セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【摂食・嚥下障害】
摂食嚥下ケアセミナー2019
食べる・飲む・話すことへの評価とサポートの実際

患者さんの生きる喜びはココにある!

対応に困るさまざまな症例から、日々の業務の疑問点を解決します!

-*-*- 熊倉先生からのメッセージ -*-*-
 高齢化の進む中で噛むこと、食べること、飲み込むことの問題を抱える患者さんの数はますます増加しています。
 言語聴覚士の数がようやく2万人を超えたとはいえ、まだまだ不足しているのが現状です。医療機関、福祉施設、在宅などの現場で、摂食嚥下障害の問題は複雑化しており、対応に頭を悩ませている看護職は多いと思います。
看護職として摂食・嚥下障害をどう理解し、評価・訓練を含め、どう対応すべきでしょうか。リハスタッフとの役割分担もチーム医療として重要です。
 今回は、言語聴覚士、歯科衛生士、看護師それぞれの立場から、アプローチの方法を事例紹介を通じて具体的に解説します。明日からの看護業務に役立つヒントを得られるものと確信しております。
 皆様のご参加をお待ちしております。

プランナー・講師
熊倉 勇美
(医療法人社団和風会千里リハビリテーション病院顧問/言語聴覚士)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2019年01月12日(土) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 受付中
京都 2019年01月26日(土) 京都私学会館 地階大会議室 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 10: 20 1.基礎知識
熊倉 勇美
(医療法人社団和風会千里リハビリテーション病院顧問/言語聴覚士)

◇食べる・飲むことの問題
◇コミュニケーションの問題
◇リハチームで取り組むべきこと
どのような「困った」が起こる?看護師とリハスタッフの役割は?

10: 30 ~ 11: 20 2.押さえておきたい口腔ケアの基本
藤原 ゆみ
(特定医療法人万成病院歯科課長/歯科衛生士)

◇唾液の役割:口腔乾燥が引き起こす問題とは
◇誤嚥性肺炎予防に有効
◇口の中を診る方法:口腔アセスメント・義歯の取り扱い
◇一般的口腔ケアと専門的口腔ケアの違い
◇口腔ケア用具の紹介と具体的方法
口腔ケア用具の紹介と具体的な使用法も伝授します!

11: 30 ~ 12: 20 3.症状・状態別 の口腔ケア
藤原 ゆみ

◇口を開けない、口腔ケア拒否などの問題への対応
◇意識障害、認知症などの問題への対応
どこに注意して、どのようにケアする?実際のケア場面の【動画】も交えながら解説します!

12: 20 ~ 13: 10 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
13: 10 ~ 14: 30 4.言語聴覚士(ST)から聴く評価と訓練
~ケアにどう活かす?~
名古 将太郎
(医療法人社団和風会千里リハビリテーション病院セラピー部主任/言語聴覚士)

◇意識障害、認知症などの評価と訓練
◇コミュニケーション障害の評価と訓練
◇STとともに行う摂食嚥下障害の評価、間接訓練と直接訓練
機能訓練のみでは改善しない!
訓練の適応や目的、注意点をしっかり押さえ、病棟でのケアに活かそう。

14: 50 ~ 16: 35 5.看護師の対応
青山 寿昭
(愛知県がんセンター中央病院/摂食・嚥下障害看護認定看護師)

◇気管切開・経管栄養法の問題と対応
◇抜管直後の嚥下評価と観察ポイント
◇覚醒不良や食思低下への対応
◇食事介助とリスク管理
◇摂食嚥下のチームアプローチ
看護師が行う評価・介助を含めいつものケアに取り入れたいちょっとした“コツ”も伝授します!

16: 40 ~ 17: 10 6.質疑応答

自由記述式の質問用紙を会場でお配りいたします。
日頃の業務上の疑問、講義に関する質問、なんでも聞いてください。

<回答者>
熊倉勇美・藤原ゆみ・名古将太郎・青山寿昭