Vascular Labのお知らせ

2016年09月01日

バックナンバー 『Vascular Lab』メールマガジン《28号》

■■■「Vascular Lab」メールマガジン■■■ 
            ★☆★28号★☆★
            毎月1回1日発行
              ∞監修∞
   松尾 汎(医療法人松尾クリニック・松尾血管超音波研究室)


■────────────────────────────────────────■
■□  達人が教える今月のとっておきテクニック
□■  「血管疾患も身体所見でここまでわかる②耳よりな話
■□   踵を見る!」
□■  ∞講師 九州大学医学研究院病態修復内科(第一内科)
■□    循環器研究室(心臓血管グループ)/小田代 敬太∞
■────────────────────────────────────────■
脈管診療の現況やテクニックなどを紹介するメインコーナーです。
毎回、この道のスペシャリストが仕事中の脳内を大公開! お見逃しなく♪

                
 靴を脱いでもらい、踵を見て触ってみてください!
 硬くて太いアキレス腱は要注意です。
 家族性高コレステロール血症(familial hypercholesterolemia:FH)は常染色体優性遺伝形
式をとる遺伝性疾患です。わが国では500人に1人以上、25万人以上と推定されていますが、
かなり見逃されているのが現状です。
 出生時より高LDLコレステロール血症が出現し、早発性粥状動脈硬化症による冠動脈疾患を男
性では40歳以降、女性では50歳以降に発症します。男性では20代30代の心筋梗塞も経験しま
す。腹部大動脈瘤の合併も多く26%に合併します。
 診断は、まずは腱黄色腫(アキレス腱肥厚や手背・肘・膝などの黄色腫)と早発性冠動脈疾患
の家族歴(2親等以内)で疑うことです。採血でLDLコレステロールが180mg/dL以上あればほ
ぼ診断確定となります。
 アキレス腱肥厚は視診も大事ですが、触診が非常に重要で、正常と比較して硬く肥厚したアキ
レス腱が触知できるのが特徴です。
 webは30代で心筋梗塞を発症し、以後心筋梗塞を数回繰り返している患者の踵です。

■────────────────────────────────────────■
■□  達人久保田のバスキュラーラボ立ち上げ日記
□■ ∞北播磨総合医療センター 中央検査室/久保田義則∞
■────────────────────────────────────────■

★☆新しい門出の頃☆★
 やっと暖かい日が多くなってきたこの頃です。2年ぶりの中学生帰還もあたたかい話題ですね。
当センターにもCVT1名、超音波検査士2名の追加が嬉しい限りです。今回はパワーポイントに
関する問い合わせのあった事柄を解説してみます。
 Q.動画ファイルから患者属性を消したいのですがどうしたらいいですか?
 A.パワーポイントを使いましょう!
 ①パワーポイントに動画を挿入し、②不要な部分をトリミングします。背景が余る場合は、背
景の書式設定で背景を真っ黒にすると自然な仕上がりとなります。③パワーポイントでプレゼン
のときにはこのままで充分ですが、このままだとトリミングを外すと患者属性を見ることができ
ます。そこで、④名前をつけて保存、⑤ファイルの属性のところをPowerPointプレゼンテーシ
ョン→Windows Media Videoに変更し名前をつけて保存します。この方法を使うと外に持ち出し
ても患者属性を見ることはできません。また、解説文字なども自由に載せることができます。パ
ラパラ漫画の要領でコマ送りイラストを作成すれば、同様の方法でアニメーション動画も作れま
す。より説得力のあるプレゼン作成のために大いに活用ください。

■────────────────────────────────────────■
■□  Vascularゼミナール
□■ ∞出題者 九州大学医学研究院病態修復内科(第一内科)
■□  循環器研究室(心臓血管グループ)/小田代 敬太∞
■────────────────────────────────────────■
CVT-JSUM-JANのためのVascular Lab人気の認定試験対策コーナーです。
これで試験に受かること間違いなし! しっかり勉強しましょう。

【問題1】正しいのはどれか。
a 下肢の重症虚血肢は血行再建術の適応はない。
b 膝窩動脈外膜嚢腫はまず血管内治療を考慮する。
c 動脈硬化による浅大腿動脈完全閉塞患者でFontaine Ⅱaの間歇性跛行を訴え、ABIが0.8
  の場合、まず、薬物療法と運動療法を考慮する。
d  TASCのガイドラインではD型病変は血管内治療に適した病変である。
e 膝窩動脈捕捉症候群は、まずは運動療法を考慮する。

【問題2】下肢PADの治療に関して誤っているのはどれか。
a 血管内治療に用いるステントにはバルーン拡張型と自己拡張型がある。
b 間歇性跛行患者では、ABIの値と治療方針は関係ない。
c Fontaine Ⅱaの間欠性跛行患者で、ABIが0.7で浅大腿動脈が完全閉塞である場合、血
  行再建術が必要である。
d 血管内治療の合併症の一つに仮性動脈瘤がある。
e  Leriche症候群は血行再建術の適応である。

