商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ナーシング・グラフィカ
小児看護学(1):小児の発達と看護 第5版

立ち読みお気に入り追加
定価 : 4,104円(本体3,800円+税)
発行 : 2015年01月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A4変型判 416頁
ISBN-10 : 4-8404-4918-X
ISBN-13 : 978-4-8404-4918-2
商品コード : 308012034
資料請求
さまざまな健康レベルの子どもが社会の中で健やかに発達し、生きていくことを支える看護を包括的に学びます。
小児看護の歴史と意義、子どもの権利や法律・施策、理論についての解説の章に続き、乳児期から幼児期、学童期、思春期にいたるまでの子どもの成長・発達と看護の網羅的な学習が可能となっています。
急性期・慢性期・終末期にある子どもと家族への看護、検査や処置、手術を受ける子どもと家族への看護、また外来や在宅、災害時の子どもと家族への看護とともに、被虐待児(虐待を受けている可能性のある子ども)と家族への看護についての解説を充実させました。
「健康障害をもつ子ども・家族への看護過程の展開」の章では、健康課題をもつ子どもと家族の特徴を理解したうえで、事例紹介・アセスメント・関連図・ケアプランと実施および評価について学ぶ流れとなっています。実践の場における重要課題の気付きにつながります。
「子どもの権利条約」「離乳の支援のポイント」「心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010」「子どもの検査とバイタルサインの基準値」を巻末資料として収載しています。
「はじめに」
「シラバス・授業計画案」

『ナーシング・グラフィカ』 オフィシャルサイト

高知県立大学 看護学部教授 中野 綾美

目次を表示

・はじめに
・本書の特徴



【ARコンテンツ】
・「メディカAR」の使い方
・ 小児看護専門看護師とは〈動画〉
・ 姿勢反射〈動画〉
・ 乳児の発達〈動画〉
・ 新生児・乳児の発達~生後1.5カ月〈動画〉
・ 幼児期の子どもの世界
・ 小児の入院が家族に及ぼす影響〈動画〉
・ 検査を受ける子どもと家族への看護〈動画〉



【1 小児看護学で用いられる概念と理論】
<1> 小児看護とは
(1) 小児看護の対象
(2) 小児看護の目的
(3) 子どもの最善の利益を目指した看護

<2> 小児看護の歴史と意義
(1) 小児看護の歴史
(2) 小児看護の課題

<3> 子どもの権利と看護
(1) 子どもの権利とは
(2) 現代社会と子どもの権利
(3) 小児医療と子どもの権利
(4) 小児看護と倫理的配慮

<4> 小児看護と法律・施策
(1) 子どもを取り巻く社会環境
(2) 母子保健施策
(3) 小児に関する法律

<5> 小児看護で用いられる理論
(1) セルフケア理論
(2) エリクソンの自我発達理論
(3) ピアジェの認知発達理論
(4) 親子関係論
(5) 家族理論



【2 子どもの成長・発達と看護】
<1> 成長・発達の原則
(1) 成長・発達の一般的原則
(2) 成長・発達に影響する要因

<2> 乳児期の子どもの成長・発達と看護
(1) 乳児期とは
(2) 形態的成長・発達の特徴
(3) 機能的発達の特徴
(4) 心理・社会的発達
(5) 乳児によくみられる健康問題
(6) 乳児のセルフケアの発達と看護
(7) 乳児のいる家族への看護

<3> 幼児期の子どもの成長・発達と看護
(1) 幼児期とは
(2) 家族とその機能
(3) 食行動
(4) 排泄行動
(5) 睡眠行動
(6) 清潔行動
(7) 遊びの意義
(8) 安全の確保と現状

<4> 学童期の子どもの成長・発達と看護
(1) 学童期とは
(2) 身体的成長
(3) 機能的発達
(4) 学童によくみられる健康問題
(5) 学童期の子どものセルフケアの発達と看護

<5> 思春期の人々の成長・発達と看護
(1) 思春期とは
(2) 身体的成長
(3) 機能的発達
(4) 思春期の人々によくみられる健康問題
(5) 思春期の人々のセルフケアの発達と看護

