商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ナーシング・グラフィカ
疾病の成り立ち(2):臨床薬理学 第5版

お気に入り追加
定価 : 3,740円(本体3,400円+税)
発行 : 2021年01月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A4変型判 304頁
ISBN-10 : 4-8404-7237-8
ISBN-13 : 978-4-8404-7237-1
商品コード : 308014074
資料請求
この疾患にはどのような薬が必要か、といった視点で構成しています。臨床現場を意識し、実際の看護に求められる薬の知識、投薬場面における注意事項を重視しました。
「生活習慣病」「がん」「感染症」など、国家試験に頻出する疾病をセレクトし、その疾病の特徴と、その疾病にどのように薬が作用するのかをコンパクトにまとめました。
各章のはじめの「Keyword」と「Key Sentence」には、ここで何を学ぶのかが一目で理解できるよう覚えておきたいキーワードと各章のポイントをまとめました。
「2章 主な生活習慣病に使用する薬」では、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と、それに付随する循環器障害、脳血管障害とに分けて再構成。各疾患と薬物療法との関連性がよりわかりやすくなりました。
代表的な治療薬は表形式で明記しました。薬理作用、薬物有害反応(ADR)、安全面で重要なこと、看護における注意点の4項目に分け、ポイントだけをピックアップ。薬の情報は医薬品添付文書に準じて更新しています。臨床の場でも十分活用することができます。
ポイントとなる薬理作用については、作用機序を図で解説。理解をさらに促進させます。
発展的、補足的な情報は、資料として巻末にまとめました。本文とリンクさせながら効果的に学習できるよう構成しました。

「シラバス・授業計画案」

医療安全システムデザイナー/元 山口大学大学院医学系研究科教授,元 山口大学医学部附属病院薬剤部長 古川 裕之 編集

横浜市立大学大学院医学研究科看護生命科学分野教授 赤瀬 智子 編集

元 京都橘大学健康科学部教授/山梨県立大学名誉教授 林正 健二 編集

東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター講師 大西 弘高 編集

カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません
この商品を買った人はこんな商品も見ています