セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【周産期ケア】
自信をもって楽しい母乳育児
ミルキーママのおっぱいケア
~~ トラブル対応と支援のコツ ~~

セルフケアテクニック 妊娠中・産褥早期から退院後の支援 授乳のための母子の姿勢やポジション
お母さんと、赤ちゃんの笑顔のために、ケアの引き出しを増やそう!
実習を交えながら、たのしく・わかりやすく解説します!

♥ミルキーママからのメッセージ♥
 赤ちゃんが生まれたら、多くのお母さんが母乳で育てたいと願っています。しかし、なぜかスムーズに母乳育児ができないお母さんがいらっしゃいます。痛みに耐え、悩みぬいて、泣きながら授乳と格闘している母子の姿をみることもあるのではないでしょうか? そんなお母さんを目の当たりにして、心を痛め、なんとかしたい! と思う方も多いはずです。
 本セミナーでは、お母さん方を泣かせることなく、できるだけスムーズに楽しく母乳育児ができるように、いくつかの方法を提案させていただきます。妊娠中からおっぱいを見つめ、体を整えていくことや、スムーズな授乳のための母子の姿勢やポジションを見ていくこと、そして退院してからお母さんが困らないような支援ができるように、ひとつでも引き出しを増やしていただければ幸いです。
 お母さんと赤ちゃんが笑顔で向き合えるために、看護者としてできることがたくさんあります。 ご参加お待ちしています。

プランナー・講師
山川 不二子
(ミルキー母乳育児相談室)

クチコミ

●さまざまなトラブル時の対応を実習を交えながら示してくれてわかりやすかった。
●根拠がよくわかり、自信をもってケアができそうです。
●実習も多くて楽しく学べました。肩回し、浮腫のとり方など印象に残っています。
●お母さんも「生身の体」という、先生の言葉にハッとしました。痛いことはしない!ということを忘れず、しっかりおっぱいを見ていきたいです。
●ママが自分でケアできる方法を教えてもらえてよかった。お母さんたちに、伝えていきます。

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
備考 ●○●参考図書●○●
『改訂3版 ミルキーママの自分でできるおっぱいケア』(本体2,400円+税)をご持参ください。
当日会場でも販売いたします。
※すでに旧版をご購入済みの方はご持参ください。

<<事前に質問を受け付けます!>>
ホームページよりお申し込みの方は、申込画面の「その他ご伝言」欄にご記入ください。
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
名古屋 2019年06月15日(土) フジコミュニティセンター 4階大会議室 地図 申し込み 受付中
東京 2019年07月20日(土) グランパークプラザ 3階 301大会議室 地図 申し込み 受付中
大阪 2019年07月27日(土) 大阪私学会館 4階 講堂 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 1.知っておきたいおっぱいの基礎

◇解剖生理
◇おっぱいにおけるさまざまな勘違い
◇おっぱいが出るための条件
◇直母できるママの条件
◇泌乳パターンの変化と初乳の成分

2.注目 ママと赤ちゃんの姿勢

◇ママの姿勢、赤ちゃんの姿勢、ここに注意
◇赤ちゃんの抱き方、それぞれの意義と特徴
 抱き飲み、脇飲み、立ち飲み、横飲み
◇こんな残念な姿勢はしてませんか?

~ 12: 40 3.明日から使える セルフケアテクニック
~痛いことをしないという原則を忘れない!~

◇おっぱいのみかたを押さえておく! 形は十人十色
◇観察しておくべきところは? 形・伸展性・厚さ・硬さ
◇乳頭、乳輪部のウイークポイントは知っておこう
◇用手搾乳法:片手搾り、両手搾り
◇基底部マッサージ-皮下筋膜深葉側から、胸筋筋膜側から
◇乳頭・乳輪部マッサージ-圧迫・もみずらし、浮腫のとり方
◇妊娠中にしておきたいこと
◇問題のあるケースへの対応

【実習】微妙なちから加減を体験してください。

12: 40 ~ 13: 30 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
13: 30 ~ 4.こんなときどうする!起こりやすいトラブルとその対応
~目からウロコの対処法を伝授します~

【産褥早期のトラブル】
◇乳房うっ積・乳汁貯留腫・乳頭乳輪部浮腫
◇乳頭トラブル:血乳・分泌過多・副乳
◇明らかな形状異常による授乳困難
どんな状態? 予防できる? どう対応する?

【ママがつまづきやすい!退院後のトラブル】
~症状、原因、対応と治療と予防~

◇乳栓・乳口部水疱・乳口炎・乳頭炎・乳管炎
乳腺炎・乳頭、乳輪部カンジダ症・咬傷・神経痛
間違った対応は禁物。状態を見極められるように、しっかり理解しておこう!

5.自信をもって相談にのりたい!おっぱいを楽に卒業するためのケア

◇やめる条件として考えておきたいこと
◇トラブルなく母乳をやめるためのスケジュールの立て方、考え方
◇おっぱい卒業後のセルフケア

~ 17: 00 6.質疑応答

日頃の業務の疑問点やお悩みのケースなど、この機会にご質問ください。