セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【周産期医療】
今スグやってみたい人に……
助産師が知っておきたい超音波検査 【ハンズオン】
東京B (13:30~16:20)

ちょっとしたコツが“大きな違い”になる

  • ちょっとしたコツが“大きな違い”になる

ハンズオンだから、わかる!できる!
★ 定員 24名 人数限定 ★

実際のエコー機器を使い、精密な胎児モデルを計測・画像描出します。

本セミナーでは、助産師が超音波検査をするために必要な実践力をハンズオンで養うことを目標にします。
この機会をスキルアップにつなげてください!

お待たせしました。ハンズオンで超音波の世界へ! ~ 谷垣先生からのメッセージ ~
 助産師外来の拡がりにより、プローブを握ることになった助産師さんも多いと思います。皆さんはどのようにエコーの技術を習得されましたか? 先輩に教えてもらう? 自己流?――愛着形成をエコー画像のみに頼られると困りますが、お母さんたちの期待は大きいです。私たちも少しでも綺麗で、正確な画像で応えたいものです。そんなあなたに、とっておきのハンズオンセミナーを企画しました。
 座学セミナーを受けて実際にやってみたいと思った方、助産師外来でこのたびエコーデビューされる方、エコー技術をもっと磨きたい方に、実際のエコー機器と胎児モデルを使用しながら、計測と画像描出のコツをお教えいたします。さあ、一緒に超音波の世界へ!

プランナー・講師
谷垣 伸治
(杏林大学医学部産科婦人科学教室教授)

お申し込み

受講料(税込)
1名 27,000円
備考 *【東京A】と【東京B】は同じ内容になります。

<機器協力>
○ GEヘルスケア・ジャパン株式会社
○ 株式会社京都科学
※機材は都合により変更になる場合がございます
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2019年01月20日(日) タイム24ビル 13階 研修室132 地図 申し込み キャンセル待ち

プログラム

第1日目
13: 30 ~ 16: 20 学習項目

1.推定体重の出し方
●BPD(児頭大横径) 
●AC(腹部周囲長)
●FL(大腿骨長) 3か所のポイントを計測

2.3Dエコー描出のコツ
●機器の調整法 ●頭低位 ●骨盤位

○ 6名ずつの4グループに分かれての実習です
○ 全員、順番にプローブを触っていただきます
○ 各ブース「約6分/1名」実習いただき、4つのブースすべてを一巡します
○ 各ブースに指導者が1名つきます
○ 計測・描出する胎児はトレーニング用模型を使用します

<ブースA>
推定体重の出し方①
▶2Dエコー
「Voluson E8」GEヘルスケアジャパン
▶胎児ファントム
「SPACE FAN-ST」京都科学
<ブースB>
推定体重の出し方②
▶2Dエコー
「Voluson E8」GEヘルスケアジャパン
▶胎児ファントム
「SPACE FAN-ST」京都科学
<ブースC>
3Dエコー描出のコツ
*頭低位 (機器の調整法)
▶4Dエコー
「Voluson E10」GEヘルスケアジャパン
▶胎児ファントム
GEヘルスケアジャパン
<ブースD>
3Dエコー描出のコツ
*骨盤位
▶4Dエコー
「Voluson E10」GEヘルスケアジャパン
▶胎児ファントム
GEヘルスケアジャパン