Vascular Labのお知らせ

2016年09月01日

バックナンバー 『Vascular Lab』メールマガジン《25号》

■■■「Vascular Lab」メールマガジン■■■ 
            ★☆★25号★☆★
            毎月1回1日発行
              ∞監修∞
   松尾 汎(医療法人松尾クリニック・松尾血管超音波研究室)



■───────────────────────────────■
■□   達人が教える今月のとっておきテクニック
□■   「血管疾患も身体所見でここまでわかる①耳よりな話
■□ ~耳たぶの皺は動脈硬化のサイン!~」
□■  ∞講師 九州大学医学研究院病態修復内科(第一内科)
■□ 循環器研究室(心臓血管グループ)/小田代 敬太∞
■───────────────────────────────■
脈管診療の現況やテクニックなどを紹介するメインコーナーです。
毎回、この道のスペシャリストが仕事中の脳内を大公開! お見逃しなく♪

http://f.msgs.jp/r/c.do?dDB_iU_z5_rqy
             をクリックすると関連画像・動画が見られます。
                 
 耳たぶを後下方に走行する深い皺(web)はdiagonal ear lobe crease(Frank徴候)
と呼ばれています。1973年にSanders T.Frankにより冠動脈疾患との関連が初めて報
告されました(文献1)。感度51.3%、特異度84.8%、陽性的中率89.4%、陰性的中率
41.2%との報告もあります(文献2)。頸動脈の内膜中膜厚(IMT)との関連の報告もあ
ります(文献3)。さらには虚血性脳血管障害との関連の報告もありますので、耳たぶ
の皺は冠動脈疾患と脳血管疾患と関連があるわけです。粥状硬化性疾患における耳た
ぶの皺の詳細な病因は十分にはわかっていません。
 エコーを当てる前に、耳たぶを見ることは役に立ちます!

1)Frank, ST. Aural sign of coronary-artery disease. N Engl J Med. 289(6),
1973, 327-8.
2)Everngul, H. et al. Bilateral diagonal earlobe crease and coronary artery
disease:a significant association. Dermatology. 209(4), 2004, 271-5.
3)Shrestha, I. et al. Diagonal ear-lobe crease is correlated with
atherosclerotic changes in carotid arteries. Circ J. 73(10), 2009, 1945-9.


■───────────────────────────────■
■□  達人久保田のバスキュラーラボ立ち上げ日記
□■  ∞北播磨総合医療センター 中央検査室/久保田義則∞
■───────────────────────────────■
国立循環器病研究センターから、バスキュラーラボを立ち上げるため北播磨総合医療セン
ターに大異動! ここではバスキュラーラボ立ち上げに向けて日々邁進する久保田先生の
日記を大公開します。久保田先生と一緒にバスキュラーラボを立ち上げませんか??

★☆街中はクリスマス・カラーの頃☆★
 テロや大規模なリストラなど、浮かれてはいられない方も多い年の瀬ですが、自分
のできることを頑張るしかないと思っています。われわれも技術で医療に貢献してい
る職種であり、ドラマ『下町ロケット』の佃航平が吠えたように、「技術は嘘をつかない!」
には共感しました。過日、医療法人社団それいゆ会こだま病院の岡島年也先生がABI測
定のあれこれを体験する勉強会を開催し、参加してきました。さまざまな状況下で血
圧測定の精度がどのように変化するのか実体験でき、参加者全員が多くの知見を得る
ことができました。近日「血管疾患をともに考える会」にその模様が紹介されるはずで
す。われわれの研究会でも取り上げておくべきテーマと考えています。今年もできる
限り多くの方々に必要な情報を広めたいと再度決意いたしました。

■───────────────────────────────■
■□  Vascularゼミナール
□■ ∞出題者 九州大学医学研究院病態修復内科(第一内科)
■□ 循環器研究室(心臓血管グループ)/小田代 敬太∞
■───────────────────────────────■
CVT-JSUM-JANのためのVascular Lab人気の認定試験対策コーナーです。
これで試験に受かること間違いなし! しっかり勉強しましょう。

【問題1】下肢虚血の原因とならない疾患はどれか、1つ選べ。
a 膝窩動脈捕捉症候群
b 膝窩動脈外膜嚢腫
c May-Thurner症候群
d 閉塞性血栓性動脈炎
e 遺残坐骨動脈

【問題2】下肢虚血を必発とする疾患はどれか、1つ選べ。
a Budd-Chiari症候群
b Marfan症候群
c Klippel-Trenaunay症候群
d Leriche症候群
e Ehlers-Danlos症候群

↓↓↓↓↓↓↓↓答えは本文最後のほうにあります!↓↓↓↓↓↓↓↓

■───────────────────────────────■
■□  新連載 学会めし
□■ ∞推薦者 関西電力病院 臨床検査部 技師長/
       神戸大学医学部保健学科 臨地教授/佐藤 洋
■───────────────────────────────■
学会場の近くや、出張時の主要駅周辺などのおすすめの食事を紹介する新企画です。
推薦者のこだわりのお店を連載していきます♪

最寄り学会場:大阪国際会議場
店名:烈志笑魚油 麺香房 三く
住所:大阪府大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス1F
(学会場より北東方向へ。徒歩10分)
ジャンル:ラーメン
推薦者お勧めメニュー:つけ麺 道産麺 800円(300g)/かけラーメン(800円)
お勧めポイント:大阪のラーメン激戦区福島にて、テレビ雑誌などで絶賛され、行列
の絶えない店として有名店にして、関西電力病院から一番近いラーメン屋さん。店名
三く は、thank youが語源です。イベント用の看板やステッカーのデザインを私が
したり、学会開催時に貸し切り営業してもらったりと、店主の山本さんとは大の仲良
しです。魚介系スープにはいろいろな種類があって、スープごとに麺が異なります。
かけラーメン、つけ麺、黒壺、白壺、魚三などいろいろあり、さらに季節限定、1日
限りのスペシャル麺などあり、悩んでしまいます。何度行っても飽きません。つけ麺
の麺の量は200~600g(茹でる前の重さ)まで選べます。スタッフの法被の背には大
きく“感謝”。食材やお店にかかわるすべてのモノ、ヒトに対する気持ちが“感謝”の
2文字となって素晴らしい接客態度にも表れています。私は、“つけ麺”、うどんのよう
に太い“全粒粉”を“湯だめ”状態でいただくのが大好きです。


*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪**♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪**♪*♪*♪*♪*♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼▼Vascularゼミナールの解答▼▼       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今月の問題、皆さんわかりましたか?

【問題1】答え c
 膝窩動脈捕捉症候群は膝窩動脈が腓腹筋間を走行する際、筋肉に圧迫されて狭窄
や閉塞をきたす疾患である。
 膝窩動脈外膜嚢腫は血管の外膜に嚢胞ができて血管内腔を圧排する。
 May-Thurner症候群は左腸骨静脈圧迫症候群で、動脈狭窄とは関係ない。
 遺残坐骨動脈は動脈瘤や血栓症を合併しやすく、下肢虚血の原因になる。

【問題2】答え d
 Budd-Chiari症候群は下大静脈や肝静脈の閉塞による。
 Marfan症候群は心血管系、骨、眼球異常をきたす先天性結合織異常疾患である。
 Klippel-Trenaunay症候群は皮膚血管腫、下肢静脈瘤、下肢骨、軟部組織の過形成を
認める症候群で、動脈狭窄とは関係ない。
 Leriche症候群は腹部大動脈分岐部閉塞症であり、両下肢の間歇性跛行と性機能障害
をきたす。
 Ehlers-Danlos症候群は遺伝性の結合織異常で皮膚の過弾性、関節過伸展性を特徴と
する。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 
▼とっておきのVascular Lab新刊案内
▼  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『Vascular Lab別冊 脈管専門医・血管診療技師・脳神経超音波検査士認定試
験合格サポートBOOK! 保存版! 血管診療図解テキスト』(医療法人松尾クリ
ニック 理事長/松尾血管超音波研究室 室長 松尾 汎 監修)
 脈管診療に携わる各領域のエキスパートが、基本をしっかりと押さえて執筆。
超音波を中心に検査、診断、治療までわかりやすく解説したこの一冊は、認定試
験対策はもちろん、日々の診療に役立つ。さらに基本の超音波画像の動画と解説
付きで、テクニックがパワーアップ!
ご購入されたい場合はこちら→http://f.msgs.jp/r/c.do?dDD_iU_z5_rqy


 ここまで読んでいただきありがとうございました。ではまた次号をお楽しみに!

°。°。°。°。°。°。°。メールマガジンを購読いただくみなさまへ°。°。°。°。°。°。°。
 このマガジンでは皆さまからのご意見・ご相談・ご感想を受け付けています。どうぞお
気軽にご投稿ください。e-mailでの個別でのご返答は原則いたしませんのでご了承下さい。

 このメルマガが気に入ったら、お知り合いに勧めていただけるとうれしいです。転送は
自由です。
 残念ながら登録解除したいという方はこちらから
http://f.msgs.jp/r/c.do?dDM_iU_z5_rqy
°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。

(発行人 記)

******************************************************************************
 マガジン名:Vascular Lab
 発行:毎月1回1日
 発行責任者:渡邊亜希子・柚木尚登
 発行元:メディカ出版
 関連URL:http://f.msgs.jp/r/c.do?dDB_iU_z5_rqy
 e-mail:vascular@medica.co.jp
 ※無断転載を禁ず
 本メールマガジンに掲載する著作物の複製権・翻訳権・翻案権・上映権・譲渡権
 ・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社メディカ出版が保有します。
*******************************************************************************