↓↓↓↓↓↓↓↓答えは本文最後のほうにあります!↓↓↓↓↓↓↓↓

■────────────────────────────────────────■
■□  学会めし 4食目
□■ ∞推薦者 関西電力病院 臨床検査部 技師長/
       神戸大学医学部保健学科 臨地教授/佐藤 洋
■────────────────────────────────────────■
学会場の近くや、出張時の主要駅周辺などのおすすめの食事を紹介するコーナーです。本コーナ
ーはどなたでも参加できますので、ぜひ情報をお寄せください!ご連絡はvascular@medica.co.jpまで。


最寄り空港:大阪国際空港
店名:かつくら大阪国際空港店
住所:大阪府豊中市蛍池西町3丁目555番地 大阪国際空港ターミナルビル中央2F
(大阪国際空港ターミナルビル内)
ジャンル:とんかつ
推薦者お勧めメニュー:とんかつ膳 160g/1,500円 ヒレかつ膳 120g/1,560円
お勧めポイント:関西に飛行機で出張、もしくは関西から飛行機で出張という方の関西の玄関口
は大阪国際空港。そこでかなり高い確率で行くのがここ「かつくら」です。南北ターミナルの中
間(2階)にあります。空港内で食事といえば、明るい照明のところが多いですが、ここはかな
り落ち着いた雰囲気で私は好きです。カツは、サクサクとした食感で肉はやわらか、さらにうれ
しいのは、お櫃に入った麦ごはん、味噌汁、キャベツがおかわり自由です。大食いにはたまりま
せんが、カツの大きさも選べるので小食の方でもお勧めです。 
 一度、搭乗前に昼ご飯を、、、、と入ったら師匠 松尾汎先生が先に食事されていてびっくり。
 また今回の記事を書いていたら、編集部の渡邊さんも贔屓にされているとのこと、身近で好き
な人が何人もいるのも推薦の理由。本店は、京都河原町三条上ル、また京都駅ビル、梅田茶屋町
にも支店があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼▼Vascularゼミナールの解答▼▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今月の問題、皆さんわかりましたか?

【問題1】答え c
 重症虚血肢は、救肢のための血行再建ができないかどうかを考慮する。
 膝窩動脈外膜嚢腫は、血管の外膜に嚢胞ができて血管内腔を圧排する。重症例では血管バイパ
ス術を考慮する。
 間歇性跛行の治療は、まずは薬物と運動療法である。
 TASCガイドラインのA型病変は血管内治療に適し、D型病変はバイパス手術に適する。
 膝窩動脈捕捉症候群は、膝窩動脈が腓腹筋間を走行する際、筋肉に圧迫されて狭窄や閉塞をき
たす疾患である。重症例では手術を考慮する。

【問題2】答え c
 血管内治療に用いるステントには、バルーン拡張型と自己拡張型がある。
 間歇性跛行患者では、ABIの値は治療方針には関係なく、歩行距離が重要である。薬物と運動
療法で症状が悪化する場合には、血行再建術を考慮する。
 血管内治療の際、穿刺部合併症には仮性動脈瘤と動静脈瘻がある。
 Leriche症候群は腹部大動脈分岐部閉塞症であり、両下肢の間歇性跛行と性機能障害をきたす。
血行再建術が有用である。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 
▼とっておきのVascular Lab新刊案内
▼  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『Vascular Lab別冊 脈管専門医・血管診療技師・脳神経超音波検査士認定試験合格サポー
トBOOK! 保存版! 血管診療図解テキスト』(医療法人松尾クリニック 理事長/松尾血管超
音波研究室 室長 松尾 汎 監修)
 脈管診療に携わる各領域のエキスパートが、基本をしっかりと押さえて執筆。超音波を中心に
検査、診断、治療までわかりやすく解説したこの一冊は、認定試験対策はもちろん、日々の診療
に役立つ。さらに基本の超音波画像の動画と解説付きで、テクニックがパワーアップ!
ご購入されたい場合はこちら→http://f.msgs.jp/r/c.do?eMG_iU_BV_rqy



°。°。°。°。°。°。°。メールマガジンを購読いただくみなさまへ°。°。°。°。°。°。°。
 このマガジンでは皆さまからのご意見・ご相談・ご感想を受け付けています。どうぞお気軽に
ご投稿ください。e-mailでの個別でのご返答は原則いたしませんのでご了承下さい。このメル
マガが気に入ったら、お知り合いに勧めていただけるとうれしいです。転送は自由です。
 残念ながら登録解除したいという方はこちらから
http://f.msgs.jp/r/c.do?eMP_iU_BV_rqy
°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。

(発行人 記)

******************************************************************************
 マガジン名:Vascular Lab
 発行:毎月1回1日
 発行責任者:渡邊亜希子・柚木尚登
 発行元:メディカ出版
 関連URL:http://f.msgs.jp/r/c.do?eME_iU_BV_rqy
 e-mail:vascular@medica.co.jp
 ※無断転載を禁ず
 本メールマガジンに掲載する著作物の複製権・翻訳権・翻案権・上映権・譲渡権・公衆送信権
(送信可能化権を含む)は株式会社メディカ出版が保有します。
*******************************************************************************