セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【急変】

急変患者のアセスメントに強くなる

院内心停止の約70%は、その6~8時間以内に何らかの「症状」や「バイタルサインの異常」がとらえられている―
⇒⇒⇒急変前のメッセージを見逃していませんか?

★3つの特徴★
① 岩田先生が過去に苦い経験をした事例をあげながら解説します!
② 特に病棟ナースに聴いていただきたい内容です。
③「新人ナース・後輩には○○と教えてみてはどうでしょうか―」 指導にも活かせます。

●○●岩田先生からのメッセージ●○●
 院内で予期しない心停止症例が発生すると、ただちに“コードブルー”などの緊急コールがかかり、大勢のスタッフが集まって心肺蘇生が開始されます。

 では、ベットサイドで、患者さんの様子が「いつもと違う…」「何か様子がおかしい…」というような場合にはどうでしょう? 主治医や当直医に連絡しても「今、処置中だから」とか「自分は専門外で、治療方針は主治医に確認しないと…」という理由で“とりあえず”経過観察になっていませんか?

 院内心停止事例を検証すると、約70%は心停止に至る6~8時間以内に何らかの症状やバイタルサインの異常がとらえられていると言われています。心停止に至る手前の急変の兆候を理解し適切な対応ができる医療者を目指しましょう!!

プランナー・講師
岩田 充永
(藤田保健衛生大学救急総合内科教授)

クチコミ

-*-*- 受講満足度 (2017.8.5 岡山会場) -*-*-
期待以上 51%  期待どおり 47%  期待外れ 0%  期待外れ 0%  無回答 2%

現場で使える講義でした!(受講者の感想より)
●いつも申し送りをする際「バイタルサイン変わりないです…」って送ってしまいがちでありますが、本当に変わりないのか普段から情報をきちんと得ておくことが大切だとわかりました。「なぜバイタルサインは必要であるのか?」「輸液はなぜ必要なのか?」後輩達に問いかけて指導できたら良いなと思います。(4年目、病棟)
●Drの経験談多くリアルに話が入ってきて勉強になった。いつも疑問に感じるささいなエピソードも多く仕事にいかせると思った。先生が(Nsより)Nsの視点をもっていてよかった。(2年目、整形外科)
●バイタルサインから患者の状態を把握・判断するのは一番身近な看護師であり、一番急変に気づける存在であること、発見時に適切な対応で患者の予後が決まることがあるので、今まで以上に患者さんの“声”をききたいと思います。(6年目、救急部)
●何気なく観察したり、危険を全く感じてなかった状態に大きな落とし穴があることを知りとても勉強になった。(2年目、内科・外科)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
3~5名 17,000円(1名分)
6名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2017年11月11日(土) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み あとわずか

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 10: 50 1. バイタルサインの評価に強くなろう!!

なんとなくバイタルサインを見ていませんか?
●軽度の意識変化がもっとも早期に出現する?
●低血圧でも無症状? そんな時は○○値をチェック!
●収縮期血圧<心拍数 を見たら…
●頻拍や呼吸数増加をともなう発熱は重症?
●SpO2 100%は僕たちをだます?!
-------------------------------------------------------
毎日、バイタルサインの測定を行っていますよね。血圧が下がればドクターコールもするし、発熱すればクーリングもするし、SpO2が下がれば酸素投与もできるし…「今さらバイタルサインの勉強なんて…」と思っていませんか? 一見問題なさそうに見えるバイタルサインに実は隠れた急変のサインが…、一歩進んだバイタルサインのアセスメント能力を身に付けましょう!!

11: 00 ~ 12: 10 2. 急変時の初期対応をマスターしよう!!

“次の一手!”が準備できるナースになろう!
●急変時の酸素投与の落とし穴
●NPPVは苦手意識なく触れるようになろう!
●挿管介助についたら、○○の準備を絶対忘れない!
●重症急性期の“3期間モデル”をいかに見極める?
●3分で理解するモニター心電図
-------------------------------------------------------
人工呼吸や胸骨圧迫は必要ないけれど、何か様子がおかしい…「これって急変の前兆じゃない!?」そんな時にはどんな対応をしたらよいのでしょうか? 実はどんな場合でもほとんど同じパターンで対応可能です。酸素投与法は? 輸液は何を選ぶの? モニターの読み方は? 初期対応の理論をマスターしよう!!

12: 10 ~ 13: 10 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
13: 10 ~ 15: 30 3. よくある急変症状の評価と初期対応

「ああ、○○の患者ね…」と安易に決めてかからない!“評価のひきだし”を増やそう!
初期対応をマスターしたら、今度はいろいろな状況でのアセスメント能力を磨きましょう!!
よく遭遇する急変症状についてアセスメントと初期対応を解説します。
・胸痛 ―胸痛患者はどんなパターンで急変する?
・呼吸困難 ―呼吸数も忘れず評価しよう!
・発熱 ―その発熱は危険な発熱か?
・意識障害 ―頭蓋内疾患とは限りません!
・腹痛 ―軽視してはいけない腹痛パターンとは?
・痙攣、麻痺 ―短時間の痙攣の背後に、重篤な不整脈あり!
・人工呼吸器管理中の急変 ―DOPEアプローチって何?
・薬剤投与中の急変 ―覚えておきたい薬の相互作用

15: 50 ~ 16: 20 4. えっ、こんな所に急変の危険が潜んでいるなんて!?

急変に至る前に私たちができること
シーン① 「重症患者の搬送」
シーン② 「持参薬の継続」
シーン③ 「薬剤の相互作用」
シーン④ 「不眠時の睡眠導入薬」
シーン⑤ 「点滴のDo処方」
-------------------------------------------------------
「えっ、こんなことが急変の原因になるの?」「入院時の異常時指示、持参薬の内服継続、点滴や経管栄養のDo処方(前回と同じ処方)…」日常の医療現場には落とし穴がいっぱい。急変を予防するという観点で日常の医療・看護を見直してみましょう。

16: 20 ~ 16: 50 質問コーナー

・自由記述式の質問用紙を配付いたします。
・講義に関する質問/日頃の業務上の疑問、この機会にご質問ください。