セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【教育・看護研究・コミュニケーション】

【看護研究】
「看護研究計画書」の書き方から学ぶ
ぜったい失敗しない!看護研究
~帰ってからもずっと役立つ詳細テキスト付!~

こんな方におすすめします
【これから取り組む方】
~ラダーで求められているけど・・・そもそも何をテーマにしたらよいのかわからない~
【いま悩んでいる方】
~なぜダメか、じゃあどう直せばよいのかまで教えてくれる人がいない~
【指導する立場の方】
~もういちど整理し直したい・・・人に教えるのって難しい~

◆臨床ナースに「看護研究」への取り組みが求められる理由は、臨床の場で生じた看護上の問題に対する「研究的な姿勢」が、看護実践や看護の知識体系の改善に強く結びつくと考えられているからです。また、研究活動を通して得られる「自分の仕事(看護)を見つめ、科学的に対象(人の健康)を考える」という経験は、私たちに、ナースとしてのみならず一人の人間としての成長を図る機会を与えてくれます。
◆多くの施設では看護研究を「輪番制」で担当させる、それほどまで看護研究の実践は「要請」されています。にもかかわらず、ほとんどのナースは、看護研究に関して系統立てられた教育を受けないまま研究に取り組まされているのが現実です。そのうえ、多忙な臨床業務と併行しながらも取り組んだ研究が、指導者から何度も「ダメ出し」され、なかには「ボツ」にされ一からやり直しを命じられる場合さえあります。
◆看護研究のスタート地点につくには、「業務改善と看護研究との差」を理解できる力、かつ「看護研究計画書」を正しく作成できる力を有している必要があります(指導者側には、そこまで導くための知識・育成力が必要です)。その意味では、「倫理審査」を通過したことだけで、「看護研究を行える条件」を満たしたとは言えないはずです。
◆そこでこのたび、「看護研究計画書」の書き方を学ぶことを通して、看護研究を始めるまでに必要な知識が身につく!という、看護研究初心者を至れり尽くせりサポートするセミナーを企画しました。もう、「はじめての看護研究」を怖がることはありません。もちろん、看護研究の指導者の方にもぜひ参考にしていただきたい内容です。
◆講師は、受講者と同じく現役の臨床ナースです。みなさんを取り巻く背景や事情はよく理解したうえで講義を構成いたしましたので、安心して受講いただけると思います。1人でも多くのみなさんが看護研究を成功させられることを切願しております。

プランナー・講師
及川 慶浩
(宇治徳洲会病院医療安全管理室長)
長年手術看護のエキスパートとして活躍。また、看護師としては国内トップクラスの学会演題発表数と論文執筆数を誇る。手術室看護師長、教育担当看護師長、看護部長などを歴任。自身の経験をふまえた臨床ナースの視点からの、比類のないわかりやすい解説には定評がある。『改訂2版 ナースのための研究発表のツボ 211』『らくらく統計ナース Expert』『はじめての看護研究 計画書の書き方編』『はじめての看護研究 統計学編』『はじめての看護研究 アンケート調査編』(メディカ出版)など看護研究関連の著書も多数。

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2017.7.8 大阪会場) -*-*-
期待以上 30.1%  期待どおり 58.9%  普通 5.5%  少し期待外れ 0%  期待外れ 0%  無回答 5.5%

●研究デザインの解説や倫理的配慮についてのところの理解が深まりました。(手術室)
●主研究者になり初めて計画書を書いているところです。研究デザインなどとても参考になり、修正しなくてはならないところも見えてきました。(循環器科 5年目)
●看護研究の指導をするにあたり悩んでおり受講しましたが、非常に得るところがありました。指導する者は、取り組んだナースを評価し、成長を確認しなければならないということをあらためて感じました。他の師長クラスにも伝えていきたいと思います。(23年目)
●事例を通して説明されたのでわかりやすかったです。常にたとえ話が入るので理解しやすかったです。(看護教員 3年目)
●学生への講義のためにと思って受講しましたが、自分が研究するときの参考にできそうな、実践的な内容でした。これまで漠然としていた看護研究の目的を明確にすることができたように思いました。(看護教員 6年目)
●今まで教えてもらう機会がなく、看護研究は見よう見まねで行ってきましたが、基本を知れたことで、再度研究をやってみたくなりました。ルールをたくさん教えていただけました。細かな部分の説明もていねいでした。(療養病棟 4年目)
●質的研究と量的研究の違いがはっきりわかりました。このセミナーを受けてなかったら、研究デザインを決める段階でつまずいていたと思う。(混合病棟 1年目)

