商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

もっと介護力!シリーズ
変わる!地域包括ケア時代の働き方
デイサービス生活相談員“できる”仕事術
2015年度介護報酬改定新基準に完全対応!
生活相談員よ、外へ出よう!制度改正で事業所外の仕事がスタート!地域の要として、ますます注目される今、“できる”生活相談員を目指そう!

立ち読みお気に入り追加
定価 : 1,944円(本体1,800円+税)
発行 : 2015年08月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 96頁
ISBN-10 : 4-8404-5436-1
ISBN-13 : 978-4-8404-5436-0
商品コード : 501020450

2015介護報酬改定対応の新しい働き方

2015年度介護報酬改定で、役割が大きく変わり、「地域連携の拠点」の役割が義務付けられたデイサービス。誰も書かなかった地域包括ケア時代の生活相談員必携の書!

株式会社ウエルビー 代表取締役 青木 正人 著

目次を表示

・はじめに



【1章 こう変わる!──生活相談員の地域包括ケア時代の働き方】
◆1 デイサービスのパラダイムシフト(大変革)── 2015 年度から変わる生活相談員の役割
・地域包括ケアシステム構築が本格始動

◆2 2015 年度介護報酬改定の意図を読みとろう
・ICFに基づく生活機能の維持・向上

◆3 加算に振り回されないために
・体制要件を整えるのが目的ではない

◆4 地域連携の拠点として地域包括ケアを担う
・プロフェッショナルに求められること

<コラム> みなさんの顧客は誰?



【2章 何でもやる!──生活相談員の日常業務】
◆1 規定のない職種──デイサービスの何でも屋?
・「何でも屋」は誇りの証し──かけがえのない貴重な存在

◆2 生活相談員の仕事を可視化して効率アップ
・生活相談員の日課と月間スケジュール──仕事の棚卸しをしよう

◆3 事業所の経営面を考える
・1) 生活相談員、実は利用者獲得の営業マン?
・2) 稼働率アップは生命線

◆4 介護現場にも積極介入?
・生活相談員がケアの現場に入る意義

◆5 通所介護計画作成はデイサービスの生命線
・1) 生活相談員の腕の見せ所──通所介護計画作成
・2) 便利な厚生労働省の様式を活用しよう

◆6 全人的な観点から捉える相談援助が不可欠
・生活相談員としての役割を明確に



【3章 ここまで必要!──生活相談員に必須のスキル】
◆1 何だそうだったのか!──誰も知らない法令の読み方
・1) 利用者・事業所双方の利益になる法令の知識
・2) 法令って何だろう?
・3) 介護事業に必要な基本法令
・4) 覚えておくべき基本の法令
・5) 法令を読みとる順序
・6)「認知症加算」を読み解いてみよう
・7) Q&Aだけを読んで済ますことの落とし穴

◆2 デイサービスの品質管理── PDCAサイクルのホントの意味
・PDCAの意味を再確認しよう

◆3 記録・文書が事業とサービスの質を高める──監査対応を超えて
・1) 記録とは
・2) 記録をとる意味
・3) 記録にテーマをつける

◆4 何はなくてもコミュニケーション力──利用者・家族、ケアマネ対処法
・1) コミュニケーションとは
・2) コミュニケーションが進展させる「気づき」
・3) 利用者・家族とのコミュニケーション
・4) 他職種とのコミュニケーション
・5) ケアマネジャーとのコミュニケーション



【4章 さらなるステージへ!──“できる”生活相談員のマネジメント】
◆1 サービスの質を上げる
・1) 介護事業の3つの質
・2) ある日突然サービスはよくならない

◆2 サービスの構造と「見える化」
・1) 理念を実現する仕組みが機能しているか
・2) マネジメントの改善プロセス

◆3 リスクマネジメントの真の意義──事故防止を超えた取り組み
・1) リスクマネジメントとは
・2) リスクマネジメントのプロセス
・3) SHELLモデルの活用
・4) 苦情への対応



◆参考文献
◆資料
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません