セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【呼吸器】
「患者さん、苦しそうです!」だけの報告から卒業しましょう!
呼吸苦のみかた

やさしイイく解説します!

  • やさしイイく解説します!

こんな時はドクターコール!のタイミングもばっちりお伝えします~!

○どんな病気でも「呼吸の観察」は外せない。アセスメントできるようになる!
○こんなコワイ疾患が隠れてない? 気胸・胸水・肺炎・COPD・喘息

●○●長尾先生からのメッセージ●○●
呼吸器疾患の患者さんは、喘息、COPD、肺炎といったよくある疾患から、気胸のように緊急性の高い疾患までと幅広く、たくさんおられます。それだけではなく、外来に来た、あるいは救急でやって来た患者さんが「呼吸苦」を訴えていることもしばしばあります。
しかし呼吸器内科の医師は全国的に少なく、施設によっては呼吸器内科医が不在、というところも少なくありません。また、呼吸器内科医がいても多忙だったりと、なかなか気軽に「この疾患は経過がどうなるのか?」「どんな特徴的な所見がみられるのか」「どこをどう観察してアセスメントするべきなのか?」といった疑問を直接尋ねることができない…そのような声を本当によく聞きます。
そこで、このセミナーではまず聴診や検査での正常所見はどんなものかを学んでいただきます。その後、呼吸器疾患の基礎知識として、典型的な異常所見(聴診、胸部X線写真、肺機能検査など)を学び、自然と「所見から診断」の流れを身につけていただけるよう構成しています。最後に、症例検討を取り入れ、所見をみながら、その場でいつもみなさんがどうやっているかを思い返していただきます。
現場で医師がどう考えていて、次に飛んでくる指示は何か、看護師として何を報告したらいいか、準備しておくものは何か…どれも、その「行為」を丸暗記するのでは意味がありません(覚えることも、もちろん大事ですが)。その疾患ではどういうことが起こっているのか、基本的な所見はどういうものなのか、それらを理解していただくことで、丸暗記しなくても医師の考えが先取りできるようになるはずです。
呼吸器疾患の患者さんに携わっている看護師はもちろん、呼吸療法認定士を目指している方まで、呼吸器疾患にまつわる正しい知識を勉強しませんか? 講義中に当てたりしませんので、お気軽に参加してください。

プランナー・講師
長尾 大志
(滋賀医科大学呼吸器内科 講師・教育医長)
長尾先生のブログ『やさしイイ呼吸器教室(http://tnagao.sblo.jp/)』が、わかりやすいと大人気!

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2018.11.3 大阪会場) -*-*-
期待以上 36%  期待どおり 61%  少し期待外れ 0%  期待外れ 0%  無回答 3%

〇 病態からどのような検査結果が出るのか(X線画像など)、聴診したらどのような音が聞けるのか、何を準備したら良いのか、つながりました。有難うございました。
(混合病棟 2年目)
〇 知識ほぼゼロの状態で参加しましたが、すごく分かりやすかったです。基礎の呼吸生理が特に分かりやすく、学生時代の復習ができました。
(混合病棟 5年目)
〇 血ガス大嫌いでしたが、今回のセミナーで理解できて嬉しかったです!他の講義内容もとても分かりやすい説明で良かったです。
(精神科病棟 10年目)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2018年12月15日(土) 家の光会館 7階コンベンションホール 地図 申し込み 開催直前

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 1.学びなおしの呼吸生理

「呼吸」を理解するために基礎をおさらいしましょう。
・正常の「肺」「呼吸」を知る
・「低酸素」になるメカニズム
・Ⅰ型呼吸不全とⅡ型呼吸不全

2.正常を知る! 検査値・画像のみかたとアセスメントの基本

ナースが知っておきたい「身体所見」「検査値」「画像」のみかたの基本を伝授します。
それぞれの『正常』を覚えておきましょう。

・身体所見
・血液検査
・動脈血ガス分析 
・X線画像
・肺機能検査

12: 10 ~ 13: 00 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
3.おさえておきたい 異常な症状のとらえ方

よくみる「ちょっとおかしい」所見をとりあげ、
患者さんのからだがどうなっているのか考えてみましょう。

・こんな音が聴こえたら…聴診で異常を見つける
・こんな影があったら…X線画像で異常を見つける
・こんな検査結果が出たら…肺機能検査で異常を見つける

4.こんな患者さん、何に注意する?

実践編。今日学んだことの復習も兼ねて、それぞれの患者さんをみてみましょう。
□19歳 男性。急に生じた咳、呼吸困難、胸痛あり
□70歳代 男性。発熱、息苦しさ、呼吸時の胸の痛みを訴えて来院
□70歳代 男性。発熱と呼吸困難あり来院
□50歳代 女性。術前に喘息があると判明
・準備するもの、心構えは?
・治療は?
・こんな時にはドクターコール!

~ 16: 00 5.質疑応答