M081705
5/8

no. 85手術で最も重要なことは,いかにストーリーを考えるかということです.悪性脳腫瘍の診療では再発や緩和ケアも見据えつつ,患者さんのライフスタイルや気持ちをよく理解して,一緒に考える必要があります.私は時には患者さんに終末期の話もして,「考え方を変えて,今できることをしていこう」と語りかけます.恐怖や悩みを抱える患者さんへの想像力を働かせて,患者さんからの信頼を得たうえで,治療やケアをコーディネートすることが重要です.(成田善孝)聞き手九州大学大学院医学研究院脳神経外科講師Koji YOSHIMOTO吉本幸司撮影:新本真太郎(スタジオサラ)成田善孝先生の横顔JCOGでの臨床試験や国内の治験,脳腫瘍全国集計調査を牽引し,悪性脳腫瘍治療研究をリード.1国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科にて,診療したグリオーマ患者はこれまで約800人.2第37回日本脳神経外科コングレス総会(2017年)会長.3脳神経外科速報 vol.27 no.5 2017.5. 445

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る