メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
輸液管理

急性期ケアにおける輸液管理
ICU・救急・オペ室・病棟…すべての領域で必要な基本的な考えかたとその応用



「あやふや知識」ともサヨナラ―
「納得の輸液」を身につけよう!

>どうして出血量の何倍もの輸液が必要なのか?
>術直後、全身浮腫っていた患者さんが、数日後
 にはもとどおり。水はどこへ…?
⇒ ⇒ リクツがスッキリ!

なんとなく輸液管理をおこなっていてはアブナイ!
「何が必要か、どれだけ必要か、本当に必要か」を常に考えることが大切です。

●○●丸山先生からのメッセージ●○●
 輸液をするべきか否か?― するのであれば、「何を、どれだけ、どの速さ」で入れますか? その選択の理由は……? 
 
 内科・外科・救急・集中治療室といった領域にかかわらず、輸液の基本・第一歩は共通です。そこで本セミナーでは、まずは、@輸液剤の単位説明から始まり、A維持液・細胞外液補充液のなり立ちを理解していただきます。続いて、B特に外傷や手術時―手術自体はコントロールされた外傷(ケガ)と考えられます―に発生するサードスペースの概念を知っていただき、C輸液剤選択の考えかたを根拠から分かることを目標にします。
 
 そして、熱中症やマラソン時の水分補給、入浴後の一杯の意義やスポーツドリンクの考えかた、脱水時の水分補給などにも触れ、皆さまの仕事のみならず、日常生活にもお役に立つ“身近な輸液管理”も交えてトークさせていただきます。
 
 輸液の処方そのものは医師が行いますが、看護師の皆さまの鋭い観察・ご意見により、その処方が患者さんにとってさらに良くなると考えております。



◆プランナー・講師
・丸山 一男
(三重大学大学院医学系研究科麻酔集中治療学教授)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  19,000円
2〜3名  18,000円(1名分)
4名〜  17,000円(1名分)

東京 受付中
2018年04月28日(土)
会場: 建築会館 [会場詳細]  1階ホール

岡山 受付中
2018年07月14日(土)
会場: 岡山国際交流センター [会場詳細]  2階国際会議場

大阪 受付中
2018年09月22日(土)
会場: クリスタルタワー [会場詳細]  20階A会議室

★別冊「事例検討解答集」つき★
講義の復習に使えます!


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2018 メディカ出版