<6> 発育の評価
(1) 形態的成長の観察と評価
(2) 心理社会的発達の評価法



【3 健康障害をもつ子ども・家族への看護】
<1> 健康障害や入院が子どもと家族に及ぼす影響と看護
(1) 子どもの病気の理解
(2) 健康障害に伴う子どものストレスと対処
(3) 子どものストレス対処への支援
(4) 子どもの健康障害に伴う家族のストレス
(5) 病気の子どもの家族のストレス対処に対する援助

<2> 急性期にある子どもと家族への看護
(1) 発熱時のアセスメントと看護
(2) 脱水時のアセスメントと看護
(3) 痙攣時のアセスメントと看護
(4) 呼吸困難時のアセスメントと看護
(5) 嘔吐・下痢時のアセスメントと看護
(6) 生命徴候が危険な状況のアセスメントと看護
(7) 急性期にある子どもの家族への援助

<3> 慢性期にある子どもと家族への看護
(1) 慢性期の特徴
(2) 慢性期にある子どもと家族
(3) 慢性期にある子どもと家族のエンパワーメントを支援する看護
(4) 今後の課題

<4> 終末期にある子どもと家族への看護
(1) 子どもの死の概念発達
(2) 終末期にある子どもと家族の心理
(3) 終末期にある子どもの身体徴候
(4) 緩和ケア
(5) 終末期にある子どもの家族への援助

<5> 検査や処置を受ける子どもと家族への看護
(1) 子どもへの説明と同意
(2) 子どもの安全・安楽の援助
(3) 子どもの力を引き出す援助
(4) 検査や処置を受ける子どもと家族への援助
(5) 事例紹介(1)
(6) 事例紹介(2)

<6> 手術を受ける子どもと家族への看護
(1) 手術を受ける子どもの特徴
(2) 手術の時期と種類
(3) 手術を受ける子どものプレパレーション
(4) 手術を受ける子どもの身体面の術前看護
(5) 手術を受ける子どもの術後看護
(6) 手術を受ける子どもの家族への看護

<7> 外来における子どもと家族への看護
(1) 外来看護の果たす役割
(2) 外来における子どもと家族への援助
(3) 小児外来の環境
(4) 外来看護の現状の課題と今後の展望

<8> 在宅における子どもと家族への看護
(1) 小児在宅医療の意義
(2) 小児在宅ケアの現状
(3) 在宅療養を必要とする子どもと家族の特徴
(4) 在宅療養を行う子どもと家族への看護
(5) 在宅療養の継続における看護

<9> 災害を受けた子どもと家族への看護
(1) 災害と災害看護
(2) 災害を受けた子どもの心と身体への影響
(3) 災害時の子どもと家族への看護
(4) 子どもや家族を看護する者への支援

<10> 被虐待児(虐待を受けている可能性のある子ども)と家族への看護
(1) 虐待の定義
(2) 虐待が子どもに与える影響
(3) 虐待のサイン
(4) 被虐待児および家族への看護



【4 健康障害をもつ子ども・家族への看護過程の展開】
<1> 集中治療を受けている子どもと家族への看護
(1) 基礎知識
(2) 事例による看護過程の展開

<2> ハイリスク新生児と家族への看護
(1) 基礎知識
(2) 事例による看護過程の展開

<3> 先天的な健康問題をもつ子どもと家族への看護
(1) 基礎知識
(2) 事例による看護過程の展開(1)
(3) 事例による看護過程の展開(2)

<4> 心身障害のある子どもと家族への看護
(1) 基礎知識
(2) 事例による看護過程の展開

<5> 痛みのある子どもと家族への看護
(1) 基礎知識
(2) 事例による看護過程の展開

<6> 在宅で終末期を迎えている子どもと家族への看護
(1) 基礎知識
(2) 事例による看護過程の展開

<7> 成人への移行期にある健康障害をもつ子どもと家族への看護
(1) 基礎知識
(2) 事例による看護過程の展開



<資料1>
・子どもの権利条約(国際教育法研究会訳)

<資料2>
・離乳の支援のポイント(「授乳・離乳の支援ガイド」より)

<資料3>
・心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010

<資料4>
・子どもの検査とバイタルサインの基準値



・看護師国家試験出題基準(平成26年版)対照表

・索 引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません