セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【その他】

【研修医のための総合診療セミナー Ⅲ期】

#13 マニュアルには載ってない救急診療の真髄
~~知識・スキル・態度の向上のために~~

高瀬先生(左) 原田先生(右)

  • 高瀬先生(左) 原田先生(右)

★★ 高瀬先生&原田先生よりメッセージ ★★
救急外来では、イレギュラーなことが“平常運転”で起こります。上級医であっても、普段慣れていない内容の医学的判断を求められることもしばしばあります。
一方で、深夜の患者・家族対応に、日中以上の困難さを感じたことはないでしょうか? 皆さん自身も疲労しているかもしれませんが、患者や家族には救急外来を受診するだけの理由があります。強い不安や悲しみがあったり、怒っていたり、酔っ払っていたり――精神疾患や、法的・倫理的に問題のある「悪人」の対応も、時には必要です。
科を横断した幅広い医学知識だけでなく、分をわきまえた態度を身につけていないと、院内スタッフの信頼も得られません。場合によっては、訴訟になってしまうこともあるかもしれません。
今回は、救急外来での知識の運用のし方やコミュニケーションの原則などを、具体例を通して紹介しつつ、救急診療の「真髄」をお伝えしたいと思います。皆さんも「夜中の名医」を目指してみませんか。

講師
高瀬啓至
(獨協医科大学病院総合診療科助教)
2009年に東北大学医学部を卒業。その後8年間、仙台市立病院で主に救急医療に従事し、救急科専門医を目指す。一方その中で、「特定の専門科」に振り分けられない病状を抱えた方の診療の現場を目の当たりにしてきた。自身の内科的な総合力・教育力を高め、仙台の総合診療を変えるべく、2017年4月より獨協総診メンバーとなる。

講師
原田 拓
(昭和大学病院総合診療科/獨協医科大学病院総合診療科非常勤医師)
2009年昭和大学医学部を卒業。自治医科大学病院で初期研修。昭和大学病院で内科後期研修を行う。12年に昭和大学病院総合診療科に所属し、1-2次救急のER診療および短期入院管理をメインに携わる。その後、医療以外のスキルやより診断学を学びたい気持ちから、志水先生のもとで非常勤医師を務める。

お申し込み

受講料(税込)
1名 22,000円
備考 ◆ 講義動画サービスあり ◆
講義を収録した動画をWEBサイトから無料で視聴できます。【受講申込者限定】
※講義終了後、約10日目から、2ヵ月間にわたり受講申込者ご本人のみ視聴できます。

申し込みページ「その他ご伝言」欄に【卒後年数】をご記入ください。(学生の方は【年次】をご記入ください)

※昼食は当社でご用意いたします。
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2019年03月10日(日) ソラシティカンファレンスセンター 1階 Room B 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
10: 00 ~ 1.救急外来での診断戦略とエラー対策
2.もう誰も傷つけたくない! M & M に学ぶ、失敗の適切な振り返り方
3.Non-medicalな対応困難症例の「接遇」の原則
~ 16: 00 4.「夜中の名医」を目指して 自己学習とセルフマネージメントのためのEvidenceとExpert Opinion