セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【検査画像】
ナースが“臨床につなげる”ための急性期画像セミナー
はじめての胸部X線・CTのみかた

○ 受講対象 ○
● 救急・ICU勤務で日常的に胸部の画像を目にしているが、自信がなくて学び直しをしたい方
● 循内・心外など上記以外の所属、心臓の解剖や正常画像など基本から学んでみたいという方

【船曵先生からのメッセージ】
 現代医療において、画像検査は必要不可欠な検査の一つになっています。特に急性期では、画像から得られる情報は治療方針決定に大きく関与します。
 自分が胸部単純X線写真を撮影されたことがない人はいないと思います。一方で自分の写真を見たことがない人も多いのではないでしょうか。どのような撮影方法で撮影することにより、画像はどのように変わるのでしょうか。当然撮影方法が変われば、正常像も異なります。胸部の写真は呼吸循環状態に影響を及ぼす大きな情報を含んでいます。
 緊急性が高い疾患も多く、画像所見をきちんと拾い上げないと、生命にかかわってきます。どうしたら、その緊急性を見逃さないのか、どう患者管理に反映させたら良いのかを考えなくてはなりません。
 胸部外傷も緊急性が高いものが含まれております。 外傷診療の基本は、生理学的兆候から評価・処置を行うプライマリーサーベイ、解剖学的異常所見から評価・処置を行うセカンダリーサーベイ、と全国的に標準化されております。その基本となる考え方から胸部における画像所見の考え方まで学んでいただきたいと思います。

プランナー・講師
船曵 知弘
(済生会横浜市東部病院 救命救急センター部長)
日本放射線学会専門医の資格を持つ数少ない救急医

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
備考 ○○ こちらもあわせて受講されることをオススメします ○○
はじめての頭部CT・MRIのみかた
はじめての腹部X線・CTのみかた
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2018年01月07日(日) クリスタルタワー 20階A会議室 地図 申し込み 受付中
東京 2018年02月18日(日) 建築会館 1階ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 10: 30 1.胸部画像の基本は単純X線写真
「すべての基本は胸部単純X線写真」

● 正常像の解剖学的知識
● 撮影方法による画像の変化;立位と臥位
● 撮影方法による画像の変化;正面と斜位
● 重力の影響による画像の変化;気胸と胸水
● チューブの位置を確認する
-------------------------------------------------------
100年前に始まった単純X線写真。それからずっと、そして今でもすべての基本は単純X線写真です。そのなかでも胸部の写真には、多くの基本事項が込められています。撮影方法により、見える画像が異なるので、「正常」の考え方も変えなくてはなりません。
またチューブ類の確認にはどのようなことに注意するのかを症例を通して学びましょう。

10: 40 ~ 11: 40 2.縦隔のCTを読む
「臨床的に重要な大血管疾患。確実に診断を」

● 大動脈の変化;大動脈解離と大動脈瘤
● 肺動脈の変化;肺動脈塞栓症
● 心臓の変化;心筋梗塞(急性と陳旧性)
● 食道の変化;食道腫瘍と特発性食道破裂
-------------------------------------------------------
縦隔の構造物として重要になるのは、胸部大動脈・肺動脈・心臓・食道です。大動脈では解離や瘤、肺動脈では肺塞栓症、心臓では心筋梗塞、食道では食道腫瘍や食道破裂などがあげられます。これらの疾患は、生命予後に非常に大きな影響を及ぼす疾患であり、確実に診断し、確実に治療に結び付けなければなりません。どのような所見から、どのような臨床所見に結び付ければよいのか、看護する上でどのような点に気を付ければよいのでしょうか。

11: 40 ~ 12: 30 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
12: 30 ~ 13: 30 3.肺野のCTを読む
「肺野の陰影を臨床に結び付ける」

● どちらが、原因? 心不全と肺炎
● 心不全であらわれる画像所見
● 肺炎と結核
● 間質性肺炎
● 放射線性肺臓炎
-------------------------------------------------------
肺炎に伴い心不全が増悪したのか、心不全に肺炎が合併しているのか、決着を着けるのは困難です。でも治療方針は結局同じことです。感染のコントロールと心不全の治療。心不全ではどのような画像変化が現れるのか。
また、近年日本人に増えてきた結核は、どのような画像所見を呈するのか…。さらに間質性肺炎、放射線性肺臓炎とはどんな状態なのか、キーポイントだけでも知っておこう。

13: 50 ~ 14: 50 4.外傷単純X線を読む
「外傷性ショックの原因を探る」

● プライマリーサーベイとは?
● 胸部単純X線写真の理由
● 胸部単純X線写真でなにを読み取る?
● セカンダリーサーベイとは?
● 気管挿管・胸腔ドレーン・中心静脈・IABO
-------------------------------------------------------
外傷診療では、まずは生理学兆候である、気道呼吸循環を安定化させることが重要である。これがプライマリーサーベイです。循環不全(ショック)の原因、もしくはショックになりうる状況を検索しなければなりません。ショックの原因の多くは出血性であり、胸部単純X線写真を撮影し、画像から情報を読み取ります。循環状態が安定化すれば、セカンダリーサーベイを行い、さらに詳細に画像情報を読み取っていこう。

15: 00 ~ 16: 00 5.外傷CTを読む
「その外傷所見、臨床所見との対比はない?」

● 胸部損傷のために外傷CTが必要なの?
● 縦郭の損傷から治療方針を検討する
● 肺野の損傷から治療方針を検討する
● CT所見から、看護に必要な情報は?
-------------------------------------------------------
外傷による解剖学的損傷の評価として、最終的に施行することも多いCT検査。でも、胸部損傷のためにCTを施行しようと思うのはどんな時? 他の外傷評価のために施行するCTで一緒に胸部は撮影することは多いけど…。
撮影したからには、きちんと評価して、治療に結び付ける、看護に結び付けることが必要です。どのようなことが起こりうる? どんな変化に気を付けたらいい?