ご利用・登録は無料です!メディカパスポート
はじめての方へ
新規ご登録
メディカパスポートって?
すでにお持ちの方は
ログイン
ヨメディカ
専門誌記事検索

新米栄養士ペコとナナコのもっと発見!世界のおもしろ食べものことわざ

2017年05月24日
一桃腐りて百桃損ず(日本)

ナナコ
今度のレクリエーションで出題するクイズを考えているのですが、よい問題が思い浮かびません。
何かよいアイデアがあれば教えていただけませんか?
二人一組で思いつく答えを書いてもらい、正解数の多かったペアが優勝です。


ペコ
うーん、そうね……。
ことわざや四字熟語はどうかしら?
お題は、色、野菜、数字など、身近で思いつきやすそうなものがよいわね。


ナナコ
それはよいですね!
みなさんはすごくもの知りなので、たくさん知っていらっしゃるでしょうね。
おもしろい答えもたくさん出てきそうです。
どのような問題がよいと思いますか?


看護師
ことわざや四字熟語は、考えやすくてよいと思います。
旬のくだものをお題にするのもよいですね。


ペコ
すいか、いちごなどのことわざはあるのかしら。
あったとしても、むずかしそうですね。
でも、梨や栗、桃あたりは、いくつか思いつきそうです。


看護師
「梨のつぶて」「火中の栗を拾う」「驚き桃の木山椒の木」……。

ペコ
「桃栗三年柿八年」や「一桃腐りて百桃損ず」だと、くだものも数字も含まれていますね。

看護師
前者は、種が芽生えて実がなるまでに、桃と栗は三年、柿は八年かかることから
何事も成果を得るにはそれ相応の年数が必要だということですよね。


ペコ
そのとおりです。
後者は、一つの悪事が次々と広範囲にわたり悪影響をおよぼす、悪事はすぐに広まることのたとえです。
一つの桃が腐ると、まわりの桃まで腐らせてだめにすることが由来ですね。


ナナコ
日本のことわざですか?

ペコ
そうよ。
でも同意のことわざは、各国にもきっとあるでしょうね。

豆知識

悪事はすぐに広まる?

「一桃腐りて百桃損ず」という日本のことわざの意味をご存じでしょうか。
これは、一つの桃が腐るとまわりの桃まで腐らせてだめにすることから、
一つの悪事が次々と広範囲にわたり悪影響をおよぼす、悪事はすぐに広まることのたとえです。
類句は「一果腐りて万果損ず」です。

ちなみに桃には、水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれます。
コレステロールを減らし、血圧を下げ、便秘を解消するのに役立ちます。
そのほか、動脈硬化、食欲不振、二日酔い、美肌などにも効果が期待されます。
また葉には鎮静作用のあるグリコシド、花には利尿作用のあるケンフェロールを含むなど、
桃は花、葉、実のすべてに薬効があります。

他国には、「一桃腐りて百桃損ず」と同じような意味で以下のようなことわざがあります。
●「腐ったりんごは隣のりんごを腐らせる」(イギリス)
●「腐った梨一個で籠全体の梨が腐る」(ドイツ)
●「一匹の魚が籠全体を腐らせる」(タイ)

悲しいことに、よいできごとや情報よりも、悪いことのほうが早く広まるように思われます。
そのような傾向もあり、人々に教訓として知らせるため、
このようなマイナスの意味のことわざが多く存在するのかもしれませんね。



●参考文献
1)西谷裕子.たべものことわざ辞典.東京,東京堂出版,2005,352p.
2)池上保子.改訂新版おいしいクスリ食べもの栄養事典.東京,日本文芸社,2005,255p.