T170460
8/10

●Q1 & ●Q2●呼吸療法の歴史(表1、2)1930~1950年にかけてのポリオの流行に対して、鉄の肺(陰圧式人工呼吸器)が使用されました。しかし、鉄の肺よりもカフ付き気管チューブ挿入下の用手陽圧換気の救命率が良かったため、1960年以降、陽圧式人工呼吸器が普及しました。表1:‌呼吸療法の歴史(次の重要な出来事の年代を覚える)1744年口対口人工呼吸の施行1871年カフ付き気管切開チューブの開発1880年経口気管挿管による麻酔1929年タンクベンチレータ(鉄の肺)の作成1953年手動式陽圧人工呼吸装置の開発1954年従量式(量規定式)人工呼吸器の市販1965年高気圧酸素療法の実施1967年成人呼吸促迫症候群(ARDS)の提唱1971年間欠的強制換気の導入1981年カプノメータの臨床使用1983年パルスオキシメータの臨床使用1985年在宅酸素療法の保険適用1990年在宅人工呼吸療法の保険適用表2:‌呼吸療法に関連する法律の施行(次の代表的な法律の年代を覚える)1897年伝染病予防法1951年結核予防法1989年エイズ予防法1995年製造物責任(PL)法1997年介護保険法1999年感染症法2003年個人情報保護法2007年結核予防法を包含した感染症法●Q3●呼吸療法の現状1985年に在宅酸素療法が、1990年に在宅人工呼吸療法が保険適用となり、在宅での呼吸療法が積極的に行われています。1990年頃より用いられた非侵襲的陽圧換気(noninvasive positive pressure ventilation;NPPV)の普及もその要因の一つです。2010(平成22)年の死亡数順位は、1位は悪性新生物、2位は心疾患、3位は脳血管疾患、4位は肺炎でしたが、2011(平成23)年に肺炎が3位、脳血管疾患が4位となりました。平成27年死亡数順位【1位】悪性新生物【2位】心疾患【3位】肺炎【4位】脳血管疾患【5位】老衰(厚生労働省平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況より)で覚えてね+α解説16 * 呼吸器ケア 別冊

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る