セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【脳神経外科】
症例から学ぶ!
脳卒中患者の急変予測とケア

急変を見逃さない
対応に慌てない
ドクターコールに迷わない

経過予測と看護計画に役立つ“画像のみかた”も身につきます!

-*-*-*-講師からのメッセージ-*-*-*-
 脳卒中急性期の患者を担当していて、バイタルサインが変動して慌てたことはありませんか? また、いつもと違う変化に気がついたのだけれど、ドクターコールしてよいのかどうか迷うことはありませんか?
脳卒中急性期は脳浮腫や頭蓋内圧亢進、再発などにより、意識レベルが変動しやすく、呼吸や血圧などに特徴的な症状が現われます。本セミナーでは脳卒中患者の急変時の変化を見逃さないよう、観察や看護のポイントを症例仕立てで分かりやすく解説いたします。また、実際の脳の画像をふんだんに用意しますので、画像の見方を身につけて明日の看護に役立てましょう!

プランナー・講師
藤山 美由紀
(大同病院 退院支援課/脳卒中リハビリテーション看護認定看護師)

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2018.2.17 東京会場) -*-*-
期待以上 59%  期待どおり 34%  少し期待外れ 5%  期待外れ 0%  無回答 1%

・いままでは画像をみながら判断・予測することがなかったけど、画像を見てアセスメントすることの必要性をすごく感じた。
・障害部位と出現する症状との関連がいまいちわかっていなかったのですが、今日ですごくスッキリしました。
・画像から読み取れることがたくさんあることを知り、起こりうる症状や急変を予測することを学べてよかったです。
・患者さんが実際にたどった経過を学び、想像することで、観察の意味や必要性を理解できた。
・看護師にしかできないリハビリ!という視点が、明日からの看護を見直す機会になった。

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
備考 ★★ 昼食は当社でご用意いたします ★★
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2019年04月21日(日) クリスタルタワー 20階A会議室 地図 申し込み 受付中
東京 2019年05月12日(日) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ これだけは押さえておきたい基礎知識
いまさら?と思わないで下さい。意外に“あやふや”なこともあります。「指導にも役立つ」復習です。

●脳の構造とそれぞれの働き
 ◇大脳の構造と働き(前頭葉・側頭葉・頭頂葉・後頭葉)
 ◇間脳、大脳基底核、小脳、脳幹の位置と働き
●異常な症状・病態に気がつくための知識と観察ポイント
 ◇呼吸・血圧・脈拍・意識障害・瞳孔不同・意識レベルの低下
 ◇頭蓋内圧亢進・脳ヘルニア・血管攣縮・水頭症・髄液漏・心原性脳塞栓症
 ◇どこの機能に問題が? 観察・評価のきほん
●画像のみかた
 ◇脳萎縮はどこで見る?
 ◇画像の撮り方の違いでわかる脳の健康状態
 ◇画像を読むことのメリット
 ◇気を付けるべき点

<脳卒中治療後の6つの実症例から学ぶ!>
急性期ナース必須の“気づく力”“動ける力”を身につける!
~たっぷり画像解説付き~

脳出血 よく起こる? 何に気をつける?
意識レベル低下 → 血腫増大 → 緊急手術
脳出血 なぜバイタルが変動した?
バイタル変動 → 瞳孔不同 → 解離性動脈瘤破裂
クモ膜下出血 なぜ麻痺が出現した?
開頭クリッピング術後 → 麻痺出現 → 血管攣縮
クモ膜下出血 予測、予防はできる?
開頭クリッピング術後 → 歩行障害・認知機能低下 → 水頭症
クモ膜下出血 疑ってかからなければ怖い?
開頭クリッピング術後 → 鼻汁がとまらない → 髄液漏 → 頭蓋形成術
脳梗塞 再発リスクと観察ポイント
瞳孔不動・血圧上昇・意識レベル低下→ 再発
-------------------
何が起こった?
問題はどこにあった?
ケアの注意点は?
今後の看護計画はどうする?

~ 16: 20 オペ動画をみてみよう

術中操作を見れば、頭痛・見当識障害・不穏はなぜ起こる?かもわかります。
患者さんが体験していることを理解してケアに活かそう!

質疑応答
なんでも聞いてください!
当日質問用紙を配付いたします。