メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
周産期ケア
お母さんから、医師から、一緒に働いているスタッフから
「頼られる」助産師に必要な3つの知識
異常分娩・NST・妊婦指導



@自然分娩について聞かれたら、きちんと答えられますか?
A“根拠”ある妊婦指導・分娩介助はできてますか?
B異常をすばやくキャッチして、対応する自信はありますか?

●○●飯田先生からのメッセージ●○●
 茶道や華道に流儀があるように、分娩介助にも型がある。かつて何々式介助法などとよばれ、そのいずれもが「医療介入」を前提としているが、今日、徐々に広まりつつあるアクティブバースやフリースタイル分娩といった自然分娩には、画一的手技では対応できない独特の技術が求められる。しかしフリースタイル分娩の手技そのものの習得はさほど難しいものではない。それ以上に大切なことは、従来の標準的分娩介助様式のどこに問題があり、自然分娩のどこが優れているのかを、手技の背景にある理論から深く正しく知ることである。
 その一方で、さらに助産師に求められることは、妊娠・分娩において正常から異常への移行を初期の段階で正確にとらえ、すばやく対処できる知識と判断力である。
 今回のセミナーではこれらの学習が大きなテーマである。
 今の時代、自然分娩を実践するためには同時に安全性も確保されなければならない。ここから院内助産院構想は生まれたのだが、その期待に十分応えている施設は国内にも数えるほどしかない。
 当院のバースセンターは、当初の目的をほぼ達成している。助産師外来や院内助産院が広がりつつあるが、まだ機能していないのはなぜか。当院のバースセンターの、現況および今後の課題を紹介しつつ、この問いに対しても答えてみたい。



◆プランナー・講師
・飯田 俊彦
(済生会宇都宮病院副院長/産婦人科主任診療科長)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  18,000円
2〜3名  17,000円(1名分)
4名〜  16,000円(1名分)

東京 受付中
2018年01月28日(日)
会場: 建築会館 [会場詳細]  1階ホール

大阪 受付中
2018年04月01日(日)
会場: クリスタルタワー [会場詳細]  20階A会議室


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2017 メディカ出版