セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【周産期医療】
まさかそんなことがおこるとは! と言わないためのセミナー
産科急変ケース9
~妊娠期・分娩期・産褥期でおこる! こわーい疾患ベスト9~

□ 検査データやエコー所見と症状が合わないんだけど(汗)
□ そういえば、外来のときから「話が合わなかった」かも?


「まさかそんなことがおこるとは!?」 ~松岡先生からのメッセージ~
 妊娠・出産は喜ばしく、嬉しい出来事で、ほとんど上手く行きます。滅多に悪い事はおきませんがゼロではありません。「まさかそんなことがおこるとは!?」なんて言いたくないセリフですよね。
  悪いことは、急激におこることもありますが、後から思えばここがサインかと思えるところもあります。
 このサインに気づけるかどうかがその母児の予後を決めることになる事も多いと思います。何かがおきてから一生懸命やるのは当然で、出来れば早めに気がつくことで、少しでも悪い結果を回避したいところです。全てを解決でるわけではないですが、少しでもより良い結果を目指してみんなでがんばりましょう!

プランナー・講師
松岡 隆
(昭和大学産婦人科学教室准教授)

お申し込み

受講料(税込)
1名 18,000円
2~3名 17,000円(1名分)
4名~ 16,000円(1名分)
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
大阪 2018年03月24日(土) 大阪私学会館 4階 講堂 地図 申し込み 受付中
横浜 2018年03月25日(日) 関内新井ビル 11階関内新井ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ ケース1 ただの風邪だと思っていたら…
■劇症型A群溶血性連鎖球菌(GAS)感染症

妊婦は免疫が弱く、風邪を引きやすく治りが悪いものです。一度治ったと思った風邪なのにまさかこんな事がおきるなんて!

ケース2 いつもの切迫早産と思っていたら…
■常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離の発症を防ぐ方法は現時点でありません。早期発見・早期対応が重要です。

ケース3 ちょっと元気ないなぁと思っていたら…
■精神疾患合併妊娠

妊娠出産は精神的不安定になりやすい時期です。特にマタニティーブルーは最悪の場合母体死亡につながる事もあります。変化に気づけるかどうかが重要です。

ケース4 ただの胃痛だと思っていたら…
■HELLP症候群

つわりに逆流性食道炎、妊婦さんの胃痛はよくある症状です。胃が痛いと言っている妊婦さんに対してどの様に対応しますか?

昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
ケース5 連続モニタリングしていたのに…
■胎児機能不全

分娩進行中に必要不可欠な分娩監視装置、しっかり監視していたつもりなのに、出てきた赤ちゃんはぐったり!どこで見逃したのか?

ケース6 スムーズに生まれそうだったのに…
■肩甲難産

排臨・発露で児頭が娩出しました。肩が出ない!みるみる色が悪くなる赤ちゃん! まず何をしますか?

ケース7 ただの弛緩出血にしては出血が多い…
■羊水塞栓症

産後出血の原因で、最も多いのは弛緩出血です。確かに収縮の悪い弛緩出血の様だが、それにしても出血が多すぎる…

ケース8 胎盤が上手く出ないと思っていたら…
■子宮内反症

スムーズに終わった分娩なのに、必要以上に下腹を痛がり、出血が多い! 血圧が下がっているのに頻脈にならない。これは…

~ 17: 00 ケース9 産後に咳・息切れが続く…
■周産期心筋症

無事に出産し退院したあとに、どうも疲れる、息切れもするし、咳もでる。風邪かと思ったら…