セミナー検索
キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

【臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)】

【眼科】

おもしろ看護眼科学
~ものがみえる仕組みから代表的な疾患・最新情報までを、動画・写真・イラストを使ってわかりやすく解説します~

眼科の治療の進歩は早いです! だから「これから」のことを知っておきたい!
特徴的な患者さんをあげて、診察⇒検査⇒治療⇒退院までスト―リー仕立てで解説!

★眼科外来・眼科病棟ナースはもちろん、手術室ナースもご参加いただいています★

<プランナーからのメッセージ>
眼科に勤務しているみなさん、こんにちは! 日頃からみなさんがよく「眼科の診察って暗室でなにをみているの?」とか「硝子体手術をするのはわかるけど、なぜ必要なの?」とかいっているのを耳にします。
本セミナーでは、そういったみなさんの疑問にお答えすべく、基本的な疾患とその治療について勉強します。少々長丁場ですが、堅苦しい講義ではなく、楽しく学べるように、みなさんも私たちと一緒になって、おもしろおかしいセミナーにしようではありませんか!

プランナー・講師
喜多 美穂里
(国立病院機構京都医療センター診療部長・眼科科長)

プランナー・講師
渡部 大介
(静岡県立総合病院眼科主任医長)

お申し込み

受講料(税込)
1名 17,000円
2~3名 16,000円(1名分)
4名~ 15,000円(1名分)
備考 【ご注意】
①セミナー受講料にはテキスト代は含まれておりません。
※テキストは『改訂2版おもしろ看護眼科学』(本体2,000円+税・メディカ出版刊)を使用いたします。お持ちの方はご持参ください。当日会場でも販売いたします。
②本はお持ちでなくても(旧版でも)受講可能です。
③資料「スライドハンドアウト」のご用意はございません。
開催地 開催日程 会場 部屋 地図 申し込み 空席状況
神戸 2018年02月04日(日) 兵庫県農業会館 11階大ホール 地図 申し込み 受付中

プログラム

第1日目
9: 30 ~ 10: 00 1.なぜものが見えるか

まずはものを見る仕組みについて、かみくだいて説明します。

10: 00 ~ 11: 00 2.白内障

日常診療でとてもよく扱う疾患、白内障。患者さんの検査から手術までのプロセスを順を追ってみていくことで、眼科一般検査、手術場での注意点を学びましょう。

11: 15 ~ 12: 15 3.裂孔原性網膜剥離

「飛蚊症」「網膜剥離」「レーザー」「硝子体手術(ビトレクトミー)」、最近よく耳にはするけれど、詳しいことはわからない・・・。網膜剥離の手術をたくさん行う施設のあなたも、あまり行わない施設のあなたも、まるごと理解してすっきりしていただきましょう。

12: 15 ~ 13: 15 昼食(当社にてお弁当をご用意いたします)
13: 15 ~ 14: 00 4.ぶどう膜炎

手術的なアプローチが多い眼科ですが、ぶどう膜炎には内科的なアプローチがメインになります。手術ではなく、薬で治す網膜剥離もあります。わかりにくい疾患ですが、しっかり理解して、患者さんの精神的な支えになれることを目指しましょう。

14: 10 ~ 15: 00 5.糖尿病網膜症

のんびり楽天気質の糖尿病患者さん。しかし、糖尿病網膜症は放置すると失明にいたる怖い疾患です。なぜ受診を継続してもらう必要があるのかを理解して、患者さんにきちんと説明できるようになりましょう。

15: 20 ~ 16: 20 6.緑内障

激烈な症状を示す急性閉塞隅角緑内障。初期には無症状の開放隅角緑内障。それぞれに対する治療の方法をみていきましょう。また、外来で待たせてはいけない疾患にはどのようなものがあるのかも知っておきましょう。

16: 25 ~ 17: 10 7.これから

眼科の進歩はとても早いです。今まで治療法がなかった疾患にも手術ができるようになっています。最新の手術手技、診断技術について学びましょう。