ご利用・登録は無料です!メディカパスポート
はじめての方へ
新規ご登録
メディカパスポートって?
すでにお持ちの方は
ログイン
Medica eBOOKs
ヨメディカ
専門誌記事検索
商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

メディカ社員の本棚

2017年05月22日

『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』

『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』
田中経一
(幻冬舎)
ISBN:978-4-344-42498-2


人生の終わりに何を食べたいと聞かれたら、何と答えるだろう。
意外と単純に「おむすび」かもしれないが。

主人公、佐々木充は、人生最期の料理を作る「最期の料理請負人」。
どんな料理のオーダーにも、
一度食べた味を忘れない「麒麟の舌」で応える。
そんな彼に中国トップの料理人から、
日本が満州を支配していたころ、
自分と日本人料理人とが一緒に作った完璧な料理
「大日本帝国食菜全席」のレシピを探し出してほしいとの
不思議な注文が入る。
中国の宮廷料理「満漢全席」をしのぐ品数をもつ
4冊のレシピ「春夏秋冬」。
日本と満州の過去と現在が交差し、
レシピの行方を追ううちに物語は意外な結末に。

書籍最後に何とも豪華そうな全204品のレシピ名が並び、
一体どんな人が書いたのだろうと思ったら、著者の田中氏は
テレビ番組「料理の鉄人」のディレクターだったそうだ。
ちなみに、二宮和成くん主演で、
今年の秋に映画化だそうです。お料理付きで見たい!


メディカ出版 粟本




※次回は2017年5月29日(月)更新予定です。