セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【新生児】

NICUナースにかかせない検査データと異常時の対応

今回のキーワードは…
血ガス・電解質・骨代謝・栄養・感染・血糖

パワーアップ版
検査データの変化が実際のケースで確認できるからナットク!


-*-*-*- 河井先生からのメッセージ -*-*-*-
 今回は血液検査・尿検査といった「NICUで日々評価される一般検査項目」のよみかたをじっくり学ぶ企画としました。これまでのセミナーで好評だった「血液ガス分析のよみかた」「血糖管理」を軸に、NICUナースに必要なデータのよみかたをわかりやすく解説する事にこだわっています。 
 ひごろ目にしながらも、今一つ意味の分かりにくかった検査値にもスポットを当て、異常値の出るメカニズムを解説します。 
 「えっ! この検査の意味って、こうだったんだ!?」 「これまで、こんな大事な検査値を見過ごしていたのかも!?」 なんて、驚き満載の内容です。
 異常値の出るメカニズムを理解し、その対処法を学ぶことで、あなたのナーシングスキルの向上を図ってください。

プランナー・講師
河井 昌彦
(京都大学医学部附属病院小児科(新生児集中治療部)病院教授)

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2017.12.16 東京会場) -*-*-
期待以上 32%  期待どおり 62%  普通 3%  少し期待外れ 3%  期待外れ 0%

●血ガスデータのアニオンギャップについて、計算方法や異常値が出た時の対応がよくわかった(NICU 1年目)
●これからは、低血糖リスクのある児かどうか、考えて観察していこうと思った。(NIC 6年目)
●NaとKの身体への影響、相関関係がよくわかった。(NICU 1年目)
●血ガスのみかたを学んだので、採血のタイミングを考えるうえで参考になった。(NICU 6年目)
●NICUでどんな処置をしているかわかっていなかったので、NICUの看護・処置を学ぶことができてよかった(産科 1年目)
●電解質異常と病態の関係がわかりやすかった。(NICU 1年目)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
備考 ★★ 大阪会場 日程変更 ★★
講師の都合により、大阪会場の日程が変更となりました。

2019年3月10日(日)
    ↓
2019年3月30日(土)

※会場の変更はありません
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2019年02月23日(土) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 受付中
大阪 2019年03月30日(土) 大阪私学会館 4階 講堂 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 1.NICU血液ガスデータのよみかた
血液ガスデータから児の状態がこんなにわかる!

■イラストでわかる! 酸塩基平衡のキホン
■アニオンギャップってなぁに?
■BE(ベースエクセス)ってホントに重要!?
■実際の症例で、血液ガスのよみかたを理解しよう
-------------------------------------------------------
 NICUで最も重要なものは呼吸管理、呼吸管理で最も重要なものは血液ガスデータ! ということで、血液ガスデータをよめるか? よめないか? は、NICUが楽しいか? 楽しくないか? の分かれ目といっても過言ではありません!? ということで、血液ガスデータのよみかたを徹底的にマスターしましょう!!!

2.NICU血清電解質データのよみかた
明日からは、もう電解質異常なんてこわくない!

■Na値が異常! 何がおこっている? どう対処する?
■K値が異常! 何がキケン? どう対処する?
■実例をとおして、電解質データのよみかたを学ぼう
-------------------------------------------------------
 血清Na,Kの異常値を見た時、どう考えて、どう対処すべきか? 輸液内容はどうしたら良いの? 輸液量はどうすべきなの? 先生は「急いで輸液内容を変更して!」 なんて無茶を言うけど、輸液変更はそんなに急ぐの? 等々、日頃気になっている電解質の悩みを解決します。

昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
3.骨代謝データのよみかた
早産児骨減少症の評価・治療のやりかたを知ろう

知っておきたいNICU骨代謝のキホン
■血液検査値(Ca, Pなど)をどうみる?
■尿検査値(尿中Ca, Pなど)をどうみる?
■こんなX線をみたら一大事!
■正しいビタミンDの使いかたを知ろう!
-------------------------------------------------------
 よく分かりにくいと言われる、早産児骨減少症の評価方法など、「NICUで必要な骨代謝のキホン」について、解説します! これさえ知っていれば、もう悩むことはありません。
 この講義を聞いたら、これまでやっていたことが、きっと・・・怖くなります!

4.栄養指標のよみかた
「炭水化物・蛋白質・脂質」3大栄養素の代謝について学ぼう!

早産児の栄養は、どんな検査値に注意するの?
■ 経静脈栄養中のチェック項目
■BUN, アンモニアなど検査値が示す病態を理解しよう
■アミノ酸・脂質は何故必要? どのくらい必要?
-------------------------------------------------------
 アグレッシブ・ニュートリション(aggressive nutrition)という言葉が広く使われるようになりましたが、実際みなさんの施設ではどんな栄養法を行っているでしょうか?早産児に対する経静脈栄養の基礎を解説します。 早産児の代謝に適した栄養法とは? どんな検査値に注目し、どう対処すべきか? 頭を整理しましょう!

5.感染に関するデータのよみかた
感染症を早期に見つけるために

赤ちゃんを感染から守るには、どんな検査値に注意するの?
■感染を疑う「バイタルサイン」
■CBC, CRPの意義?
■プロカルシトニンってなぁに?
■真菌感染の指標(βDグルカン)ってなぁに?
-------------------------------------------------------
 今も昔も、重症感染症はNICUにおいて難敵の一つです。 それをなるべく早くとらえて、対処するには、検査データのよみかたが重要です。そこで、今回は、日々のケアで注意すべきポイント・感染データのよみかたについて学びましょう!

~ 17: 00 6.血糖管理のポイント 教えます!
どのタイミングで測る?どの値で管理すべきなの?

■異常な血糖値が出た場合の対処はどうするの?
■糖尿病母体児の管理はどうしたらいいの?
■早産児・正期産児の血糖管理のコツ、教えます
-------------------------------------------------------
 低血糖は、周産期に関わるスタッフにとって、最も身近であり、また、最も悩ましい問題です。 
 新生児室・NICUで直面する血糖値にまつわる疑問をスッキリ整理して、実践的な血糖管理法を提案します。