セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【フットケア】

ナースがおこなう 実践!フットケア実技速習セミナー
~~“トラブル対応”と“予防的ケア”~~

40名限定、実技中心のセミナーです。

【山口晴美先生の臨床で安全に行うナーシングフットケア】
ここだけはおさえておきたい! ケアの視点とポイント
予防・維持するために看護師ができること、患者さんができること…
看護師として「最低限ここまではおこなうケア」をわかりやすく解説!
あなたのケアが患者さんのADLとQOLを高めます!

 私がスウェーデン式のフットケアを学んで「目からうろこ」を体験し、臨床でフットケアを始めてから10年あまり経ちました。
看護の中では知らなかったことが多く、色々なセミナーやスクールに参加しました。当時は臨床に即したものが少なく、実際に困ったのはさまざまな疾患を持った患者さんの巻き爪や、胼胝、鶏眼などのトラブルに対して、どこまで行えばよいのか、評価をどのように行うかということでした。
スクールの講師へ糖尿病や透析患者さんのことを尋ねても「経験がないのでわからない」そのうえ、臨床で行うには美容的なフットケアは時間、場所、症例的にとても困難でした。
そこで試行錯誤を重ね、失敗を生かし、多くの方に相談をしながら、6年前よりナースが臨床で安全に行う「ナーシングフットケア」をお伝えし、仲間づくりをして参りました。
 現在では、糖尿病フットケアの診療報酬が加算されるようになり、セミナー研修も数多くあります。フットケアを行うナースも増え、多くの患者さんがフットケアを受けられるようになりました。それに伴い、次第に日常生活援助、もしくは看護ケアであったものから特殊な技術や知識を要求されるようになりました。
 今回のセミナーは、今までのフットケアセミナーにご参加いただいた皆様から寄せられた「実際のトラブルに対応できる、実習中心のセミナーを」というご要望にお応えすべく、実習をメインとしたプログラムで開催いたします。今までの相互演習セミナーでは体験できなかった「足のトラブル」に対し、実際にモデルを用いて個々に対応していきます。
日頃お困りの症例について、少しでも問題解決できるよう一緒に考えていきたいと思います。
技術を高めたい方、これからフットケアを始める方もご参加お待ちしております。

プランナー・講師
山口 晴美
(合同会社HANA NURSING THERAPY 代表取締役)

お申し込み

受講料(税込)
1名 28,000円
備考 日本糖尿病療養指導士認定更新単位<第1群>看護の研修2単位が取得できます。(申請中)
※本セミナーは糖尿病合併症管理料に関する研修会に該当しません。

【お願い】
①普段お使いの「爪切り」
②先のとがった 「工作用はさみ」をご持参ください。
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2017年11月26日(日) クリスタルタワー 20階F会議室 地図 申し込み あとわずか
東京 2018年01月14日(日) ソラシティカンファレンスセンター 1階 Room C 地図 申し込み 受付中
大阪 2018年03月04日(日) クリスタルタワー 20階F会議室 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 12: 00 1.トラブルを起こした爪のケア
練習モデルを自作する!

□陥入爪
□巻き爪  
□肥厚した爪

臨床で、ケアが必要な巻き爪や陥入爪、肥厚した爪は今までに経験したことのないものが多く、また技術に自信がないために、ケアが安全に行えそうにない症例対応に悩むことが多くあります。そのような症例のモデルを自身で作成し、アセスメントからケアの実施、評価までを実際に行ってみましょう。モデルなので失敗、やり直しが可能です。

12: 00 ~ 13: 00 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
13: 00 ~ 2.トラブルを起こした足うらのケア
力の加減をマスター!

□胼胝
□鶏眼
□角質のケア

症状のある胼胝や鶏眼に対し、症状軽減のための何らかのケアが必要となります。「一時的な応急ケア」から「実際に取りのぞくケア」、今後の「予防に向けてのケア」をツールの紹介をしながら一緒に考えてみましょう。
角質のケアは、自分の足を使ってやすりのかけ方を実践してみましょう。

3.フットマッサージ
動画解説あり!相互演習で完全マスター!

□患者さんが寝たまま、
 座ったまま行うマッサージ
□浮腫がある患者さんへのアプローチ
□マッサージが適さない症状
□患者さんが行えるセルフケア

「歩くための足」を維持させる、「循環を促す」など、目的を持ったフットマッサージを患者さんの体勢に合わせ、相互に行ってみましょう。
体全体を観察することから細部のケアまで、自分ができるテクニックを工夫します。
また、患者さんが自分で行えるセルフケアも合わせて紹介します。
気持ち良さを体験してください

~ 17: 30 質疑応答

疑問を徹底解消!