セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【その他】

【公認心理師】

過去問題の傾向から対策をレクチャー!
公認心理師試験受験対策セミナー2019

-*-*- プランナーからのメッセージ -*-*-
 2018年に公認心理師第1回国家試験が行われ、追加試験と合わせて約28,500人が合格しました。本試験と追加試験の内容の幅広さに驚かれた方もいることでしょう。私自身も昨年受験したときには、「こんなところまで出るのか!?」とビックリしながら問題を解きました。
 試験の質についても、良問が多く、国家試験としては、一定の水準を保った試験だったと思います。心理学を専門にしている大学教員は、ふだん法律について学ぶ機会はありませんし、各専門領域で日々心理支援にあたられている方々は、基礎心理学や研究法について忘れてしまっているかもしれません。試験問題を見て、難しいと思う人はきっと多いでしょう。
 ですが、圧倒される必要はありません。試験である以上、傾向と対策があります。必ず押さえておくべきポイントがあります。それらをしっかりと把握して、勉強すれば、合格に近づくことなります。
 本セミナーでは、第1回公認心理師試験の傾向を分析し、そこから導き出される対策や押さえるべきポイントをお伝えします。そして、本セミナーでお伝えした内容を、残り1~2カ月の試験までの勉強の指針としていただければと思います。短い時間ですが、凝縮した内容を丁寧にお伝えしていきたいと思います。

-------------------------------------------------

髙坂康雅先生のBLOG「和光大学青年心理学研究室」はこちら
教員生活や研究活動のこと、公認心理師制度への思いなどが綴られています!

プランナー・講師
髙坂康雅
(和光大学現代人間学部心理教育学科教授)

お申し込み

受講料(税込)
1名 15,000円
備考 〇昼食は当社で用意いたします(6/15開催セミナー)。
〇6月15日(土)と6月30日(日)は同じプログラムです
〇別プログラム・別日程で東京会場の開催があります

【6月30日(日)開催セミナーについて】
G20大阪サミットの開催にあたり、6月27日(木曜日)から30日(日曜日)までの4日間、大阪市内の高速道路や一般道、関西空港連絡橋を中心に、大規模かつ長時間にわたり交通規制が実施されることが発表されました。
https://www.police.pref.osaka.lg.jp/topics/G20/7402.html
それに伴い、ご昼食のお弁当をご用意することが困難となりましたため、各自昼食をご持参いただきますようお願いいたします。また、受講料の中でご昼食代分としていただいております1,000円を当日現金にてご返金させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。
当日のご昼食につきましては、会場付近にはコンビニエンスストアがございますが、交通規制の状況によってはそちらでもご昼食をご購入いただけない可能性があり、最寄り駅等でご購入いただき、会場にお越しくださいますようお願い申し上げます。
当日はお越しいただく公共交通機関においても規制が入る可能性がございます。お時間に余裕をもってお越しください。
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2019年06月30日(日) 大阪私学会館 4階 講堂 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
10: 00 ~ 11: 30 1.第1回国家試験の傾向分析(事例含む)

○第1回国家試験と追加試験をブル―プリントをもとに分析し、何が出題され、何がされなかったのかを確認します。
○今年の試験作成委員の先生方をみながら、傾向と対策をお伝えします。
○1問3点の事例については、見るべきポイントと解答時の落とし穴をしっかりと教えます。

11: 40 ~ 12: 50 2.関係行政論のポイントと対策

○第1回国家試験で出題された法律・制度を確認し、どの法律をチェックすべきか確認します。
○主要な法律・制度の要点をまとめてお伝えします。
○社会の流れやニュースも考慮して第2回国家試験の予想もしていきます。

12: 50 ~ 13: 40 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
13: 40 ~ 14: 50 3.アセスメント・心理的支援のポイントと対策

○第1回国家試験で出題された心理検査をおさらいしましょう。
○主要な精神疾患・障害の要点や注意点もお伝えします。
○公認心理師としての支援のあり方も念頭に、各種心理療法について概説します。

15: 05 ~ 16: 00 4.基礎心理学・研究法のポイントと対策

○幅広い基礎心理学の中でも出題可能性の高いところをピックアップしていきます。
○統計・研究法も要点を押さえて、確実な得点を目指しましょう。