商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ナーシング・グラフィカ
精神看護学(2):精神障害と看護の実践 第4版

立ち読みお気に入り追加
定価 : 3,456円(本体3,200円+税)
発行 : 2017年01月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A4変型判 296頁
ISBN-10 : 4-8404-5384-5
ISBN-13 : 978-4-8404-5384-4
商品コード : 308014913
資料請求
重要な精神疾患とその症状・検査・治療などの医学的な知識と、入院している患者、障害をもちながら地域で生活する人、救急現場など、事例をもとに精神看護の実践を学ぶことができるテキスト。

「はじめに」
「シラバス・授業計画案」

北里大学 看護学部教授 出口 禎子 編集

目次を表示

・はじめに
・本書の特徴



【ARコンテンツ】
・「メディカAR」の使い方
・精神科看護を学ぶにあたって〈動画〉
・精神科看護におけるケアの方法〈動画〉
・治療の場としての精神科病棟〈動画〉
・SSTの一例〈動画〉
・デイケア活動〈動画〉
・精神障害者とともに生きる~NPO法人陽だまりの会に集う人たちPart1〈動画〉
・精神障害者とともに生きる~NPO法人陽だまりの会に集う人たちPart2〈動画〉
・社会資源の活用〈動画〉
・「飲まないで生きていく」アルコホーリクス・アノニマス(AA)〈動画〉
・地域で生きる~働く場所~〈動画〉
・多職種とのつながり〈動画〉
・臨地実習から学ぶ〈動画〉



◆第1部 精神疾患とその症状・検査・治療
【1 精神症状と精神疾患】
<1>精神疾患総論
(1)精神疾患と精神症状
(2)主な精神症状
(3)精神症状を見る視点
(4)精神疾患の診断と分類
(5)精神疾患の好発年齢と性差
(6)精神疾患が身体疾患と異なる点

<2>神経発達症:成人期の自閉症スペクトラム障害(ASD)
(1)自閉症スペクトラム障害(ASD)の診断と特徴
(2)自閉症スペクトラム障害(ASD)の症状
(3)自閉症スペクトラム障害(ASD)の治療
(4)自閉症スペクトラム障害(ASD)の看護の視点

<3>統合失調症
(1)統合失調症の診断と特徴
(2)統合失調症の症状
(3)統合失調症の治療
(4)統合失調症の看護の視点

<4>抑うつ障害と双極性障害
(1)抑うつ障害の診断と特徴
(2)抑うつ障害の検査・治療
(3)抑うつ障害とライフステージ
(4)抑うつ障害の看護の視点
(5)双極性障害の診断と特徴
(6)双極性障害の検査・治療
(7)双極性障害の看護の視点

<5>不安障害
(1)限局性恐怖症
(2)社交不安障害
(3)パニック障害
(4)広場恐怖症
(5)全般性不安障害
(6)不安障害の検査・治療
(7)不安障害の看護の視点

<6>強迫性障害
(1)強迫性障害(OCD)の診断と特徴
(2)強迫性障害(OCD)の症状
(3)強迫性障害(OCD)の治療・検査
(4)強迫性障害(OCD)の看護の視点

<7>ストレス因関連障害
(1)心的外傷およびストレス因関連障害群の診断と特徴
(2)心的外傷およびストレス因関連障害群の疫学
(3)ASDとPTSDの症状
(4)PTSDの治療
(5)PTSD患者に対する看護の視点

<8>解離性障害
(1)解離性障害群の分類と定義
(2)解離性障害群の疫学
(3)解離性障害の病理と症状
(4)解離性障害の治療
(5)解離性障害の看護の視点

<9>身体症状症および関連症
(1)身体症状症
(2)病気不安症
(3)変換症/転換性障害
(4)身体症状症および関連症の看護の視点

<10>摂食障害
(1)摂食障害の定義と分類
(2)摂食障害の疫学
(3)摂食障害の症状
(4)摂食障害の検査・治療
(5)摂食障害患者への看護の視点

<11>睡眠-覚醒障害
(1)睡眠-覚醒障害の分類
(2)睡眠-覚醒障害の検査および症状評価
(3)不眠障害
(4)ナルコレプシー
(5)呼吸関連睡眠障害
(6)概日リズム睡眠-覚醒障害
(7)睡眠-覚醒障害の看護の視点

<12>物質関連障害
(1)物質関連障害の分類と定義
(2)物質関連障害の疫学
(3)物質関連障害の症状
(4)物質関連障害の治療
(5)物質関連障害の看護の視点

<13>神経認知障害
(1)認知症
(2)せん妄

<14>パーソナリティ障害
(1)パーソナリティ障害の定義と分類
(2)パーソナリティ障害の症状と特徴
(3)パーソナリティ障害の治療
(4)パーソナリティ障害の看護の視点

<15>身体疾患と精神症状
(1)精神症状が生じうる身体疾患
(2)膠原病(全身性エリテマトーデス,ベーチェット病)
(3)心疾患(冠動脈疾患,心不全)
(4)糖尿病
(5)が ん
(6)看護の視点