お申し込み

受講料(税込)
1名 19,000円
2~3名 18,000円(1名分)
4名~ 17,000円(1名分)
備考 ※昼食は当社にてお弁当を用意いたします。

○○ 及川先生の「看護研究」シリーズ 他セミナーはこちら ○○
数式のいらない統計学
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
神戸 2018年03月24日(土) 神戸クリスタルタワー 3階クリスタルホール 地図 申し込み 受付中
東京 2018年04月14日(土) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ そもそも!「看護研究」ってなに?どんなことが看護研究になるの?

-ココ(計画書)にこれから取り組む研究のすべてが詰まっている!
つまり、この項目を1つずつていねいにクリアしていけば「成功」は見えてくる-

①研究テーマ
研究計画書の「テーマ」のココ!はこう書く

-看護の「現実」を直視し、「理想」を考える。
「研究と業務改善の差」を理解してテーマ選択をすればボツはない-
●あらためて・・・「看護分野」って知ってますか、理解してますか?
●では、その分野別の「研究分類」は?
●看護のトピックスを知っておこう。どうすればわかる?
●日々の臨床現場のなかで「問題」を見出す。そのコツは?
●看護雑誌の活用の仕方。こんなにベンリ

②研究者名・共同研究者
研究計画書の「研究者(著者)名」のココ!はこう書く

-「共同研究者」と「研究協力者」の差を知り、正しい!著者名表記を学ぶ-
●著者がたくさん。これはどういう意味?
●そもそも共同研究者とは?
●知らないと恥をかく表記のルール

③研究の動機
研究計画書の「動機」のココ!はこう書く

-「看護とは!患者の肉体的・精神的健康の保護―」
これが理解できれば動機は自然と見えてくる-

④研究目的
研究計画書の「目的」のココ!はこう書く

-患者の健康保護に必要な具体的な「看護対策」さえ立案できれば、目的はカンタンに書ける-

⑤研究の背景
研究計画書の「背景」のココ!はこう書く

-「研究」の条件は、教科書や辞書をパラパラ捲っても答えが載っていない!こと-

⑥研究の意義
研究計画書の「意義」のココ!はこう書く

-研究の意義は、「研究結果が今後の看護に何かしらの影響を及ぼす」ことが大前提-

⑦仮説
研究計画書の「仮説」のココ!はこう書く

-仮説ってなんだ? 「関連検証型研究」と「因果仮説検証型研究」の場合にのみ!書く-

⑧倫理的配慮
研究計画書の「倫理」のココ!はこう書く

-研究計画書を書く時点で!「倫理」のことを学んでおけば、研究のやり直しはない-
●そもそも研究における「倫理」ってなに?
●承認をとるとはどういうこと。その方法は?
●とっても重要!必ず守るプライバシー

⑨研究デザイン
研究計画書の「デザイン」のココ!はこう書く

-目的と結果にズレがない研究は、素敵に!デザインされている-

⑩研究方法
研究計画書の「方法」のココ!はこう書く

-ダメ出しされない「対象と方法」(データ収集法、データ分析法、
測定用具、実験的操作)のツボ-
●研究方法を間違えば正しい知見は出てこない
●データを集めるにはどんな方法があるの?
●「対象と方法」をカッコよくさせるコツ

⑪研究期間
研究計画書の「期間」のココ!はこう書く

-研究計画書と抄録、論文の研究期間の長さは違う-

~ 16: 30 ⑫引用・参考文献
研究計画書の「文献」のココ!はこう書く

-間違えない!研究計画書における文献の意味、抄録・論文における文献の価値-
●「引用文献」と「参考文献」は違うの?
●文献の選び方
●知らないと恥をかく文献表記のルール