商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

糖尿病ケア2015年秋季増刊
ダウンロードしてそのまま使える・作れる患者指導ツールつき
Dr.坂根厳選! 糖尿病患者指導のアイデアグッズ50
患者さんの理解度・モチベーションがぐんぐん上がる
ひとさじのユーモアとアイデアがあなたの指導を変える!

立ち読みお気に入り追加
定価 : 4,320円(本体4,000円+税)
発行 : 2015年09月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 264頁
ISBN-10 : 4-8404-5236-9
ISBN-13 : 978-4-8404-5236-6
商品コード : 130181551

患者説明のクオリティー、学習効率が高まる

「どうしたら患者さんに伝わるの?」「指導の途中で患者さんが寝てしまう」そんなお悩みを一挙解決! 患者指導用のアイデアグッズを「伝えたいこと」別にまとめた本書で、あの患者さんにぴったりのグッズと心をつかむ指導方法がきっと見つかる!

京都医療センター 臨床研究センター 予防医学研究室 室長 坂根 直樹 編著

目次を表示

・編集にあたって
・編集・執筆者一覧
・患者指導ツールのダウンロード方法



【第1章 アイデアグッズの誕生と展開】
(1) アイデアグッズが生まれるまで
(2) アイデアグッズを用いたプレゼンの極意
(3)「めだまんず」が生まれるまで



【第2章 厳選! 伝えたいこと別 アイデアグッズ50】
<糖の流れ>
(1) イン・糖・ザ・ボディ
(2) 糖の流れが見えるエプロン

<病 態>
(3) しっこペプチド
(4) 糖尿太郎物語 乙姫さまからの禁断の玉手箱

<血糖・HbA1c>
(5) HbA1c 体温計
(6) ヘモポーチ

<合併症>
(7)「しめじぃん」と「えのっき」
(8) しいたけ(゛)
(9) 糖尿産きのこセット

<糖尿病神経障害>
(10) しびれトール
(11) にゅうとろん
(12) 神経障害体感シューズセット
(13) PAD まん

<糖尿病網膜症>
(14) みてみてメガネ
(15) 見えない出血メガネ
(16) みんなで見よう瞳の奥
(17) 瞳見視りちゃん ~見えるって楽しい~

<糖尿病腎症>
(18) 腎臓病期モデル 腎臓4兄弟
(19) そらまめ brothers
(20) ちゃんとシャント

<動脈硬化>
(21) 動脈スケ蔵君
(22) 血管ドキドキきゅー!

<フットケア>
(23) 爪切りマスター♪
(24) 楽しく覚えるフットケア! 合言葉は「かきくけこ」
(25) 脈…アリ!? 触って感じて

<食事療法>
(26) 匂いつきフードモデル 五感で学ぶ糖尿病
(27)「佐藤くん」と「尾藤くん」
(28) 一口くん
(29) おかずはかって
(30) 開けてポン! 飲料の糖分

<運動療法>
(31) 前脛骨きんに君
(32) 知っ得セット! ~運動編~

<薬物療法(インスリン)>
(33) ローテーション腹巻
(34) インスリン単位設定用補助器具「プレッチ」
(35) まぜまぜくん
(36) 責任とるよ君
(37) インスリンどうなりん?
(38) はりとれーる

<カーボカウント>
(39) いただきま注

<血糖自己測定>
(40) 出血! フィンガー

<シックデイ>
(41) シックデイ劇場

<妊娠糖尿病>
(42) シュポシュポ肩甲児
(43) 胎盤 糖 run 図

<禁 煙>
(44) ニコちん

<メタボリックシンドローム>
(45) メタボくん
(46) メタボde スクラッチ
(47) 内臓脂肪君

<脂質異常症>
(48) かくれた油(脂)をしぼってみたら
(49) サラサラ血・ドロドロ血
(50) Lipoco さん ~食べた脂のゆくえは~



【第3章 ダウンロードしてそのまま使える・作れる!患者指導ツール】
(1) 糖尿病教室の案内の作り方
(2) アイスブレイク(絵文字クイズ)
(3) HbA1c の覚え方
(4) 低血糖の「はひふへほ」
(5) 高血糖の「たちつてと」
(6) 食事バランスガイド風身体活動バランスガイド♪
(7) eatとneatで、greatなbeatを刻んで健康になりましょう
(8)「膝が痛くて運動できない」編
(9)「転倒が怖くてウォーキングできない」編
(10) 糖尿病の飲み薬はどこに効く?
(11) 民間療法:チラシの読み方
(12) 居酒屋 ひとさじ
(13) レストラン ムッシュ



・INDEX
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

各施設、様々な手作りの媒体で工夫されており、見て、触って、実感し、患者さんのやる気を引き出す栄養指導に繋がると感じました。「実際のやりとり」の例で、不安も軽減されます。(医療スタッフ 栄養)