【2 医学的検査と心理検査】
<1>医学的検査
(1)臨床検査における看護師の役割
(2)脳波検査
(3)画像検査:脳検査
(4)脳脊髄液検査

<2>心理検査
(1)知能検査・発達検査
(2)性格検査
(3)神経心理学的検査
(4)その他の心理検査



【3 精神科での治療】
<1>精神科における治療の特徴
(1)治療契約と治療構造
(2)多職種によるチーム医療
(3)治療におけるリスクマネジメント

<2>薬物療法
(1)抗精神病薬
(2)抗うつ薬
(3)気分安定薬
(4)睡眠薬
(5)抗不安薬
(6)抗てんかん薬
(7)薬物療法の課題

<3>精神療法
(1)支持的精神療法
(2)認知行動療法
(3)精神分析的精神療法
(4)家族療法
(5)集団精神療法

<4>社会療法
(1)社会療法とは
(2)病院内で行われる社会療法

<5>電気けいれん療法
(1)電気けいれん療法の現状
(2)電気けいれん療法の適応
(3)電気けいれん療法の実施方法
(4)有害事象と実施時の注意点



◆第2部 精神科看護の実践
【4 精神科看護における対象の理解】
<1>精神科での援助におけるアセスメントの視点
(1)ヒストリーを読む:家族背景と生活体験・生育歴の把握
(2)精神・情緒状態の把握
(3)セルフケアレベルの把握
(4)対人交流のパターンの把握
(5)事例にみるアセスメントの視点

<2>治療の場の人間関係
(1)患者同士の関係
(2)家族関係
(3)援助関係
(4)患者との関係性の変化



【5 精神科看護におけるケアの方法】
<1>「治療的関わり」の考え方
(1)コミュニケーションとは
(2)コミュニケーションに影響を与える要因
(3)日常生活におけるコミュニケーションのかたち
(4)看護師に求められるコミュニケーション技術

<2>日常生活行動の援助
(1)入院患者の日常生活
(2)セルフケアレベル低下の背景
(3)治療としての生活援助
(4)看護師によるケアの精神療法的な意義
(5)社会学習への援助

<3>服薬治療に関わる援助
(1)精神科における薬物療法の特徴
(2)抗精神病薬
(3)薬物療法における看護
(4)薬に対する患者の思い



【6 入院環境と治療的アプローチ】
<1>治療の場としての精神科病棟
(1)入院する精神障害者がもつ特徴
(2)精神科病棟での入院治療

<2>治療的環境をととのえる
(1)入院生活における環境調整
(2)治療的環境とは何か

<3>精神科病棟でのミーティング:事例から考える
(1)ミーティングの枠組み
(2)50代女性のAさんのケース
(3)30代女性のBさんのケース
(4)語りの場を創造する



【7 精神保健活動とリハビリテーション】
<1>精神科リハビリテーションの考え方
(1)精神科におけるリハビリテーションはどう理解されてきたか
(2)精神科リハビリテーションが立ち遅れた理由
(3)障害論に基づくリハビリテーション論
(4)精神障害者にとってのリハビリテーション
(5)全人的リハビリテーション

<2>地域精神保健活動における社会資源の活用
(1)治療を継続するための場
(2)障害者総合支援法におけるサービス
(3)雇用および就労支援
(4)家族や当事者によるサポート
(5)精神科チームによる連携

<3>在宅医療との連携
(1)在宅療養への調整とは
(2)在宅調整において留意すること
(3)事例にみる在宅調整の流れ



【8 救急医療現場における患者支援と精神的関わり】
<1>自殺企図により救急搬送される患者
(1)自殺企図者に対する救急医療機関の役割
(2)自殺未遂者への初期対応
(3)救急医療現場での自殺未遂者に対する看護

<2>急性薬物中毒で救急搬送される患者
(1)急性薬物中毒の救命率
(2)急性薬物中毒と精神障害
(3)急性薬物中毒の初期対応
(4)原因物質の特定
(5)治 療
(6)看護の留意点



【9 事例に学ぶ看護の実際】
<1>統合失調症(急性期)患者の看護の実際
(1)患者の症状と背景
(2)アセスメントと看護目標
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<2>統合失調症(慢性期)患者の看護の実際
(1)事例の紹介
(2)アセスメントと看護目標
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<3>パーソナリティ障害患者の看護の実際
(1)パーソナリティ障害患者の特徴
(2)事例の紹介
(3)アセスメントと看護目標
(4)看護の実際
(5)事例からの学び

<4>うつ病患者の看護の実際
(1)事例の紹介
(2)アセスメントと看護目標
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<5>パニック障害患者の看護の実際
(1)患者の症状と背景
(2)アセスメントと看護目標
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<6>摂食障害患者の看護の実際
(1)事例の紹介と経過
(2)アセスメントと看護目標
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<7>被虐待児症候群,解離性障害患者の看護の実際
(1)事例の紹介
(2)アセスメントと看護目標
(3)看護の実際
(4)事例からの学び



【10 臨地実習から学ぶ】
<1>精神科の看護実習とは
(1)精神科看護実習への準備
(2)精神科看護実習で学習すること
(3)患者の生活史の理解
(4)実習生と患者との関係性の変化

<2>患者からのさまざまな感情表出
(1)セクシュアルな感情
(2)秘密の打ち明け
(3)拒否や無視

<3>カンファレンスの意義
(1)不安や疑問を表出し支え合う場
(2)グループのダイナミクスを学ぶ
(3)カンファレンスの形態
(4)教員・臨床指導者の役割

<4>実習の記録
(1)看護場面の再構成
(2)プロセスレコードと再構成
(3)再構成の場面を選ぶ
(4)再構成の活用



<コラム>
・災害時地域精神保健医療活動



・看護師国家試験出題基準(平成26年版)対照表

・索 引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません
この商品を買った人はこんな商品も見ています