 機種別 換気モード用語の違い
・これだけは押さえておきたい言葉
 吸入気酸素濃度(FIO2)/PEEP/プレッシャーサポート(PS)/トリガー/PIP(最高気道内圧)
 プラトー圧(ポーズ圧)/タイダルボリューム(Tidal Volume)(1回換気量)/分時換気量/呼吸数 など

11: 55 ~ 12: 45 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
12: 45 ~ 13: 50 基本の換気モード(後編)

SIMVとアシスト、どこが違うの?
・「自発呼吸がない」モード(自発呼吸なし。器械による換気のみ) CMV(VCVとPCV)
・「自発呼吸がある」モード(自発呼吸に対してサポートする換気) PSV/CPAP
・「そのあいだの」モード(器械による換気+自発呼吸との混在) アシスト/SIMV(IMV)
 どんな患者さんに向いているの?/換気の特徴は?/ナースは何に注意するの?/設定要件は? など

14: 00 ~ 14: 50 NPPVと発展型の換気モード

NPPV、適応と限界を知って、上手に使えるようになろう!
・NPPV
・APRV/BIPAP/BCV/PRVC/VS など
 どんな患者さんに向いているの?/換気の特徴は?/ナースは何に注意するの?/設定要件は? など

15: 10 ~ 16: 40 事例で学ぶ換気モード ほか
~人工呼吸器離脱・抜管・その他の関連事項~

患者状態の評価にあわせて、どのように換気モードを選択していくか、考えてみましょう。
・人工呼吸主体から自発呼吸へ
・急性呼吸不全の人工呼吸導入から離脱まで
・進まない離脱―自発呼吸が弱いとき何を考える?
・抜管後の観察のポイント
・術後人工呼吸から離脱まで 
・鎮痛鎮静の考えかたとせん妄
・抜管の準備
・講義に関する質問/日ごろの業務上の疑問、なんでもご質問ください