セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【循環器】

心電図と解剖生理から作用機序を解き明かす不整脈治療 2017
「抗不整脈薬」「アブレーション」

~最新の心房細動・脳卒中ガイドラインに沿ったプログラム~

Dr.栗田が疑問を解き明かします!

  • Dr.栗田が疑問を解き明かします!

累計6,700人突破!!
先パイも受講したDr.栗田のセミナー

栗田先生からのメッセージ

●不整脈を治療するのになぜAさんはNaチャネル遮断薬で、BさんはKチャネル遮断薬を使用したの?
●静注薬で発作停止したら同じ薬剤で予防するの?
●抗不整脈薬ってなぜこんなにたくさん種類があって、どう使い分けているの?
病棟でこんな疑問を感じたことはありませんか。

 同じ心房細動でも、さまざまな原因、誘因があり、それぞれ薬剤などの治療法が異なります。解剖や病態生理を把握していないと、治療薬の選択ができないばかりか、作用機序を理解することもできません。

 抗不整脈薬についてもっと詳しく知りたいという多くのご要望にお答えして、好評いただいている循環器治療薬セミナーを、2014年から不整脈治療セミナーとして独立してお届けすることになりました。不整脈の解剖、病態生理を解説したうえで、どんなときに、どのくらいの容量で、どんな作用機序で、どんなことを期待して抗不整脈薬が選択され、どこをアブレーションするのか、不整脈治療を総合的に解き明かしていきます。

 ぜひこのセミナーの参加により日頃の疑問を解決して、不整脈へのアレルギーを解消していただければと思います。ただし面白さに驚いて脈を乱さないように気を付けて受講してください。

プランナー・講師
栗田 康生
(国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター准教授)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
3~5名 17,000円(1名分)
6名~ 16,000円(1名分)
備考 アブレーション機器展示あり
セント・ジュード・メディカル(株)(予定)

★お願い★
3色ボールペンをご持参ください

○○ 栗田先生の「解き明かす」シリーズ 他セミナーはこちら ○○
「高血圧」「虚血」「心不全」治療薬
「12誘導心電図波形のよみ方」
「ペースメーカ」「CRT」「ICD」
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2017年12月23日(土) 大阪私学会館 4階 講堂 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 1.不整脈総論

■不整脈の解剖
 「心拍数と脈拍数の違いは?」  「正常な刺激の伝導って?」
 など不整脈の全体像を把握します。
■不整脈の誘因と機序
 「心機能に問題がないから手術をしたのに、なぜ術後に不整脈?」
 「昇圧剤使用中に不整脈が発生したら?」
 など誘因を考えて周術期の観察ポイントをおさえます。
■抗不整脈薬の各論
 「活動電位と電流って?」
 「抗不整脈薬はどの電位、電流に関与するの?」
 「抗不整脈薬はどうやって使い分けるの?」
 「心室性不整脈に対する薬剤は心房には効かないの?」
 「心房細動治療中により速い心室レートの心房粗動に変化、かえって悪化?」
 など作用機序を理解して抗不整脈薬の疑問を解消しましょう。

2.EPSアブレーション総論

■アブレーション総論
 「アブレーションカテーテルってどんなもの?」
 「どのように焼灼するの?」  「病棟での事前の準備は?」
 などアブレーションの全体像をとらえます。

3.心房粗細動の診断と治療-1:抗凝固療法と心拍数調節

■抗凝固療法
 「ワルファリンで本当に心房内血栓は溶けるの?」
 「トロンビン阻害薬ってなに? Xa阻害薬ってどんな作用?」
 「抗凝固薬って術前いつごろ中止して、術後いつから再開するの?」
 など最近種類の増えた抗凝固療法を紹介します。
■心房細動の心拍数調節
 「ジギタリス製剤はどうして日中の心拍数を下げられないの?」
 「心房細動のレートコントロールの方法は?」
 など心拍数の調節方法を理解します。

4.心房粗細動の診断と治療−2:除細動と洞調律維持

■除細動と洞調律維持
 「どうやって洞調律に戻すの?」
 「洞調律に戻せた薬剤なら必ず洞調律を維持できるの?」
 「基礎心疾患によっても治療が異なるの?」
 「心房細動のアブレーションにどうして肺静脈が関係するの?」
 「ケント束は1回で焼灼できても、心房粗動のアブレーションは1回では無理?」
 など心房粗細動自体の治療を考えてみます。

5.上室頻拍の診断と治療

■頻拍の心電図診断
 「上室性と心室性はどうやって鑑別するの?」
 「副伝導路って房室結節の二重伝導路とどう違うの?」
 「心室頻拍よりも偽性心室頻拍の方が心室細動になりやすい?」
 など上室性頻拍の特徴をおさえます。
■上室性頻拍の治療
 「WPW症候群では絶対にジギタリスはダメなの?」
 「頻拍発作時に血圧低下! ワソラン®使って大丈夫?」
 「心内電位からどうやってアブレーション部位を探すの?」
 など発作性上室性頻拍への投薬、アブレーション治療を理解します。

6.心室性不整脈の診断と治療

■心室性不整脈の診断
 「右室起源と左室起源をどうやって鑑別するの?」
 「基礎心疾患によって機序が違うの?」
 など心電図の特徴をおさえます。
■心室性不整脈の治療
 「Naチャネル遮断薬とKチャネル遮断薬は
  作用の仕方が違うの?」
 「リドカインは時代遅れ?」
 「基礎心疾患がある心室頻拍と
  特発性心室頻拍って治療薬が異なるの?」
 「期外収縮を予防するのも抗不整脈薬?」
 「心室頻拍のアブレーション部位はどこ?」
 など心電図の読みから治療方法の違いを理解します。
☆講義中に当てたりしませんので、練習問題を一緒に考えましょう。

7.徐拍の心電図と対応、症例検討から効果、副作用を解き明かす

■徐拍の心電図
 「どうして心拍が遅くなるの?」  「電気生理検査では何をみているの?」
 など電気生理に基づいて徐拍について学びます。
■徐拍への対応
 「急な徐拍! 経皮ペーシング以外に対処法はあるの?」
 「慢性的な徐拍 ペースメーカ植込みまでの内服薬は?」
 など徐拍への対応をおさえます。
■症例による抗不整脈薬の使い分け
 「抗不整脈薬投与中のQRS、QT変化は?」
 「γ(ガンマ)計算ってどうやるの?」
 など投与量を把握し、実際に薬剤選択の演習をしてみましょう。
■抗不整脈薬の効果と副作用の観察ポイント
 「心室頻拍を治療中に別な種類の心室頻拍が出現、どう対処?」
 「QT延長ってそんなに起こるの?」
 など抗不整脈薬使用中の
 観察ポイントをおさえます。