商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

Emer-Log(エマログ) 年間購読
チームで読める 救急医療の専門誌

本誌 B5判
隔月刊
定価:(本体2,700円+税)
増刊 B5判
年2冊刊行
定価:(本体3,200円+税)

救急看護の専門誌として32年愛された『Emergency Care』は、2019年に『Emer-Log』として新しく生まれ変わりました。
『Emer-Log』は、Emergencyの「Emer」と日誌を表す「Log」を合わせた造語です。日誌(log)感覚で現場と症例にこだわり、症例をベースに看護師、医師をはじめとした多職種で共有できる、患者さんの評価と初療の実践を解説します。救命救急センターから地域につなげるための、さまざまな場での患者さんの急変・重症化を取り上げます。
救急医療を深めたい・教えたい・広げたいあなたのための、救急医療と看護の専門誌です。

をお届けします。


選択 お申し込みプラン

本誌+増刊
定価:23,980円(税込)

刊行形態変更に伴い、年間購読料が変わります。

本誌+増刊+年間購読ヨメディカ
定価:29,920円(税込)

刊行形態変更に伴い、年間購読料が変わります。

買った分だけ月額払い購読

2021年の注目ポイント!救急医療を追求したい看護師と研修医に向けて、より深く信頼性の高い、ここでしか得られないプラクティカルな知識をお届けします。
医師と看護師が共通して押さえるべきポイントと、それぞれが身につけるべき知識をていねいに解説!双方の視点がわかり、チーム医療の実践に役立つ!
■特集は毎号一つのテーマを症例展開と総論の2本立てで解説。現病歴、初療から診断に至るまでの思考過程をリアルに学べ、さらに、症例では患者の個別性を重視した看護の視点を掘り下げて解説。
■連載は、フィジカルアセスメントや画像診断、高齢者救急など、二次救急医療機関でも役立つ内容が大充実!
■増刊は救急医療に必須の知識を、動画付きで解説。個人学習と院内研修、どちらにも活用できる!
特集テーマ●1号 : どれを選ぶ? なぜ選ぶ?   救急での呼吸管理とアセスメント
●2号 : 5秒で見抜く  ヤバい心電図
●3号 : ポストコロナの救急外来 トリアージ実践力を上げる
●4号 : 治療のスタンダードが変われば、救急も変わる! 意識障害を呈する重大6疾患
●5号 :研修医・ナースのための 救急でマストの薬
●6号 :問診・アセスメント・検査に強くなる 小児の救急
2021年増刊夏季◆ 救急現場の使える検査大百科
新型コロナウイルス感染対策を踏まえた検体検査、生理機能検査、画像検査などの検査方法を一通り押さえられる。症例をベースにした解説で、アセスメントと検査の流れがわかる。バイタルサイン・理学所見から、検査を予測するためのポイントまで学べる。
秋季◆ ウィズコロナ時代の救急・ICUで使うME機器
ウィズコロナの状況における、救急・ICUでのME機器の使い方を症例をベースに解説。看護師・若手医師が押さえておくべきポイントの詰まった一冊!
注目の連載
■ひとつまみのさじ加減で、もっと理解できる! 外傷画像のpinch of spice NEW
■バイタルサイン、検査データの解釈に生かす! ひと捻りで変わる、高齢者救急 NEW
■めざせ学会発表! 救急ナースのための臨床研究 NEW
“脱”脳筋救急 ―問診、身体診察、検査、手技を深く知ろう!NEW 
e-log ―ターニングポイントな1日―
■医療・看護の可能性がもっと広がる! Dr.宮本の在宅×救急のススメ
■救急看護実践力を磨く! MJの初療フィジカルアセスメントクイズ
■病院・部署・地域…… 救急の認定看護師(スペシャリスト)は、どう動く?
クロニクル
1988年6月創刊
1991年増刊年2冊刊行
1992年創刊5周年
1997年創刊10周年
2002年創刊15周年
2005年「エマージェンシー・ナーシング」より「エマージェンシー・ケア」に誌名変更
2007年創刊20周年
2012年創刊25周年
2019年「エマージェンシー・ケア」より「Emer-Log」に誌名変更、隔月刊化