メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
手術室 ★150分でわかる!シリーズ
150分でわかる!シリーズ
局所麻酔と鎮静トラブル
観察ポイント・処置対応



全身麻酔より安全?
意識があるから大丈夫?
局麻急変! なぜ起こる?

気道閉塞・呼吸停止は思っている以上に頻度が高い!

さぬちゃんからのメッセージ
〜麻酔科医がいない状況では、看護師の観察・対応がキーになる!〜


 局所麻酔でおこなう処置では、麻酔科医がいない状況が普通である。つまり、看護師の対応がかぎを握っていると言える。その場であなたは、適切な対応ができるだろうか。非挿管で患者の意識がない状態を、どのように観察し、どのように対処するかが問われている。
 このシリーズでは、これまであまりふれなかった局所麻酔中の鎮静トラブルに焦点をあてて150分で解説する。あとは、実践あるのみである。



◆プランナー・講師
・讃岐 美智義
(広島大学病院麻酔科講師)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  9,000円

東京 受付中
2018年03月17日(土)
会場: 建築会館 [会場詳細]  1階ホール

神戸 受付中
2018年03月18日(日)
会場: 兵庫県農業会館 [会場詳細]  11階大ホール

※同日の午後(13:30 〜 16:10)には、讃岐美智義先生の「術後全身管理10の要点」セミナーを行います。
引き続きのご参加がおすすめです。病棟への引き継ぎ時のポイントも学べます。


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2018 メディカ出版