商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ナーシング・グラフィカ
看護の統合と実践(1):看護管理 第4版

立ち読みお気に入り追加
定価 : 3,024円(本体2,800円+税)
発行 : 2018年01月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A4変型判 232頁
ISBN-10 : 4-8404-6135-X
ISBN-13 : 978-4-8404-6135-1
商品コード : 308010043
資料請求
看護管理は単なるマネジメントではなく、「看護の価値を基盤とした管理」「ケアを大切にする職種としての管理」という考えを基本とし、事例やイラスト、統計資料などを用いてわかりやすく解説。地域包括ケアや特定行為、第三者評価についてなど、変化する社会の動向などもおさえ、これから看護管理を学ぶ人も分かりやすく学べる。

聖路加国際大学大学院看護学研究科 教授 吉田 千文 編集

大阪府立大学大学院看護学研究科 教授 志田 京子 編集

千葉大学大学院看護学研究科 教授 手島 恵 編集

東京大学大学院医学系研究科 准教授 武村 雪絵 編集

目次を表示

・はじめに
・本書の特徴



【ARコンテンツ】
・「メディカAR」の使い方
・災害看護教育のあり方と課題〈動画〉
・福祉現場で働く看護職〈動画〉
・看護管理のあり方~看護師長の一日〈動画〉
・看護記録の開示と訂正〈動画〉
・看護方式〈アニメーション〉
・KYTの実際~事故予防のために〈動画〉
・看護師の一日からみる看護管理〈アニメーション〉



【1 人々の生活と看護のかかわり】
<1>人々の生活と看護のかかわり
(1)看護と看護職
(2)日本の社会制度における看護職の位置付け
(3)看護職の仕事
(4)看護が行われる場と活動
(5)看護の対象の多様化と看護活動
(6)看護職者の多様化と看護活動

<2>看護職の活動の変遷
(1)歴史を学ぶ意味
(2)職業としての確立から第2次世界大戦終了まで
(3)第2次世界大戦後から看護師等の人材確保の促進に関する法律まで
(4)看護師等の人材確保の促進に関する法律から今日まで



【2 看護管理の基本となるもの】
<1>看護管理とは
(1)ナイチンゲールの看護管理論
(2)看護管理の定義
(3)看護管理の三つのレベル
(4)事例から学ぶ看護管理

<2>看護管理の基盤となる知識
(1)組織の理解
(2)医療機関の組織構造
(3)看護サービスの提供

<3>看護管理のプロセス
(1)管理の方法論
(2)看護管理システム
(3)問題解決の考え方

<4>専門職とは
(1)信頼される職業としての看護
(2)専門職とは
(3)看護は専門職か
(4)未来につなげる看護専門職

<5>市民・多職種との連携・協働
(1)なぜ連携・協働が必要なのか
(2)専門職間の連携・協働
(3)連携・協働の動向
(4)ヘルスケア現場で働く専門職
(5)連携・協働を実現するために



【3 看護師の仕事とその管理】
<1>何のために管理をするのか-「効果的に仕事をする」とは
(1)組織としてケアの効果を最大化する
(2)マネジメントとはなにか
(3)顧客とはだれか
(4)手段(業務)の設計とはなにか
(5)計画とはなにか

<2>看護管理で重要なこと
(1)看護管理にとっての効率性と効果性
(2)多職種連携の中での看護管理

<3>人を育て生かす
(1)人材マネジメント
(2)労働の管理
(3)労働環境管理

<4>モノの管理
(1)看護を提供するための物品の管理
(2)施設内での物品供給システム
(3)医薬品の供給と管理
(4)医療機器の管理
(5)医療材料の管理

<5>情報の管理
(1)データ・情報・知識
(2)看護管理に必要な情報の種類
(3)看護ケアに必要な患者の医療情報
(4)医療情報に関する倫理的側面

<6>コストの管理
(1)ヘルスケアサービスのコスト
(2)コストの分類
(3)コストを考えた管理

<7>看護提供システム
(1)医療・看護必要度と看護提供システム
(2)看護サービスの提供



【4 看護の質向上】
<1>看護管理と倫理
(1)看護実践倫理
(2)経営倫理
(3)倫理的葛藤

<2>医療安全
(1)医療を取り巻く環境の変化と医療安全
(2)WHO患者安全カリキュラムガイド
(3)エラーが有害事象につながるとき
(4)組織で取り組む医療安全
(5)医療安全とチーム医療,ノンテクニカルスキル
(6)安全を優先する組織文化への変革

