セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【新生児】

イラストと図解で学ぶ! 新生児呼吸管理

新生児医療でいちばん大事な“呼吸”のことを1日でスッキリさせる

通算8,370名が受講!

初心者でも安心! 呼吸の特徴・病態・治療、とにかくシンプルに学べます。

●楠田先生からのメッセージ●
 新生児医療のなかで呼吸管理の占める割合は非常に大きいです。これは、もともと新生児の呼吸がわれわれ成人に比べて不利な点が多く、新生児期に呼吸障害を起こす確率が高いためです。特に、胎児期の胎盤呼吸から出生により肺呼吸に突然変化することが、新生児には大きな負担となります。そのため、新生児医療の現場では、酸素投与に始まり、さまざまな機能を持った人工呼吸器を使用した管理が日常的に行われています。そのうえ 、新生児の呼吸管理法は近年著しい進歩を遂げています。したがって、新生児の呼吸管理を適切に実施できることが、新生児医療の現場では不可欠となっています。
 新生児の呼吸管理を理解するためには、やはり新生児の呼吸の特徴をまず十分に知り、特有の呼吸疾患の病態を理解することが必要です。また、新生児の呼吸管理に用いられる評価方法を理解することも重要です。そのうえで、新生児の呼吸疾患の病態に合わせて用いられている各種の治療法を理解すれば、比較的容易に重要なポイントがマスターできると思います。このセミナーでは、イラストで図解しながら可能な限りシンプルに解説することを心がけます。すなわち、新生児の呼吸の特徴から病態、治療まで、新生児呼吸管理の一通りを初心者でもつまずかないで理解いただけるようお話しする予定です。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

プランナー・講師
楠田 聡
(杏林大学医学部小児科客員教授)

クチコミ

○イラストで児の呼吸のしくみを説明いただけたので、より理解しやすかったです。後輩にも教えます(15年目NICU)
○血ガスの読みとり方を例題を踏まえて教えていただけた。さっそく明日、血ガスの結果を見てみます(1年目NICU)
○血ガスは実際に臨床で使えるように教えていただけたので、さっそく実践したい(3年目GCU)
○何となく理解していた疾患を初歩から説明していただき、分かりやすかったです(1年目NICU/GCU)
○疾患は臨床でみるものばかりで、理解しやすかった。X線画像のどこをみるかが分かった(3年目NICU)
○とてもシンプルに学べて、病態・治療へとつなげられました(5年目/小児・産婦人科)○人工換気の要点を、かみくだいて教えていただけてよかったです(臨床工学技士)
○呼吸器の説明がとても分かりやすく、苦手意識がうすれました(2年目NICU)
○人工呼吸器のしくみについて、原理を理解することができ「なるほど、だからか!」と納得できた(2年目NICU)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
3~5名 17,000円(1名分)
6名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
東京 2017年11月11日(土) グランパークプラザ 4階 ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 11: 40 1.なぜ新生児は呼吸トラブルが多いのか? -まず、
 新生児の呼吸のしくみをカンタン図解で再確認

●だから新生児は呼吸管理が重要:なるほど! これが新生児呼吸の特徴
●よく使う用語や基本的な解剖生理:全部イラストで理解してしまおう!
 胎児から新生児への変化・成人と何が違うのか・肺サーファクタントって?
●呼吸のみかた:カンタン! 血液ガス分析の演習もできちゃった
 血液ガス分析(血液中の酸素量、アルカローシスとアシドーシス、
 アルカリ血症と酸血症、pH の変化)SpO2・EtCO2・肺コンプライアンス

11: 40 ~ 12: 30 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
12: 30 ~ 13: 50 2.おぼえる新生児呼吸疾患はこの“9つ”だけ!
 代表的な呼吸疾患をやさしくマスターする

●1 枚のイラストで病態を理解する
●X 線画像もこのポイントだけを知っておこう
●これがわかれば治療や合併症の理解へもスッキリつながる
 ①呼吸窮迫症候群(RDS)  ②新生児一過性多呼吸(TTN)
 ③胎便吸引症候群(MAS)  ④肺炎
 ⑤エアリーク症候群  ⑥肺低形成
 ⑦先天性後鼻孔閉鎖 ⑧無呼吸発作
 ⑨慢性肺疾患(CLD)

14: 10 ~ 15: 40 3.スタンダードな治療から注目の最新治療まで
 各種呼吸管理と人工呼吸器をやさしくマスターする

●代表的な新生児呼吸管理法:基本から最新の進歩までを知る
 酸素投与・呼吸賦活剤投与・サーファクタント投与
 NO(一酸化窒素)吸入法・膜型人工肺(ECMO)・液体換気
●人工換気・人工呼吸器をとことん! シンプルに理解する:これも図解で楽勝!
 CPAP・DPAP
 IMV・PTV(A/C)・SIMV・HFO

15: 45 ~ 16: 00 疑問を残さず帰ろう質疑応答とまとめの時間

セミナー当日、自由記述の質問用紙を配付します。