メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
周産期ケア・新生児
助産師・看護師が知っておきたい
正期産児の 観察ポイント




どういう状態が正常で、どうなったら異常なの??
この状態・数値を見たら新生児搬送!
または小児科依頼!
のタイミングがわかります。

出生直後から退院まで…どこを見る? 何に気をつける??
正常・異常を正しく見極められる観察力・アセスメント力を身につけよう!

―目つきがおかしいみたいです・・・
―赤ちゃんが手足をピクピクさせるんですが・・・
―皮膚が黄色いのですが、大丈夫でしょうか・・・
―1日に何度も吐くのですが、大丈夫でしょうか?
―哺乳のたびに便が出ます。心配ないでしょうか?
―顔や首にブツブツがありますが・・・

助産師・看護師の一言で、お母さんの不安を取り除くことができます。
そんな「一言」を、このセミナーで学んでください。


☆NICUのない施設・産科のみの施設におつとめの方、このセミナーで不安が解消できます☆

●○●隅先生からのメッセージ●○●
 本邦では、分娩の半数近くは、産科診療所や助産所で行われています。また出生後、ほとんどの新生児は、母児同室、または産科病棟の新生児室で、正期産児として管理されます。
 そのようななかで若手助産師、看護師から「赤ちゃんのどういう状態が正常で、どうなったら異常なのか分からない」という声も聞かれます。今回は正期産児を対象とし、母児同室でも大丈夫か判断するための診察ポイント、スタッフが医師に相談しようか迷う状況での観察ポイントなどを、具体的な事例を通じてお話しします。
 まれではありますが、見逃してはいけない疾患として、中腸軸捻転や大動脈縮窄症などもあります。疾患によっては、生後24時間以内に発症しやすいものと、24時間以後に発症しやすいものがあるのも新生児の特徴です。また母体疾患、妊娠・分娩経過から児の疾患を予測することも大切です。今回のセミナーでは、呼吸・循環・消化器・感染・神経症状・黄疸で観察すべきポイントを解説し、退院時での診察ポイントや正期産児用のパスについても述べます。
 講演する3人は、大阪府立母子保健総合医療センター新生児科で働いていた同僚です。現在もそれぞれ総合周産期母子医療センターで日夜がんばっていますので、実践的なお話ができればと思います。若手助産師、看護師のみなさんに「わかりやすい」と感じていただける講演を心がけます。どうぞお気軽にご質問なさってください。



◆プランナー・講師
・隅 清彰
(社会福祉法人石井記念愛染園附属 愛染橋病院小児科部長)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  18,000円
2〜3名  17,000円(1名分)
4名〜  16,000円(1名分)

東京 受付中
2017年11月04日(土)
会場: 建築会館 [会場詳細]  1階ホール

大阪 受付中
2017年12月03日(日)
会場: 大阪私学会館 [会場詳細]  4階 講堂


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2017 メディカ出版