セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【整形外科】
第58回整形外科看護セミナー
これだけは知っておきたい整形外科看護のポイント
~代表疾患の病棟管理を学ぶ 新人スタッフのための整形外科入門編セミナー~

整形外科の「今」を学んでください

  • 整形外科の「今」を学んでください
  • テキストには図や写真もたくさん
  • 質問用紙で疑問はなんでも聞いてください

開催16年目突入! 受講者数総数8,600名の大人気セミナー!!
あの先輩も、となりの同僚も、受講している?!


【講義内容は毎年改訂。だから、整形の「今」を学べます】

後輩指導に役立つので、先輩ナースにもおススメです

●○●井上先生からのメッセージ●○●
■大腿骨近位部骨折■
整形外科病棟に入院される患者さんも、高齢化社会を反映して老人の運動器疾患が増えてきました。大腿骨近位部骨折は、多くの病院で10%程度の死亡率が報告されています。それを減少させ、寝たきり老人にしないためにはどうすればよいか。看護スタッフの対応も大切です。
■人工股関節置換術■
日本で年間5万件ぐらい行われています。手術可能な施設が増えてきましたが、看護スタッフへの教育は十分なされているでしょうか。脱臼などの合併症予防のために守らなければならない注意点がいくつかあります。これらを学びましょう。
■脊椎手術
入院される患者さんは、昔は若年者が中心でしたが、最近は高齢者も多くなってきました。術後、機能低下をきたさないように注意しなければなりません。
■膝手術■
手術は若年者のスポーツ傷害と、慢性関節リウマチ患者さんに対する人工関節置換術、高齢者の変形性膝関節症に対する手術に分けられます。この場合も高齢者に対する手術前後の病棟管理に注意が必要です。

プランナー・講師
井上 明生
(久留米大学名誉教授・柳川リハビリテーション病院名誉院長)

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2017.7.9.神戸会場) -*-*-
期待以上 28%  期待どおり 63%  普通 4%  少し期待外れ 2%  期待外れ 0.9%  無回答 3%

業務だからと分かっていたつもりになっていた看護の根拠を改めて知る機会になりました。明日から自信をもって患者さんのもとへ行けそうです。看護の視点だけでなく、医師視点の話が聞けて大変勉強になりました。
X-Pや手術中の画像・動画もあり、イメージをつけることができ、術後の観察に役立ちます。術後のチェックポイントもよくわかり、勉強になりました。
大腿骨近位部骨折の講義はレントゲンをもとに各グレードの見方や手術についてくわしい解説があったため、とてもよく理解できました。患者さんも多いので、すぐに役立つ知識がいっぱいでした。
人工股関節・人工骨頭の患者さんについて、脱臼肢位や退院後の日常生活指導について、日常生活の中での動きをまじえて具体的に解説いただいたので、とても分かりやすく、患者さんに良い指導ができそうです。
脊椎・膝の手術の様子がとてもよくわかり、術後の注意点もバッチリです。静脈血栓予防についても弾性ストッキングやフットポンプなど曖昧に使っていたのですが、正しい予防法を行うようにします。

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
3~5名 17,000円(1名分)
6名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
福岡 2017年11月05日(日) 福岡県中小企業振興センター 2階大ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 10: 40 1.整形外科病棟に入院されている患者さんについて
井上 明生
(久留米大学名誉教授・柳川リハビリテーション病院名誉院長)

転倒・せん妄・クレーマー …困っているのは、あなただけではありません。
●整形外科が対象とする疾患
●病棟スタッフが抱えるさまざまな問題
・入院患者の転倒・転落
・せん妄患者への対処法
・クレーマーへの対処法

10: 50 ~ 12: 10 2.大腿骨近位部骨折(大腿骨頸部骨折) 患者さんの病棟管理
吉田 健治
(筑後市立病院整形外科 顧問)

画像の見かたを簡単レクチャー!これで写真を見るのが楽しくなる♪
●大腿骨近位部骨折の解剖と分類
●合併症を予防するための工夫
●治療方法・予後
●症例の提示による理解

12: 10 ~ 13: 00 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
13: 00 ~ 14: 20 3.人工股関節・人工骨頭 患者さんの病棟管理
井上 明生

患者さん指導につかえる脱臼予防をポイントレクチャー
●術前にすべきことを学びましょう
●感染はなぜ恐ろしい・・・予防は?
●脱臼予防の注意点は?
●退院後の日常生活の制約は?

14: 30 ~ 15: 50 4.脊椎手術 患者さんの病棟管理
冨士 武史
(独立行政法人地域医療機能推進機構大阪病院副院長)

手術の様子がちょっぴり見れる手術がわかれば看護が変わる!
●脊椎手術のインフォームドコンセント-しびれは取れるか?
●手術の合併症-出血・硬膜外血腫・麻痺
●術後の安静度-インストゥルメンテーションは?
●装具とリハビリテーション

16: 05 ~ 17: 25 5.膝手術 患者さんの病棟管理
冨士 武史

関心度No.1!DVTの具体的予防策をポイントレクチャー
●関節鏡手術と人工膝関節
●手術の合併症-出血・麻痺・深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症
●術後の安静度-動かしてはいけない方向は?
●リハビリテーション

17: 30 ~ 17: 45 質疑応答

日頃の業務の疑問から、講義に関するちょっとした質問まで、この機会にご質問ください。 (質問用紙を配付いたします)