セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【急変】
重症から軽症まで-あるある24ケースから学ぶ
救急・急変を見抜く!

“阿南の目のつけどころ”教えます

  • “阿南の目のつけどころ”教えます

◇病棟・外来で。具合の悪い患者さんをみたら、私たちナースが「まず」するべきことは?
◆隠れている重症を絶対に見逃さない!キーワードを引き出す質問のコツ
◇バイタルサインの異常は、どう報告する? 伝わらなくっちゃ意味がナイ!

救急患者の身体の中で何が起こっているのか・・・
リクツがわかると目からウロコ! 一歩先を読んで動けるナースになれます!


-*-*- プランナーからのメッセージ -*-*-
  救急病態の患者さんは私たちの周りに意外といるものです。救急外来はもちろんのこと、入院中の患者さんの具合が悪くなった時にも、あわてずに患者さんを「看る目」が欲しいですよね。
 命が危険にさらされている患者、痛みがひどくて我慢できなくなった患者、夜になって不安になった患者、若いご両親が連れてくる発熱の子ども・・・現場では、毎日、患者一人ひとりのドラマが繰り広げられています。大切に子どもを育て見守ると同時に、まだまだ頑張る老夫婦や独居の高齢者が増え、少子高齢化と言われるニッポン。医療人として私たちは、こうした社会を受け止める『大きなナイチンゲールの手』でありたいものです。
 あの時に何が起きていたの? 何かできることはあったの? そんな自問自答を繰り返しているあなた! ぜひ、ここへ足を運んでみてください。「そういうことだったのか~」「それが原因だったのね。」「え! これも同じ病気だったのか。」そんな晴れやかな気持ちで明日からの仕事ができること請け合いです。
 「この病院に来て良かった! ありがとう!」と患者さんが思ってくれたら、日々のつらさがすっと軽くなることでしょう。そうです!それがあなたの背中に「白衣の天使」の翼が着いた瞬間なのです。ほら、もうあなたの背中に小さな翼が見えています。

プランナー・講師
阿南 英明
(藤沢市民病院 診療部長・救命救急センター長)

クチコミ

-*-*- 受講満足度 -*-*-
(2018.6.23 大阪会場) 期待以上 49%  期待どおり 49%  少し期待外れ 0%  期待外れ 0%  無回答 2%
(2018.7.1 東京会場) 期待以上 48%  期待どおり 50%  少し期待外れ 0%  期待外れ 0%  無回答 2%

バイタルサイン・ABCの初期対応の大切さ、異常を早く見つけ動けるナースになること、患者さんの健康を守るため日々の観察が必要だということ、セミナーでポイントをたくさん教えていただき有難うございました。(混合病棟)
1つの主訴、検査、生活背景から色々なことが考えられるんだと改めて思いました。ナースとして一歩先を読むことでDrへの報告の仕方や患者の見るべき症状が分かると感じました。(手術室)
症例だけじゃなく、補液のことから画像のみかたまで、気になっていた疑問がすべて解けました。(総合内科病棟)
救急の現場では何度も体験しているような「あるある事例」をベースに講義をしていただいたので、日常を振り返りながら観察ポイントや治療などを整理していくことができました。TCAサイクルとか、なんであんなに難しく感じたのかと笑ってしまうほど理解できました。(救急)
痛みひとつでも、どのような痛みか、痛みがでる場面、部位などを聞くと、何が考えられるのか絞ることができるので、こちら側の聞き方が重要であると分かりました。(救急部)
ATPの大切さと、バイタルサインの重要性がとてもよくわかった。救急外来での勤務の際は患者さんの第一印象を大切にして、見逃さないことは難しいがキーワードを見つけて疑っていきたいです。(救急病棟)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2019年06月08日(土) クリスタルタワー 20階A会議室 地図 申し込み 受付中
東京 2019年06月23日(日) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 1.どんな患者さんでもまずはコレ。ABCアプローチ

○まずはどこからアプローチする?
○バイタルサインを侮るなかれ
○具合が悪い患者さんを見たら「  」「  」「  」
 ・「  」の答えはセミナーで!
○患者さんへの質問のコツ
 ・ ビミョーな表現の違いを知っておこう
 ・ その症状、急に? ずっと? キーワードを見逃すな!

2.症状ごとに考えてみよう

○どうアプローチする? 
○見落としてはいけないキーワードは? 
○そこから導き出される病態・疾患は?
【意識障害】
・ 意識障害=脳の異常? 決めつけるのはアブナイ!!
・ めまいの患者さんは何を疑う? どう質問する?
【ショック】
・ 知っておきたいqSOFA
・ アナフィラキシー患者さん、なんでアドレナリンを打つの?
【胸 痛】
・ バイタルサインは正常なのに胸が痛い… 何を考える?
・ 採血? 心電図? 検査を味方につけよう!
【腹 痛】
・ 「お腹が痛い」は、幅広い範囲で!
・ 痛みの原因を聞きだすキーワードは、これだ!

★☆目からウロコですっきり理解。合わせて学んでレベルアップ !☆★
・ TCAサイクルがわかると人生バラ色
・ どんな時に輸液をする? 電解質と一緒に掘り下
げて考えてみよう
・ よくわからなくてムズカシイ…高齢患者さんのみかたのコツ
・ こどもへの検査は慎重に。エコーだけでもこんなにわかる!

12: 30 ~ 13: 20 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
3.稀だけど見逃してはいけない症例

・ 一度見たら忘れない・・・なら、セミナーで学んでおこう
・ キーワードに秘密がある
・ 「痛みはあるのに発熱・炎症兆候なし」
 「ABC問題ないのに意識障害」
さて、何を考える?

4.ドクター・先輩ナースへの報告のしかた

○ただ数字を伝えるだけ? バイタルサインの異常は、こう説明すると伝わる!
○腰の重い医師や、先入観のある先輩を動かすには、これだ!

~ 16: 30 5.質疑応答

自由記入の質問用紙を当日配付いたします。
講義への質問、日頃の疑問、ぜ~んぶ解決しちゃいましょう!