BRAIN NURSINGのお知らせ

2019年10月30日

多角的な視点をもちたい

こんにちは。編集部です。
編集部だよりの第三回です。

今回はリレーション内の連載
「じっくり考えたいケアに悩んだケースとその対応」を
ご紹介します。
日々のケアで悩んだ事例に対して
どのようにアプローチしたのかを解説いただくこの連載は
2017年からはじまり、今年で3年目を迎えました(パチパチパチパチ)!

10月号の「ケアに悩んだケース」は
重症の脳梗塞患者さんの急性期病院でのリハビリと
家族介入がテーマです。

家族は回復への期待が強かったのですが
患者さんはADLの拡大が困難で……。

事例をもとに「ここが悩んだ!」「解決に向けてこう考えた!」「実際の経過」の
3部構成でご紹介いただく本連載は、
現場でケアや介入方法に悩んだときのヒントになると好評です。

本連載の制作を通じて
「患者さん・家族の介入方法を
色々な角度から考える看護師さんたちはすごいなあ」と
いつも感銘を受けます。

困難なことにぶつかったときに
多角的な視点から今自分に何ができるか
考えられるような人間でありたいなと思います。

ではでは(≧◇≦)

編集部S