<3>医療・看護の質と評価
(1)医療の質とは
(2)医療の質とEBP
(3)クリニカルインディケーター
(4)第三者による評価
(5)看護実践に焦点を当てた評価指標



【5 看護管理に求められる能力】
<1>セルフマネジメントのスキル
(1)看護職としてのセルフマネジメントの必要性
(2)社会の一員としてのセルフマネジメント
(3)感情労働であることに気付き対処する
(4)自己を導く方法

<2>人とかかわるためのスキル
(1)医療専門職として信頼を得るためのマナー,働く姿勢
(2)看護管理とコミュニケーション
(3)コミュニケーションの要素
(4)単方向のコミュニケーションと双方向のコミュニケーション
(5)相手を承認するスキル
(6)アサーション
(7)協 働
(8)交 渉
(9)コンサルテーション
(10 コミュニケーションと心身の健康

<3>集団に働きかけるスキル
(1)組織とリーダーシップ
(2)主なリーダーシップ理論
(3)組織変革の方法・理論

<4>看護管理能力の基盤となる理論
(1)看護管理と看護管理者
(2)カッツの理論
(3)看護管理者のコンピテンシー



【6 看護職とキャリア】
<1>社会人になる
(1)社会人になるということ
(2)働くことをめぐる法律や規則
(3)社会人基礎力
(4)働くことでより良い人生を

<2>看護の教育体系
(1)看護基礎教育
(2)継続教育

<3>看護職としてのキャリア
(1)看護職のキャリア
(2)キャリア発達のプロセス
(3)専門職として生涯成長し,学び続ける



【7 看護と経営】
<1>医療と経済
(1)経済学とは
(2)医療の公共性
(3)医療経済の特殊性
(4)医療市場の特徴

<2>看護にかかわる医療・介護制度
(1)医療保険制度の概要
(2)診療報酬制度
(3)高齢者の医療保険
(4)介護保険制度
(5)医療制度改革と医療計画

<3>病院経営と看護管理
(1)組織決定と病院経営
(2)医療の質と情報公開
(3)経営指標と看護管理



【8 看護活動をとりまく法律・制度】
<1>看護管理に関連する法律
(1)日本国憲法
(2)医療法
(3)保健師助産師看護師法
(4)看護師等の人材確保の促進に関する法律

<2>保健医療福祉政策と最近の動向
(1)政策・制度と看護サービス
(2)少子高齢化による制度改革の必要性
(3)社会保障・税一体改革
(4)医療政策・介護政策分野
(5)健康政策
(6)看護職員の量の確保および質の向上のための政策

<3>看護と専門機関・職能団体
(1)世界保健機関(WHO)
(2)国際看護師協会(ICN)/国際助産師連盟(ICM)
(3)日本看護協会



【コラム】
・看護部の組織化とケアの質
・看護サービス量の予測
・専門職間連携・協働の例
・ドラッカーの管理手段の要件
・協働における課題と看護師の役割
・協働するスペシャリストとジェネラリスト
・看護職者の労働時間
・データ評価の用語・表現の統一例
・新人スタッフから取り組むコスト管理
・倫理的意思決定
・事例でみるインシデントの分析と対策
・医療チームのためのコミュニケーション技術
・多重課題
・自分をより深く知る
・非常時のリーダーシップ
・マネジメントとリーダーシップの違い
・喫煙の経済損失
・看護師が経営視点をもつ意味
・重症度,医療・看護必要度
・持続可能な開発目標(SDGs)



・付録 看護師の一日から看護管理を知る

・看護師国家試験出題基準(平成30年版)対照表

・索 引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません