セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【呼吸器】

急性期・術後の呼吸器ケア

やさしイイく解説します

  • やさしイイく解説します

「何かおかしい」「いつもと違う」を、見逃さない!

「なんとなくやっている」「基礎からちゃんと学びたい」「後輩指導するために」
学びの絶好のチャンスです

血ガスの数値をどう読み取る?
人工呼吸のアラームが鳴りやまない! なぜ?
ハイフローシステムのこともっと知りたい!
NPPVの適応は?
ARDS・COPD患者さんの観察ポイントは?
よくある症例をたくさん出します。「こんな時、どうする?」を一緒に考えてみましょう!

★☆★長尾先生からのメッセージ★☆★
 急性期・術後の臨床現場では、酸素投与や人工呼吸管理をしているケースが多くあります。さまざまな疾患、さまざまな状況の患者さんをみていく中で 「今やっていることが正しいのか不安」「根拠がわからない」と悩んでいる方は決して少なくないと思います。ところが、身近に呼吸器内科の専門医がいない、いても多忙で直接じっくり質問をする機会がない、という声を本当によく耳にします。
 もちろんその場での正解をみつけることも大切ですが、それよりも大事なことは、正常の肺ではどのようなことが起こっていて(=呼吸生理)、病気になったらこうなるから、治療をどうするのか…など、その「本質」を理解することではないでしょうか。
 ある場面での正解が別の場面でも正解、とは限らないのが現場です。でも、本質を理解できていれば、現場で起こっていることを自分でアセスメントし、正解を導き出すことができるのです。
 とはいえ、「呼吸生理」と聞いただけで、「苦手…」「避けて通ってきた…」「吐き気がする…(゚ロ゚)」という方は少なくないようです。そのような看護師さんのために、このセミナーは「呼吸」「酸素投与」「人工呼吸」について基礎から理解して頂けるようなプログラムとなっており、いつも「わかりやすかった」「こういう話を聞いたのは初めて」「これまで聞いた中で一番よくわかった」などなど、大変好評をいただいております。
 さらに今回は、現場で起こるさまざまな出来事にセミナーで学んだことを応用できるよう、実際の症例を用いながら「なぜこのようになるのか」「どう対処するのか」を考える問題演習のコーナーを設けました。
 患者さんのもっとも近くで働く看護師さんに正しい知識をもっていただくことが、その施設の医療水準を高めると考えています。多くの方にご参加いただき、ご施設の医療レベル向上に寄与していただきたいと思っています。

プランナー・講師
長尾 大志
(滋賀医科大学呼吸器内科 講師・教育医長)
長尾先生のブログ『やさしイイ呼吸器教室(http://tnagao.sblo.jp/)』が、わかりやすいと大人気!

クチコミ

-*-*- 受講満足度 -*-*-
(2018.5.26 神戸会場) 期待以上 44%  期待どおり 52%  普通 2%  少し期待外れ 0%  期待外れ 0%  無回答 2%
(2018.6.16 東京会場) 期待以上 46%  期待どおり 48%  普通 2%  少し期待外れ 2%  期待外れ 0%  無回答 2%

○血ガスが簡単に解釈でき、先生がおっしゃるとおり血ガスの値を見たくてたまらなくなりました。(ICU・20年目)
○医師が機器の設定を変える時の意味や、変更後にどのような点に気をつけたら良いのかが明確になりました。(ICU・5年目)
○酸素投与はいつも病棟でみていますが、どんな目的で設定をしているのか、まったくわかっていませんでした。今日の講義で「なぜ」の部分がわかり、今後のケアに自信が持てそうです。(内科・4年目)
○オペ後の患者さんにCOPDや喘息など呼吸機能が低い患者さんが多いので、術後の呼吸管理を考える上で、とても勉強になりました。(外科病棟・7年目)
○大切なところを何回も繰り返し強調して解説していただけたので、印象に残りました。きっともう忘れません!(循環器-心外・6年目)
○呼吸のことは呼吸で、代謝のことは代謝で・・・は、なるほどー! と思いました。(ICU・7年目)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2019年06月01日(土) クリスタルタワー 20階A会議室 地図 申し込み 受付中
東京 2019年06月22日(土) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 1.学びなおしの呼吸生理
~「こーゆー話って苦手…(汗)」という人にこそ聞いてほしい~

○肺の構造と呼吸のシステム
○酸素と二酸化炭素を決める要素の違い
○Ⅰ型呼吸不全とⅡ型呼吸不全
○動脈血ガス分析の基礎知識
○さくさく読めちゃう! 血ガス問題演習

2.ハイフローシステムによる酸素投与
~「今」の投与法を押さえておきましょう~

○そもそも「ハイフロー」ってどういう意味?
○なぜ「ハイフロー」を使うのか?
○いろいろなハイフローシステムの原理と適応
 ベンチュリー・インスピロン・ネーザルハイフロー

12: 10 ~ 13: 00 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
3.人工呼吸管理
~「理想的な呼吸」がわかると、人工呼吸のこともわかります~

○人工呼吸の導入基準
○NPPVのメリット・デメリット
○人工呼吸がやっていること~普通の呼吸との違いは?
○合併症と見るべきポイント
○緊急事態への対応
○人工呼吸の基本設定
○PEEP・PSとは?
○ウィーニングについて
○アラームに強くなる!

4.ARDS ・ COPD 急性期呼吸管理の実際
~症例をみながら一緒に考えてみましょう。何を考えて、どう動くかが見えてきます~

【ARDS】酸素投与は? ハイフローは? 挿管するの? モニターはどこを見る? アラームが鳴った! 設定が変わった! 何を観察する? ウイーニングは?
【COPD】酸素マスク5Lでいいの? NPPV導入の目安は? 挿管するの? ARDSとの違いは? アラームが鳴った! 設定が変わった! 何を観察する?

~ 16: 30 5.質疑応答

疑問点はすべて解消してください!
(質問用紙を当日配付いたします)