セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【教育・看護研究・コミュニケーション】

【コミュニケーション】

人を動かす話し方

●相部先生からのメッセージ●
 コミュニケーションの手段にメールが台頭してきた昨今、実際に対面して話をするスキルが低下していると言われています。とくに医療者には、さまざまな場面で正確かつ相手が理解しやすい話し方が求められています。
 患者さんに対しては、説明はもちろんのこと相手にとって不本意なこと、言いにくいことを伝えなければなりません。また相手のとんでもない要求を断らなければいけない場面もあります。部下や後輩に対しては、仕事のミスや態度などの指導や注意が発生します。
 日常のカンファレンスや勉強会、また学会発表などでは、自分の意見や研究を発表する機会もあります。こうした全ての機会に共通なのが、相手を納得させる伝達のスキルです。せっかく時間をとって話をしたのに相手が全く理解しなかったり、話は聞いたが受け入れていないのではもったいないですね。自分の言いたいことを正確に分かりやすく、そして相手が受け入れやすいように伝えるには、チョッとしたトレーニングが必要です。その場の状況と相手の分析をして、自分の言いたいことをお腹の中に納めてから話を組み立てると主題から離れずにいられます。さまざまな状況設定をしながら、実際にあなた自身の話し方をスキルアップしてみませんか。

プランナー・講師
相部 博子
(株式会社ビーフォーシー代表取締役)

クチコミ

○性格的にはノンアサーティブが強い傾向にありましたが、ストレスもたまる傾向にあるというのが本音でした。言い方次第で、色々と伝え方が変わるということを知り、大変勉強になりました(デイサービス)
○相手のことを考えないと本当にアサーティブにならない。少しでも不快が残らないように、またノンアサーティブやアグレッシブにならないように心がけていく必要があると学びました(看護学校教員)
○話のコミュニケーションが苦手で参加しました。自分の感情を押しつけず「自分はこうだからこう・・・」という思い込みはやめた方がいいことを学びました(消化器外科)
○いつもアグレッシブな態度、言葉かけが多かったので、相手の立場に立った話し方を学べました。明日から実践します(救急外来)
○依頼や要求をする時、相手に断られないように言う言い方がとても勉強になりました(薬剤師)
○さまざまな事例を挙げながら、どのように話すのか具体的で分かりやすかった(小児科)
○プレゼンの方法が分かりやすかった。さっそく明日から実践してみます(外科)
○プレゼンの仕方が難しいと思っていましたが、ポイントとコツを学べました。今回学んだこと、活かせそうです(NICU)
○4つの基本態度、自己分析できてよかったです。いろいろなコミュニケーション法を学び、考えることができました(外来)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2019年07月06日(土) クリスタルタワー 20階A会議室 地図 申し込み 受付中
東京 2019年07月13日(土) グランパークプラザ 3階 301大会議室 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
10: 00 ~ 1.話しているのに伝わらないのはなぜ?

●コミュニケーションギャップ

2.相手が聞きたくなる伝達の基本
~プレゼンテーションスキルアップ~

●相手の分析
●非言語からの説得力 
●言語による納得

昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
3.相手を動かす伝達
~アグレッシブ(攻撃的)とノンアサーティブ(非主張的)の違い~

●相手の行動を許容できないとき
 ナースが患者さんのためにしたことに対して「余計なことはするな」と言う医師 
●相手からの要求や誘いを断るとき
 患者さんの容態を聞かれたが個人情報なので答えられない
●言いにくい内容や相手にこちらの要望を伝えるとき
 医師の字が読みにくいのでもう少し丁寧に書いて欲しい

~ 17: 00 4.会話力は傾聴力から
~アクティブリスニング(積極的傾聴法)~

●会話の引き出し方 
●相手に話させるには