セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【手術室】
エビデンスがわかる! すぐに使える!
オペナースに必要な手術室感染対策の知識

講義への質問・日頃の疑問は用紙で質問できます!

  • 講義への質問・日頃の疑問は用紙で質問できます!

全国のオペナースが抱える疑問をズバっと解消! グレーゾーンも改善できる!

滅菌物に水滴がついていても使用できる?
 滅菌バッグに結露が残らないようにするには?
○ 手術前の皮膚消毒は乾くまで待たないとダメ?
オペ室の床でも通常は消毒をしなくていいの?清掃用具はどう管理する? 
清掃用具はどう管理する?
予防的抗菌薬、どのタイミングで投与するのが正しいの?
○ 器具の消毒方法の選択基準はどう考える?

●○●藤田先生からのメッセージ●○●
今回のセミナーでは、現場スタッフの視点でより具体的な解説を行うため、あえて「手術室スタッフ」にターゲットを絞りました。一般的な感染対策を対象とするセミナーでは取り上げることが難しい、手術室特有の問題や周術期に特化した感染対策手法などについて、術前から術中・術後までを時系列に、より深く、より詳しく解説する予定です。
感染対策の原則は理解していても、設備・費用・労力などの問題が重なり、原則通りに実践できず、苦慮している医療施設は少なくないと思います。そこでこのセミナーが感染対策に関する知識の普及にとどまらず、問題解決の助力となることを目指したいと思います。
周術期の医療・看護に携わるすべてのスタッフに、本セミナーをお役立ていただきたいと思います。

プランナー・講師
藤田 烈
(国際医療福祉大学 未来研究支援センター 講師)

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2018.8.11 東京会場) -*-*-
期待以上 46%  期待どおり 45%  普通 3%  少し期待外れ 1%  期待外れ 1%  無回答 4%

「洗浄なくして消毒・滅菌は成立せず」大変勉強になりました。ちゃんとした理由も教えていただけたので、他スタッフにも伝達できそうです。
滅菌方法や管理など、セミナーで根拠ある正しい知識を得ることができました。今までのやり方を見直すきっかけになりそうです!
オペ室だからこそ大がかりな清掃が必要だとばかり思っていました・・・。今日学んだ内容ならすぐに実践でき、しかも患者さんのためになるので早速取り入れたいです。
「何のために」「誰のために」を考えた手指衛生の方法がわかりました!
ガウンやマスウの外し方は教わったことがなかったので、今後はどこに注意をしたら良いかなど新人さんに教えてあげれます。
執刀前の皮膚消毒については、いつも職場で論争になる内容なので、この講義でエビデンスが確認できて良かったです。
質問の回答が、すべて現場目線の解説で、とてもわかりやすかったです!

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2019年05月25日(土) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 開催直前
神戸 2019年06月29日(土) 神戸クリスタルタワー 3階クリスタルホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 1.器具・器械の洗浄・消毒

○ 感染症患者に使用した器具は、他の器具と一緒に消毒してもいいの?
○ 洗浄できない器械に血液がついた! どうする?!
○ もう迷わない。「スポルディングの分類」を覚えておこう!
○ シングルユースデバイスの最新情報。この機会に見直してみませんか?

2.滅菌手法と滅菌物の管理

○ 滅菌物の使用期限はどうやって決めてるの?
○ 滅菌パックの中に水滴が・・・中の器材は使用しても大丈夫?
○ オートクレーブ・フラッシュ滅菌・EOG滅菌・・・それぞれの特徴・適応

3.手術室の環境整備

○ 手術室の正しい清掃方法と頻度を教えて!
○ 清掃方法も大事だけど、用具はきちんと管理できてる?
○ 床に血液が落ちた…どう対処する?

昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
4.手術時の手洗い

○ 効果的な手洗い方法は? ~スクラビング法 vs ラビング法~
○ ウォーターレス手洗いについても知っておきましょう。

5.個人防護用具 (手袋・ガウン・マスク・ゴーグル)

○ 手袋の交換のタイミングは?
○ ガウン・マスク・ゴーグル・手袋、どれから取り外すのが正しい?

6.手術患者さんへの感染対策

○ 術前抗生剤投与の正しい方法。病棟で? 手術室で?
○ 手術部位のイソジン消毒は2分待つ…の?
○ 術前の禁煙指導、SSI予防にも関係あるの?!

~ 17: 00 質疑応答
たっぷりじっくり回答します!

質問用紙をお配りいたします。
今さら聞けない日頃の疑問、講義をきいて「?」と感じたこと、なんでもご質問ください。